「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

瀬戸内国際芸術祭2010 ~大島~

瀬戸内国際芸術祭、おそらく最後の記事です。
最後に行ってきたのは大島。
国立ハンセン病療養所のある島です。
島民はほぼ全員が利用者と職員。
瀬戸内の島の人々の暮らしとアートを押し出してきている他の島々とは異なる様相です。

ハンセン病は、末梢神経障害と皮膚症状が起こり、治療が遅れると後遺症が残ることがあります。
戦前は偏見が強く、患者を療養所に隔離する政策がとられていました。
現在では元患者は自由に島を出入りできますが、長い間不自由な生活を強いられました。

まず大島に渡るには、総合インフォメーションで整理券を手に入れます。
無料で往復できますが、数に限りがあるのでお早めに。
出港20分前で朝のツアーの分はなくなっていたので、午後のツアーを予約していました。

高松港から船で15分ほど。
大島に上陸です。
s-DSC02659.jpg
島全体がハンセン病療養所になっています。

まず最初に1時間ほどのガイドツアーに参加し、その後自由散策となります。
s-DSC02597.jpg
納骨堂
s-DSC02599.jpg
風の舞
入所者の魂だけはせめて島外に自由に飛んでいけるようにという思いを込めて作られたオブジェ。
s-DSC02606.jpg
70 やさしい美術プロジェクト/やさしい美術プロジェクト
GALLERY15(ギャラリー15寮)
入所者の居住していた建物を利用。
s-DSC02624.jpg
住んでいた入所者の備品や、補助具などを展示。
期間中は様々な企画展が開催されていたようです。
s-DSC02641.jpg
白線が引いてあるのは、歩行者や自転車等の往来のためではなく、視力が弱い入所者を補助するため。
s-DSC02644.jpg
同様に聴力が弱い入所者のため、スピーカーからメロディが流れ続けています。
s-DSC02649.jpg
カフェ・シヨル
大島で造られた土器や、大島で取れた野菜を使った料理を提供。
予想できてしまいましたが、由来は「~しよる」という讃岐弁に由来します。

島内には教会、郵便局、ミニ88か所と様々な施設がありました。
ハンセン病療養所の現状と歴史を見ることができました。
こういった芸術祭がなければなかなか来ることのできない島なので、貴重な体験ができたと思います。
有名なアーティストと多くの観光客という構造の他の島とは異なり、静かな島でした。
県外から来る人はなかなかこの島を周ることは少ないかもしれませんが、一度訪れるべき島だと思いました。

瀬戸内国際芸術祭、この島をもってすべての島を周ることができました。
全作品は無理でしたが…。
自分がここまで芸術祭に夢中になるとは。
直島はまた行きたいのですが、あまりに人が多いのでなかなか向かえません。
開始直後はまさかここまで大盛況になるとは思いませんでした。
作品は芸術祭後も公開されているので、ほとぼりが冷めた頃に直島を訪れたいと思います。
地中美術館と豊島美術館はパスポート期限が年末まで延長されたようですよ。
香川にはうどん以外にも魅力があることを全国に発信できたよいイベントだったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

2010-10-23 : 瀬戸内国際芸術祭 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
13位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR