「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

コミックマーケット91新刊のお知らせ ~ラブライブ!サンシャイン!!沼津の歩き方~

冬コミで新しい舞台探訪同人誌を刊行することになりましたのでお知らせいたします。
今回はラブライブ!サンシャイン!!の舞台である静岡県沼津市の巡礼ガイド本です。

表紙
つればし舞台散策ガイド4「ラブライブ!サンシャイン!!の舞台 沼津の歩き方」
フルカラー58ページ
頒布価格1000円
コミックマーケット91の3日目(12月31日)に、東ル-53a、サークル「つればし」にて頒布します!
今回は初のラブライブ島です。

【みどころ紹介】
サンプル7

サンプル1

サンプル3
①サンシャインの舞台となった沼津の舞台を網羅
アニメで登場した舞台を中心に、登場した地点の個別スポット詳細情報をエリアごとに徹底解説しています。
地図も併せて掲載しているので、迷わずに目的地を探せます。
モデル巡礼ルート情報や、交通機関の案内も掲載しています。

サンプル2

sanple7.jpg
②舞台周辺の宿泊施設・飲食スポットなどを紹介!
舞台に登場した旅館のほか、サンシャインを応援しているお店、コラボショップやアイテムなどの情報も掲載。
沼津・内浦は観光スポットが盛りだくさんです。
巡礼の合間でちょっと寄りたいスポットが見つかります。

サンプル4

C0Hyz4WUUAEhSHK.jpg
③可愛いキャラクターが沼津をご案内!
今回は表紙をはじめ、各エリアごとの紹介ページにAqoursのキャラクターが登場!
紙面を彩ってくれています。
イラストは伍式様にご協力いただいてます。

表紙2
④コスプレ善子が安田屋旅館をご案内!
裏表紙は善子のコスプレです。
安田屋旅館を案内するミニコーナーもあります。
モデルはあしやまひろこ様にご協力いただきました。
(早朝の人がいない時間帯に撮影しています)

サンプル6
⑤東京、名古屋、根府川・国府津まで他のエリアも紹介
沼津だけがサンシャインの舞台ではありません。
東京、根府川駅、国府津海岸、名古屋・・・。
Aqoursの思い出となった地を駆け回って取材してきました。


コミケ以降では、大阪の「こみっくトレジャー」、沼津で4月に行われる「僕ラブ沼津」などの即売会でも頒布予定です。
また、年明け以降にBOOTHで通販も予定しております。
過去最大のボリュームでお届けする今回の新刊、是非お手に取っていただければ嬉しいです!


【お礼】
おかげさまでコミケ頒布分は完売となりました!
ありがとうございました!



【お詫び】
本文中の一部に誤字がありました。
関係者の方にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

47ページ
(誤)阿蘭陀館 → (正)欧蘭陀館
(誤)沼津市上香貫 → (正)沼津市下河原

テーマ : 同人活動
ジャンル : サブカル

2016-12-23 : 同人誌情報 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『うどんの国の金色毛鞠』 舞台探訪(聖地巡礼) ~高松市仏生山エリア~

香川県を舞台にしたアニメ『うどんの国の金色毛鞠』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
ここでは、高松市南部にある仏生山(ぶっしょうざん)エリアの舞台を紹介します。
住職のお寺や、宗太の両親の墓地がある設定になっている場所です。

【ちきり神社】
udn131.png s-IMG_0667.jpg
高松市郊外の仏生山地区にあるちきり神社です。
udn130_201610260311342e2.png s-_MG_4671.jpg

udn133_2016102603113471f.png s-_MG_4673.jpg

udn134_20161026031133eda.png s-_MG_4668.jpg

udn135_2016102603113270e.png s-_MG_4667.jpg
神社の石段を登った先ですが、作中ではこの先に法然寺の本堂がある設定になっています。
実際は神社があります。
作中では徒歩で来たようになってますが、製麺所がある設定の木太町付近から仏生山まで徒歩で向かうとかなり距離があります。
この作品ではランドマーク的な場所以外の位置関係は実際と異なっていると思われます。

【法然寺】

「1話」
udn136.png s-_MG_4657.jpg
お寺はちきり神社の近くにある法然寺です。
福山住職はここにいるようです。
どうやら石段の途中で空間が捻じ曲がったようです(笑)
udn137_20161026031132802.png s-_MG_4660.jpg

udn138_2016102603113040f.pngs-_MG_4663.jpg

「10話」
10話では、両親の墓地や寺院の正面が登場しました。
udn1021.png s-IMG_6011.jpg
この石段の上が実際に墓地になっています。
墓地内のカットに関しては、常識的に考慮して、撮影を控えています。

udn1022.png s-IMG_6019.jpg
法然寺の正面からちきり神社方面へ続く参道。
この奥が駐車場になっているので、この道を通って参拝に来る人は少ないです。
udn1023.png s-IMG_6016.jpg

udn1025.png s-IMG_6014.jpg

udn1026.png s-IMG_6013.jpg
以上が法然寺です。
長い石段がちきり神社のものになっている以外は、概ね再現されています。

【仏生山温泉】
udn501.png
5話で登場した仏生山温泉。
最近リニューアルされてデザインのいい建物になっています。
取材協力しており、中も再現されているそうです。
仏生山駅と法然寺の中間ぐらいに位置します。



この記事では「うどんの国の金色毛鞠」の作品画像を比較研究目的のためにに引用しております。画像の著作権は(c)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2016-12-19 : うどんの国の金色毛鞠 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『うどんの国の金色毛鞠』 舞台探訪(聖地巡礼) ~高松市屋島エリア~

香川県を舞台にしたアニメ『うどんの国の金色毛鞠』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
ここでは、4話で主に登場した屋島地区の舞台をご紹介します。
宗助は、姉とポコと一緒に屋島を訪れます。

屋島は源平合戦の古戦場として有名で、狸に纏わる言い伝えも多く残されています。
香川県の観光の目玉のひとつで、今でも多くの観光客が訪れるスポットです。

【屋島山上駐車場】
udn403.png s-IMG_4865.jpg
屋島ドライブウェイを登ってくるとここに着きます。
マイカーの場合はここに駐車して、徒歩で散策することになります。
屋島ドライブウェイは有料で通常は普通車630円の通行料金がかかりますが、2016年12月末まで無料化社会実験が行われており、山上の駐車場300円で済みました。

udn407.png s-IMG_4869.jpg
駐車場の端にある案内板。
udn404a.png s-IMG_3082a.jpg
狸のイラストがたくさん描かれていて、可愛らしい案内板です。
(このイラストのみ変わっていて現存せず、2013年撮影)
udn404.png s-IMG_4866_201611012304459f4.jpg

udn405.png s-IMG_4867.jpg

udn406.png s-IMG_4868.jpg
再現度の高さに驚かされました。
udn408.png s-IMG_4872.jpg
駐車場から屋島寺に向かう左手にある土産物屋。
笠は外には陳列されておらず、店内にありました。
udn409.png s-IMG_4876_2016110123124724a.jpg
屋島寺方向に歩いて、駐車場を振り返った構図。

【屋島寺】
udn410.png s-IMG_4878.jpg
四国霊場84番札所。
境内を通って展望台方面へ行けます。
udn411.png s-IMG_4879.jpg

udn412.png s-IMG_4882_201611012312469d1.jpg
屋島寺の境内。
udn413.png s-IMG_4884_201611012316039a6.jpg
蓑山大明神。
オープニングにも登場しているカットです。
屋島の太三郎狸と言われ、日本三名狸にも数えられています。
udn414.png s-IMG_4885_2016110123183908e.jpg

udn415.png s-IMG_4892.jpg

udn417.png s-IMG_4894_201611012318388bb.jpg
蓑山塚。
鳥居の左手にあります。
狸がいっぱいいて不思議な光景です。
udn418.png s-IMG_4898.jpg
裏側より。
udn419.png s-IMG_4906.jpg
本堂を見たカット。
udn420.png s-IMG_4904.jpg
手洗場。
udn421.png s-IMG_4911.jpg

udn424.png s-IMG_4900.jpg

udn423.png s-IMG_4903_20161101231838a7f.jpg
門側を見たカット。
udn425.png s-IMG_4909.jpg

udn426.png s-IMG_4908.jpg
おみくじ。
凶が出るおみくじは少ないと言われていますが、引けてなかったのでここで凶が出るかは皆さんでお確かめくださいw
udn427.png s-IMG_4910.jpg

udn428.png s-IMG_4914_20161101233445fe1.jpg
この門を抜けると土産物店の立ち並ぶ通りを抜け、展望台に繋がっています。

【土産物店】
udn429.png s-IMG_4916.jpg
数軒の土産物店が営業しています。
かつては昆虫館もありました。
udn430.png s-IMG_4917_20161101233444313.jpg

udn431.png s-IMG_4918.jpg
狸グッズで登場したのは、一番手前の左手にある店。
外から撮れる範囲内で撮影しています。
若干一致しないのは、ロケハンが原作の時期だったからじゃないかなと思います。

【れいがん茶屋】
udn433.png s-IMG_4921.jpg
高松市街地が一望できるお店。
udn432.png s-IMG_4922.jpg
手前の芝生には、このカエルのオブジェもあります。
udn434.png s-IMG_4927.jpg
高松市街地と瀬戸内海を一望したカット。
正面に見えるのは女木島です。
udn435.png s-IMG_4923_201611012347285f2.jpg
アイスクリームを食べていたテラス席。
udn436.png s-IMG_4930_2016110123472774a.jpg
テーブルや椅子の形も一致。
この3人、若夫婦と子供にしか見えない・・・。
udn437.png s-IMG_4955_20161101234726743.jpg
店名は実名で出ていますね。
土産物店や屋島寺など、このアニメに登場していた場所は軒並みポスターが貼られていたので、全面協力が得られていると思われます。
udn438.png s-IMG_4932.jpg

udn439.png s-IMG_4933_20161101235137d87.jpg
柵の高さが低いように見えますが、ちゃんと人に対する高さまで合わせていました。
udn441.png s-IMG_4954.jpg
再度、瀬戸内海の展望です。

【展望台】
udn122.png s-IMG_4938_201611012358217d9.jpg
オープニングのカット。
れいがん茶屋のすぐ近くの展望台です。

【四国村】
udn442.png s-IMG_4860_2016110200113902b.jpg
夕方に訪れていたのが、四国村。
屋島ドライブウェイを下った山麓にあります。
民家を中心とする古建築をテーマにした広大な野外博物館です。
各地の古民家が移築されているのでなかなか見ごたえのある施設です。
udn443.png s-IMG_4863_20161102001139d1f.jpg
このカットまでは敷地外から撮影できますが、ここからは有料です。
入場料は1200円とややお高めなので、かずら橋だけでなく、施設全体を見るように回るとちょうどいいと思います。
udn444.png s-IMG_3200a.jpg
ポコが渡っていたのは祖谷のかずら橋のミニサイズ版。
レプリカとはいえ、そっくりに作られており、足元の恐怖心もそのまま。
udn445.png s-IMG_3199_20161102001138760.jpg
この辺のアングルがあまり合っていないのは原作探訪時の写真を流用したためです(
udn446.png s-IMG_3203.jpg
渡った先のシーン。
なお、この橋を渡らなくても四国村には入場できるのでご安心ください。

【長崎ノ鼻】
udn151.png s-IMG_5000.jpg
1話のラストで登場した海岸。
屋島の北端部の岬、長崎ノ鼻です。
右手に見える鳥居や、岬や島の形が一致しているのが分かります。
駐車場があり車で行くことができますが、末端部には離合困難な砂利道区間があるので運転は慎重にしましょう。
また、砂浜までは足場の不安定な岩場を進まないといけなくて、滑りやすくとても危険です。
靴や服装は十分考慮し、難しい場合は無理をしないようにお願いします。

udn152.png s-IMG_4997.jpg

udn153_201611020025465ce.png s-IMG_4999_201611020025470c4.jpg
瀬戸内海に沈む夕陽が綺麗でした。



この記事では「うどんの国の金色毛鞠」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(c)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2016-11-29 : うどんの国の金色毛鞠 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

『君の名は。』 聖地巡礼(舞台探訪) ~飛騨編~

s-IMG_4523_201610192021053b4.jpg
今年最も話題になっている映画『君の名は。』 の舞台巡りです。
前回の東京編に続き、飛騨地方の舞台を紹介します。

まず最初に、飛騨地方の舞台といえば三葉の暮らす町「糸守町」を思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、糸守は架空の町で、何処か見たことのあるような景色をイメージして作られました。
「糸守町」のモデルに特定の場所はありません。僕も含めて個々のスタッフがイメージした場所はそれぞれでしょうが、目指したのは「どこかで観たことがあるような場所」、それがすべてです。(新海誠監督のTwitterより)
ネット上ではここが舞台ではないのかと諸説あるようですが、この記事では実在することが確定している場所のみに絞って取り上げます。
それらの場所の地名についても触れません。
実際に似ている場所はありますし、中には完全に一致する建物もあるようです。
どこが糸守に似ているかと言う件については検索すれば他のサイトに掲載があるので、そちらをご参照ください。
ここでは、瀧たちが糸守の手がかりを探して飛騨地方を訪れたシーンで登場した、飛騨市の舞台を紹介していきます。
また、できるだけネタバレは抑えていますが、本文中にネタバレを含むのでご注意ください。


【飛騨古川駅】
s-kmnh01.jpg s-_MG_4513a.jpg
一行が名古屋駅から特急ひだに乗ってやってきたのは、高山市のさらに北にある飛騨市の飛騨古川駅。
2番線に列車が入るのは9時57分の1回のみ。
また、作中で停車している特急は1番線にしか入らないので、残念ながら完全再現はできません。(記事の一番上に2番線に列車が停車の写真を掲載しています)

s-_MG_4517.jpg
ここは飛騨古川駅の構内ではなく、駅の北側にある跨線橋です。(飛騨古川駅入口に注意書きあり)
10月現在、聖地巡礼で訪れる観光客がかなり多い状態が続いており、列車到着時には多くの人が撮影しようとしているので、順番を守って、場所取りには注意しましょう。
撮影はこの窓枠からカメラを出して撮影するようになるので、届かない人のために台が設置されていました。

s-_MG_4507.jpg
本編には出ていませんが、飛騨古川駅の駅舎外観。
跨線橋はこの左手にあります。
s-_MG_4504.jpg
駅に到着した一行が、飛騨牛のマスコットに喜んでいるシーン。
実際には着ぐるみがいるのではなく、着ぐるみのパネルが設置されています。
イベントなどで出てくるのかもしれませんね。
駅舎内の形状は若干変更があります。
s-_MG_4506.jpg
瀧くんが案内板を見ているシーン。
本編では駅舎内ということになっていましたが、中にはパネルはなく、駅前にあります。
ただ、作中の案内板を見てると、飛騨古川ではなく高山の地図っぽかったんですよね。
s-IMG_9954_201610192113088ba.jpg
なお、こちらが高山市の案内板。
s-_MG_4500.jpg
飛騨古川駅前でタクシーの運転手に聞き込みを行っているシーン。
ここはほぼそのまま再現されています。
ちなみに地元のタクシー会社では、聖地巡礼乗り合いタクシーのサービスが始まったそうです。

【飛騨市図書館】
s-kmnh03.jpg s-_MG_4555.jpg
瀧たちが糸守の新聞記事を探して訪れた図書館。
外観にやや違いはあるものの、ここで間違いないです。
s-_MG_4562.jpg
ちょうど調べ物をしていた場所。
この辺の内装はかなり似ています。
s-_MG_4561.jpg
奥寺先輩がいた本棚のシーン。
ここも郷土資料などのコーナー名まで一致。
s-IMG_4557.jpg
図書館の入口では三葉の髪飾り?をしたミッフィーが出迎えてくれます。
s-IMG_4559a.jpg
館内の撮影については通常はできないことが多いのですが、今回の映画に合わせて撮影可能という寛大な配慮をいただいています。
ただし、図書館側からいくつかの注意事項があるので守るようにお願いします。
・図書館で写真を撮られる場合は、カウンターにて許可申請を行なってください。
・また、写真撮影の際に、一般利用者さんのお顔が識別できるような写真を撮るまたはSNS等にアップすることはご遠慮ください。
・館内の撮影は9時から17時まで。
・図書館前の駐車場は、土日は大変混雑いたします。古川駅の裏にも無料駐車場がありますので、ぜひそちらをご利用ください。図書館からは車で約2分です。また、観光の方は図書館利用者専用のスペースには止めないようご配慮をお願いいたします。
(飛騨市図書館Twitterより)

【味処古川】
s-IMG_4626.jpg
五平餅を食べているシーンで登場したお店のモデル。
古い町並みの中にあります。
公式発表こそないものの、外観の雰囲気が似ています。
巡礼者に対してのメニューの割引サービスを実施しているので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
s-IMG_9942.jpg
違うお店のものですが、これが五平餅です。

【気多若宮神社】
s-kmnh04.jpg s-_MG_4528.jpg
町の人に聞き込みをしているシーン。
階段の角度等は一致していませんが、ここは公式発表に出ているので確定です。
古川駅から徒歩で行けます。
s-_MG_4542.jpg
神社の拝殿。
なお、神社と言えば宮水神社については架空のもので、特定のモデルはありません。
s-_MG_4550.jpg
神社の石段から見渡した町並みと田園地帯。
3人が田んぼの中を歩く風景のシーンを思い起こしますね。

【落合バス停(角川駅付近)】
s-kmnh02.jpg s-_MG_4479.jpg
3人が疲れて休憩していたバス停。
私が撮影している間にも何組もの人が訪れ、作中と同じポーズを撮っていましたw

s-_MG_4494_20161019220605c29.jpg
落合バス停という名前ですが、現在は使われていないようです。
飛騨古川駅からは結構離れています。
ここはバスで来れないので、公共交通機関の場合は角川駅から徒歩で来るしかないのでちょっと大変です。
その角川駅も列車の本数が少ないので、注意して下さい。
たぶんレンタカー等で移動した方が時間は節約できます。
車の場合は、バス停の手前に駐車できるスペースがありますが、他の車には十分注意してください。
s-_MG_4482.jpg
ちょっと引いたアングルで撮影してみると、カットの左側にある橋の跡が見えます。
s-_MG_4483.jpg
こちらはバス停内のシーン。
映画のポスターが貼られています。
s-_MG_4485.jpg
既に巡礼ノートが設置されていました。
地元の方が周辺のおすすめスポットを手書きでマップにされてたので、参考に周辺を巡ってみるといいかもしれません。

ちなみに、これ以外に登場した旅館と、高山ラーメンのお店は未発見です。
もしかしたらこれらも架空の建物なのかもしれません。
映画の舞台紹介は以上で、ここからは飛騨市の情報を取り上げていきます。

【飛騨古川さくら物産館】
s-_MG_4598.jpg
飛騨市の物産館。
なんと君の名はのパネル展を実施中です。
s-_MG_4604.jpg

s-_MG_4600.jpg
映画に登場した場所や、登場人物の紹介パネルがあります。
s-_MG_4617.jpg
こちらはお土産コーナー。
君の名はを意識したお土産が揃っています。
また、館内では組紐体験ができるので、時間のある方は合わせて体験してみてはどうでしょう。

【飛騨古川の町並み】
s-_MG_4594.jpg
飛騨古川と言えば、高山の奥座敷と称され、飛騨に残るもう一つの古い町並みとして知られています。
s-_MG_4580.jpg
白壁土蔵やお寺の石垣を背景に、1000匹余りの色とりどりの鯉が泳ぐ瀬戸川はメインの観光スポットともいえます。
s-_MG_4574.jpg
鯉がいっぱいいてとても美しかったです。
s-_MG_4566.jpg
町並みにはさっそく至る所にポスターが貼り出され、人気作品と言うことが分かります。
s-_MG_4595.jpg
お店によっては映画の半券を持ってきたファンに向けてのサービスも見られ、歓迎ムードが伝わってきました。

s-_MG_4640.jpg
今回は天候にも恵まれ、絶好の散策日和となりました。
高山に比べると落ち着いた雰囲気でとてもよかったので、巡礼以外でもまた訪れてみたいです!

この『君の名は。』は、2016年の映画の興行収入1位どころか、歴代の邦画ランキングでも上位にランクインする社会現象ともいえる作品となっています。
都内各地や飛騨地方を訪れる巡礼者や観光客はかなり多く、盛り上がりを見せているところです。
最後に、公式サイトにある注意書きをここでも掲載しておきます。
『君の名は。』公開後、本編中に登場する、または関連のある場所へ、多くのファンの皆様にお越しいただいておりますが、近隣の方々より騒音や早朝深夜の訪問に関する苦情を多数いただきました。
関連場所への訪問を予定されている皆様におかれましては、節度のある行動、及びマナーに十分心掛けていただきますようお願い申し上げます。


この記事では「君の名は。」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©2016「君の名は。」製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2016-10-19 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

『うどんの国の金色毛鞠』 舞台探訪(聖地巡礼) ~香川県高松市~

s-kv.jpg s-IMG_0658a.jpg
この秋、香川県を舞台に描かれたアニメ作品がついにスタートしました!
タイトルは『うどんの国の金色毛鞠』。
私の地元だけあって、待望の作品になります。
県下全域に舞台が点在していますが、主な舞台は高松市になります。
ここでは場所別に紹介していきます。

まず、上記のキービジュアルは屋島神社の付近から屋島を見たカット。
ちょうど全景が映りこみます。

※放送後に回りきれていないので比較画像に手持ち写真を使っているカットがあり、アングルまでは一致しない比較があります。探訪ができたら随時差し替える予定です。

【瀬戸大橋】
udn112.png s-IMG_3779_20161009062419604.jpg
タイトルバック。
このシーンは本州側から香川方面を見ています。
写真は与島パーキングエリアから撮影したものですが、この高さから撮影できる場所はありません。
瀬戸大橋は香川県と本州を結ぶ唯一の架け橋であり、玄関口でもあります。

【サンポート高松(高松港)】
udn301.png s-IMG_4753.jpg
3話、赤灯台に釣りに行くシーンで登場。
赤灯台は高松港の先にありますが、車を停めたのは防波堤の付け根に当たる高松港の再開発地区、サンポート高松地区です。
このカットだけ旅客船乗り場付近です。
udn302.png s-IMG_4749_20161026032857255.jpg
車を停めたのが、港湾地区の駐車場の付近。
レストラン「ミケイラ」が近くにあります。
なお、この地点は駐車禁止なので、車は奥に見える有料駐車場に停めましょう。
udn303.png s-IMG_4744.jpg

udn304.png s-IMG_4751.jpg

udn305.png s-IMG_4748_20161026032856a82.jpg

【高松港赤灯台】
udn118.png s-P9240959.jpg
オープニングで登場した赤灯台。
高松駅から歩いていけますが、灯台の先まで行くと往復に時間がかかります。
普段は散歩をする人、釣り人、最近ではポケモンGOをする人々で賑っています。
udn306.png s-IMG_4740.jpg

udn307.png s-IMG_4722_20161026033743fc9.jpg

udn308.png s-IMG_4724a.jpg
赤灯台。
高松港のシンボルとして親しまれています。
udn310.png s-IMG_4729_20161026033849673.jpg

udn311.png s-IMG_4726_20161026033849713.jpg

udn312.png s-IMG_4718.jpg
この付近から見る高松の夜景は美しいです。
udn313.png s-IMG_4712.jpg
後方に見えるのが高松シンボルタワー。
四国一の高層ビルです。
udn314.png s-IMG_4714.jpg

udn315.png s-IMG_4713.jpg

udn316.png s-IMG_6102x_201610262203459b3.jpg
夜が明けて。
沖合いを航行するフェリーは四国フェリーでしょうか。
udn317.png s-IMG_4687.jpg
屋島方面。
udn319.png s-IMG_4697.jpg

udn318.png s-IMG_4696.jpg
ここまでが3話「赤灯台」で登場した高松港のカットです。
ポコぐらいの歳の男の子が父親と釣りをしている光景も見られました。
この防波堤沿いの遊歩道には、宗太たちのように釣りをする人、ウォーキングやランニングをする人、散歩をするカップルや家族連れ、観光客、そしてポケモンGOに夢中になる人など、様々な人々が集まってきています。
天気のいい日には美しいロケーションが見れますし、夜は綺麗な夜景を眺められることができます。

【丸亀町商店街】
udn119.png s-IMG_6041_2016100906271466e.jpg
オープニング。
丸亀町商店街南端の丸亀町グリーンです。
数年前に再開発でできた建物で、多くの店舗が入居しています。

【常磐町商店街・三びきの子ぶた】
udn214.png s-IMG_0003.jpg
ことでん瓦町駅前の常磐町商店街の入口。
瓦町駅前が出てきたアニメって「センチメンタルジャーニー」以来18年ぶりな気が・・・当時のコトデンそごうで買ってきた謎のしゃべる小鳥も登場しましたね(余談)
udn219.png s-IMG_0004a.jpg
2話で訪れたのは、常盤町商店街入口にある「三びきの子ぶた」さんです。
果物店兼カフェとなっており、ケーキやジュースのメニューが充実しています。
udn215.png s-IMG_0006.jpg
店内も概ね一致しています。
お店の人に確認したところちゃんとロケハン部隊が訪れたそうです。
udn216.png s-IMG_0008_201610262218092a6.jpg

udn218.png s-IMG_0009.jpg

udn217.png
このゼリーのメニューに関しては、原作コミックスの頃はあったそうなんですが、現在は販売していないそうです。
店内は許可を得て撮影しております。混雑時および店内にいる人の顔が写る撮影はご遠慮ください。

【栗林公園】
udn114.png
国の特別名勝となっている庭園です。

【屋島】
udn116.pngs-IMG_4884_201611012316039a6.jpg
源平合戦の古戦場として有名な屋島。
ここは屋島寺です。
狸の言い伝えがあり、ポコのキャラクターのイメージの一つになったと思います。

udn122.png s-IMG_4938_201611012358217d9.jpg
こちらは屋島の展望台から高松市街地を一望するシーン。
瓦投げが有名です。
屋島の舞台は、屋島エリアの紹介記事で詳しく掲載しています。

【四国村】
udn115.png s-IMG_3197_20161009064249abb.jpg
屋島にある四国村のミニかずら橋の入口です。
徳島にある祖谷のかずら橋よりはコンパクトですが、橋の木の間が広いなど怖さはそのままです。
四国村は四国各地の古民家を移設している施設で、入場料が発生します。

【林道駅】
udn113.png s-DSC08273.jpg

ことでん長尾線の林道駅です。
長尾線では現在このアニメのキャラクターをラッピングした電車が運行されています。

【詰田川沿い】
udn142.png s-DSC08280.jpg
宗太とポコが観光客に話しかけられるシーン。
林道駅から北東に数分歩いたところにある詰田川沿いです。
udn141.png s-DSC08275.jpg
お地蔵さんもすぐ近くにあります。
udn145.png s-IMG_0664_20160706001840778.jpg

udn146.png s-DSC08278.jpg
井戸を入れても合わない上に狭いので無理に合わそうとしない方がいいかも…。
udn147.png s-DSC08276.jpg

udn148.png s-DSC08274.jpg

udn150.png s-DSC08281.jpg
ここはさっきの場所からしばらく北に進んだところにあるJRの踏切です。

【ぶっかけうどん 大円】
udn108.png s-DSC08292.jpg
高松市今里町のぶっかけうどん「大円」。
冒頭でうどんを食べてるお店です。
udn109.png s-DSC08289.jpg
再現度はかなり高くなっています。
udn110.png s-DSC08288_20161009235222f5d.jpg

udn157.png s-DSC08287.jpg

udn102.png s-DSC08285.jpg
食べていたのは、「スペシャルぶっかけうどん」。
うどんの再現がかなり素晴らしいですね。
天ぷらや山芋など盛りだくさんでおいしかったです!

【新宮川橋】
udn125.png s-DSC08262.jpg

udn126.png s-DSC08263_20161009235114d35.jpg

udn127.png s-DSC08261.jpg
製麺所に着く前のシーンでこの橋を渡ります。
場所は木太町の宮前公民館前交差点からすぐ西側の橋です。
スーパーマーケットが近くにあります。
udn156.png s-DSC08270.jpg

udn128_20161009073155e96.png s-DSC08267.jpg
この川とバス停の場面については、橋から南に進んですぐ、中学校の近くです。
バス停は実在しません。
バス停の位置には民家があるので、民家の前で立ち止まって撮影するなど不審に思われないようにお願いします。

udn155.png s-DSC08264.jpg
なお、実際にはこの付近に製麺所の建物はなく、完全に架空のものになっています。
このカットが新宮川橋のすぐ北側にあり、ミラーや背後の家の配置は似ているものの、製麺所がある場所は道路になっています。
udn120.png s-DSC08266.jpg

udn121.pngs-DSC08265_2016100923511453c.jpg
オープニングのカットもここ。
パーツ単位では合いますが、一致度は低め。
周囲が住宅地と言う場所柄、あえて再現度を下げているのかもしれません。

