FC2ブログ
「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

『Summer Pockets』 舞台探訪(聖地巡礼) ~香川県 男木島/女木島エリア~

『Summer Pockets』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
直島編に続いて今回は高松市沖の島々「男木島(おぎじま)」と「女木島(めぎじま)」です。
男木島は古くは映画のロケ地となったこともある島。瀬戸内国際芸術祭によってアートの島として注目されています。
女木島は鬼ヶ島伝説が残る島として有名です。
どちらの島も高松港からフェリーが運航されています。
1日6往復(多客期は増発)、女木島まで約20分、男木島まで約40分です。
詳細な運賃や時刻表は雌雄島海運のHPを参照。

s-smp-n01.jpg s-IMG_3808_2019072323212156f.jpg
この航路のフェリーが「めおん」。
ゲーム中に登場した船のモデルで、赤と白のカラーが特徴的です。
新型の「めおん2」も就航していますが作中に出た船のモデルは「めおん」の方です。



【男木島】
s-smp-o01.jpg s-IMG_3882a.jpg
鳥白島の外観のモデルは男木島です。
このシーンは冒頭の「さしずめ俺は・・・」の選択肢の所で印象深いですね。
フェリーより、往路の到着前か、復路の離岸後に撮影できます。

●男木島の巡り方
まずは高松港から遠方にある男木島を先に巡ることをおすすめします。
島内は概ね徒歩のみで十分巡れますが、灯台が片道30分程度と遠いので注意しましょう。
自転車を持ち込んでも道路が整備されているので大丈夫です。
車は、狭い場所が多いうえにフェリーの収容台数が少ないのでおすすめできません。

【男木島港】
s-smp-o03.jpg s-IMG_3787a.jpg
しろはが歩いている港のイメージ。
最初に公開されたキービジュアルの場所です。
奥に見える家並みが似ています。
s-IMG_5475a_20190723234836eba.jpg
手前の防波堤と、奥に見える構造物のうち桟橋は直島のものです。
2つの場所の合成となっています。

【男木漁協】
s-smp-o11.jpg s-IMG_7287.jpg
役場の建物のモデルは男木島の漁協です。
港のすぐ目の前。
看板は男木漁協のままですが、正式には東瀬戸漁業協同組合男木支所。

【学校のプール】
s-smp-o12.jpg
モデルは男木小中学校のプールで一致しますが、撮影禁止の看板があったため撮影していません。
敷地外から確認はできますが、関係者の迷惑にならないように不審な行動は慎みましょう。

【秘密基地】
s-smp-o14.jpg s-IMG_3859a.jpg
秘密基地のモデル。
もちろん卓球台はありません。
実際は倉庫のようなので立ち入りは遠慮しましょう。
詳細な場所は伏せますが、学校のすぐ近くです。

【海沿いの道】
s-smp-o04.jpg s-IMG_7272a.jpg
鴎に出会った海沿いの道。
大井海水浴場に向かう島の外周道路です。
奥には芸術祭作品「歩く方舟」が見えます。
s-IMG_3830_20190723232122d18.jpg
ちなみにこんなアート作品です。

【男木島灯台への道】
s-smp-o05.jpg s-IMG_3675a.jpg
蒼がよく寝ていた田舎道。
実際は集落から外れた場所で、男木島灯台へ向かう途中の道です。

【男木島灯台】
s-smp-o07.jpg s-IMG_7140.jpg

s-smp-o06.jpg s-IMG_7139_20190820013421f7d.jpg
男木島灯台。
明治28年に設置され、地元の庵治石を使用した総御影石造りです。
無塗装のものは全国的にも珍しいです。
映画「喜びも悲しみも幾歳月」(1957年)や、ドラマ「ラブレター」など数々の作品のロケ地になってきました。
s-smp-o09.jpg s-IMG_3707a.jpg
ここでは紬と出会いました。
灯台の内部は立ち入りできませんが、年に1~2回程度一般公開されます。
s-smp-o10.jpg s-IMG_3717a.jpg
作中では廃灯台とされていますが、実際は高松海上保安部管轄の現役の灯台です。
男木島はフェリーの最終便が17時なので、夕方や夜の灯台を見るにはこの横のキャンプ場に泊まるなどする必要があります。
s-IMG_3745_20190723232119b2a.jpg
灯台の隣には資料館が併設されています。

s-IMG_3651.jpg
島の各所で猫の姿をよく見かけました。
s-IMG_3644_201907232321166e8.jpg
島ならではの町並み。
アート作品の展示のほか、島カフェも増えているので週末を中心に島歩きが楽しいと思います。



【女木島】
s-IMG_3912_201907232318561be.jpg
鬼ヶ島伝説が残る女木島。
男木島からも高松港からもフェリーで20分程度で到着できます。
この島の目玉はやはり鴎と探検した洞窟のモデルである鬼ヶ島大洞窟です。
港から洞窟まではバスを利用しましょう。
徒歩の場合、かなり登る上に時間がかかります。

●女木島の巡り方
s-IMG_3943_20190723231857ae0.jpg
港から鬼ヶ島大洞窟までは乗合バスが運行。
船の到着に合わせて出発しているので、島に着いたらまずバス乗り場に向かいましょう。
原則、高松港➡女木島のフェリーの到着時間に合わせての運行ですが、多客期は臨時便が出ます。
比較的レトロなバスも走っているのでマニアの方に注目されています。
かなり狭い道を飛ばしますが運転手はベテランの方々なのでご安心を。
洞窟以外は、徒歩で巡れる範囲内にお店やアート作品が固まっています。

【鬼ヶ島大洞窟】
s-smp-m01.jpg s-IMG_3905.jpg
入場料は500円。
作中では鉱山跡にある洞窟という探検気分が味わえましたが、実際のこの洞窟は完全に観光洞窟と化しています。
順路も決まっており迷うこともないでしょう。
構想で語られていた観光化が実現した形になっています。
s-smp-m03.jpg s-IMG_3920a.jpg
洞窟内のカット。
もちろん一致します。

【洞窟前の道】
s-smp-m04.jpg s-IMG_3934a.jpg
鬼ヶ島大洞窟の出口から入口方面へ戻る間の道。
山道のカットに似ている気がします。
作中では未舗装などの違いはありますが、参考までに。

なお、あまりゆっくりしていると復路のバスに置いて行かれる可能性があるので時間には十分注意しましょう。

s-IMG_3946_201907232318596fe.jpg
女木島にもアート作品がたくさんあります。
船の形の作品も。
海賊船ではありませんが、雰囲気は味わえますね。

s-IMG_5790a.jpg
瀬戸内の島々は四季折々いろんな表情を見せてくれますが、やはり夏をテーマにした作品なので夏の間に巡りたいですね。
補給できる場所が限られるので、予め日焼けや熱中症対策はしっかりしましょう。



この記事では『Summer Pockets』 聖地巡礼マップの作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)Key/VISUAL ARTS/PROTOTYPEにあります。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2019-07-24 : Summer Pockets : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@tsurebashi_info
中の人:@lidges

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
7位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR