「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part2-西岸駅・金沢市内編-

「花咲くいろは」の舞台探訪(聖地巡礼)のPart2です。
湯涌温泉はPart1で紹介。→「花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part1-湯涌温泉編-

今回はのと鉄道西岸駅と、金沢市内の舞台を紹介します。
のと鉄道西岸駅は、金沢駅から電車で約2時間ほどの場所にあります。

hanairo054.pngs-DSC04274.jpg
電車が入線してくるシーン。
ここを反転させると近いアングルになります。
s-DSC04268.jpg
4月下旬に設置された「ゆのさぎ」の看板は駅舎側のホームにあります。
両アングルをミックスしたものでしょうか。
hanairo055.pngs-DSC04257.jpg

hanairo056.pngs-DSC04265.jpg
4話のカット。
hanairo057.pngs-DSC04267.jpg
看板の設置でほぼ完璧な再現度を実現!
人と看板の大きさを比較すると、現実に忠実なのが分かります。
hanairo058.pngs-DSC04262.jpg

hanairo049.pngs-DSC04291.jpg

hanairo050.pngs-DSC04309.jpg
このカットはホームから降りられないので絶対に撮影できません。
※注意:線路内に立ち入って撮影は絶対にしないで下さい!
見ましたよ、ホビロンな連中…。
「めんまのお願い」みたいな忠告を出した方がいいと思いましたw

hanairo051.pngs-DSC04286.jpg
のと鉄道の車両。
協力にあるだけに再現度も抜群。

hanairo047_20110507235359.jpgs-DSC04303.jpg
続いてイラスト等のカット。
hanairo052_20110507235358.jpgs-DSC04298_20110507235357.jpg

hanairo053_20110507235358.jpgs-DSC04317_20110507235357.jpg
どれも再現度は高めです。
桜の季節に行きたかったなぁ。

s-DSC04282.jpg
これはホーム下のアングルを撮影するのに、駅から少し離れた踏切から撮影できるかもと思って挑戦したもの。
全然ですねw
s-DSC04323_20110508174639.jpg
駅舎の外観。
昔ながらの国鉄駅と言う印象です。
s-DSC04320.jpg
巡礼ノート。
訪問日(5月4日)で既に3冊目に突入していました。
全国各地から人が来ているのが分かります。
s-DSC04322.jpg
日本海(七尾湾)が見えます。
のどかな場所ですが、周辺には国民宿舎などもあります。
ちなみに西岸駅のお隣の能登中島駅は、現在サントリーBOSSのCMで登場しています。

続いては金沢市内のカット。
クリアファイルの背景カットです。
金沢市の協力のもと、金沢市内の観光名所が登場しています。
hanairo060.jpgs-DSC04095_20110508001929.jpg
緒花:湯涌温泉入口
もはや説明不要。
旅館等の名前はそのままです。
かつては白雲楼の名前もあったのだろうか。

hanairo061.jpgs-DSC04103.jpg
民子:金沢城と石川橋。
兼六園の入口側から橋を見たところです。

hanairo062.jpgs-DSC04130.jpg
菜子:兼六園内、時雨亭。
さすがにGWということで無人は無理でした。。

hanairo063.jpgs-DSC03978.jpg
結名:JR金沢駅(もてなしドーム)
金沢の玄関口。
結名アングルがいいですね。
なんかイベントのために椅子を並べている最中でした…。

hanairo064.jpgs-DSC04241.jpg
巴:長町武家屋敷跡
和服姿ととても合う場所ですね。
金沢にもこんないい所があったんだ。

いずれは金沢市内のカットも本編に出てくるのでしょうか。
出てきたら探訪のしがいがありそうですw
なお、学校のモデルは金沢美術工芸大学ですがタイムアップで行けませんでした。

湯涌温泉には直接鉄道は通ってないのですが、劇中では温泉まで鉄道が通っているようになっています。
のと鉄道さんの協力でそういった設定になっているのかなと思います。
西岸駅では、実際に駅名の看板を変更するという注目すべき動きがありました。
そのため西岸駅では多くのファンの姿を見かけました。
GW中は以前ネットで見かけたお披露目当日と比べると、ライト層も増えていたかなと思いました。
女性を含めて幅広い年齢層の方々が西岸駅に足を運ぶようになってきています。

場所が金沢から離れていたこともあって、車で来る人たちが多かったです。
しかし、これでは直接のと鉄道側にお金が落ちにくいのも現実。
記念乗車券の発売や、ヘッドマークの取りつけ、キャラクターの声によるアナウンス等があれば花いろファンの乗客もさらに増えるかなと思うところです。
のと鉄道は地域の足と言う大事な役割も担っているので、いかに沿線住民の理解を得ながら花いろが盛り上がるかに注目したいと思います。

(2012.11.27追記)
まさかこれがすべて実現するとは思いませんでした。
というかラッピング列車とか想定を超えていました。
北陸の底力を感じさせられました、これかたも応援したいです。

【関連項目】
花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part1-湯涌温泉編-

花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part2-西岸駅・金沢市内編-

花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part3-神戸市内編-

花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part4-東京都内編-

花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part5-金沢市内編(2)-

花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part6-能登半島編-

花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part7-湯涌温泉編(2)-

花咲くいろは 舞台探訪(聖地巡礼)Part8 -宮崎・青島編-

この記事では「花咲くいろは」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は花いろ旅館組合にあります。
関連記事
スポンサーサイト
2011-05-08 : 花咲くいろは : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
12位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。