先ほどのカットを含め、この辺りは郊外の住宅地になっているので、住民の方に不審に思われるような行動は取らないでください。

【大池】
udn1001.png s-IMG_6044_201612202257402b5.jpg
10話「ため池」で登場した大池。
木太中学校のある道を南に進んだところにあります。
池の東側はゴルフ練習場になっています。
udn1004.png s-IMG_6051.jpg

udn1005.png s-IMG_6021_20161220232516b97.jpg
大池の西側にある休憩所。
udn1006.png s-IMG_6023_20161220232516567.jpg

udn1007.png s-IMG_6025.jpg

udn1009.png s-IMG_6033_20161220232646d33.jpg

udn1010.png s-IMG_6027.jpg
周囲のマンションもそのまま描かれています。
udn1011.png s-IMG_6028_20161220232644042.jpg

udn1012.png s-IMG_6053.jpg
高松市の郊外に当たりますが、周囲は住宅やマンションが立ち並んでいます。
udn1013.png s-IMG_6051_20161220233600f64.jpg
池の周囲は大きく、散歩やジョギングをする人が多いです。
udn1014.png s-IMG_6031_2016122023363419a.jpg

udn1015.png s-IMG_6040.jpg
大池北側の道路。
この辺はロケハンはしてるようですが、再現度は落としているみたいです。
udn1016.png s-IMG_6042.jpg
パーツ単位では一致します。
udn1017.png s-IMG_6039_20161220234415d51.jpg
大池の北側の階段。
奥に見えるのは中学校の校舎。
udn1018.png s-IMG_6036_201612202344145cb.jpg

udn1020.png s-IMG_6038.jpg

【ことでん太田駅】
udn211.png s-_MG_4675.jpg
2話の回想シーンで登場した駅。
琴電琴平線の駅です。
仏生山駅の一つ北側。
udn210.png s-_MG_4680.jpg

udn212.png s-_MG_4677.jpg
当時の資料を使ったかは不明ですが、現在は広告が増えています。
udn213.png s-_MG_4684.jpg

【ちきり神社】
udn131.png s-IMG_0667.jpg
高松市郊外の仏生山地区にあるちきり神社です。
udn135_2016102603113270e.png s-_MG_4667.jpg
神社の石段を登った先ですが、作中ではこの先に法然寺の本堂がある設定になっています。
実際は神社があります。
作中では徒歩で来たようになってますが、製麺所がある設定の木太町付近から仏生山まで徒歩で向かうとかなり距離があります。
この作品ではランドマーク的な場所以外の位置関係は実際と異なっていると思われます。

【法然寺】
udn136.png s-_MG_4657.jpg
お寺はちきり神社の近くにある法然寺です。
福山住職はここにいるようです。
どうやら石段の途中で空間が捻じ曲がったようです(笑)

【長崎ノ鼻(屋島北端)】
udn154.png
1話ラストの海岸。
場所は屋島の北の端にある長崎ノ鼻という場所です。
奥に鳥居が見えるので推測ができました。
udn151.png s-IMG_5000.jpg
このカットの背後の山の斜面に鳥居が映りこんでいるのが決定打となりました。
狸伝説といえばやはり屋島ですからね。
屋島でも山上ではなく、海沿いを回りこむように進んで行きます。
作品の設定上では、製麺所から歩いたり走ったりしてちきり神社や長崎ノ鼻まで行ったことになっていましたが、それぞれがかなり離れており、車を使わないと往来は難しいです。
この砂浜へは滑りやすい岩場を進まなくてはならず、大変危険です。
靴や服装には十分注意し、無理をしないようにお願いします。


1話の舞台探訪は以上になります!
私のよく知っている光景が描かれているので、やはり楽しみです。
今後も地元の機動力を生かして、随時記事を更新していきたいと思います。



この記事では「うどんの国の金色毛鞠」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(c)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2016-10-10 : うどんの国の金色毛鞠 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
5位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR