「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

瀬戸内国際芸術祭2013 ~沙弥島~

瀬戸内の島々と芸術作品を巡る一大イベント、「瀬戸内国際芸術祭2013」が開幕しました。
2010年の芸術祭の感動を覚えているだけに、今回またこのような機会にめぐり会えることを嬉しく思います。
s-IMG_0315.jpg
2013年の芸術祭は、春・夏・秋の3会期に分かれての開催となります。
春会期は先日終わってしまいましたが、今回はその春会期限定で会場となった「沙弥島」(しゃみじま)を紹介したいと思います。

s-IMG_0248.jpg
沙弥島は島ですが、埋め立てで陸続きとなっており船を使わずとも渡ることができます。
瀬戸大橋記念公園が分かる方は、そこを目指して走ると分かりやすいです。
公園の西側に見える小高い丘のある辺りが沙弥島です。
芸術祭3会期共通パスを5000円で購入して、作品めぐり開始!
s-IMG_0251.jpg
100 階層・地層・層 ターニャ・プレミンガー
山のような作品。
登ることもできます。
s-IMG_0341.jpg
まっすぐに道を歩いているだけでは頂上にたどり着けず、斜めに走る道を登る変わった構造になっています。
目の錯覚も用いていますね。
頂上からは瀬戸大橋がよく見えました。

s-IMG_0254.jpg
芸術祭の旗と島の日常風景。
s-IMG_0272.jpg
101 沙弥島・西ノ浜の家 藤山哲朗+冨井一級建築設計事務所
最初はこれも作品とは気づかずに周囲を探してしまいました(笑)
s-IMG_0273.jpg
トイレ側。
s-IMG_0275.jpg
屋上は展望台です。
s-IMG_0267_20130424230226.jpg
登ると瀬戸内の景色を一望できます。
天気が晴れてるともっとよかったんですがw
s-IMG_0255.jpg
164 島スープ EAT&ARTTARO
この建物で提供。
食とアートを融合する試みを続ける作家によるスープだそうです。
完売しているため食べれていませんw
販売直後に行列ができて完売するのが定番のようです。
もうちょっと用意してほしかったですねー。
春や秋の島でも用意されるそうです。

s-IMG_0260.jpg
103 そらあみ 五十嵐靖晃
猟師の網をイメージしたものでしょうか。
海と網のコントラストがよかったです。
s-IMG_0264.jpg
角度を変えると模様もしっかり見れますね。
s-IMG_0337.jpg

s-IMG_0263.jpg
花を入れて撮ってみました。
規模も大きく、この沙弥島のメインともいえる作品でした。

s-IMG_0280_20130424231328.jpg
さらに島の奥へ歩いていきます。
瀬戸大橋が大きく見える場所が。
s-IMG_0281.jpg
瀬戸大橋といえば瀬戸大橋記念公園からのイメージが強いので、こんな花をバックにした写真が取れる場所があるとは思いませんでした。
s-IMG_0278.jpg
瀬戸大橋をバックにした一本の木。
芸術祭の作品ではないのですが、沙弥島ってこんないい場所があったのかという発見もいろいろできましたね。
そして、この近くにも作品がありました。
s-IMG_0289_20130424231326.jpg
104 八人九脚 藤本修三
s-IMG_0291.jpg
瀬戸大橋を向いた、カラフルな8人掛けのベンチです。
作品なのに休憩できるっていですね。
晴れた日にここでのんびりしていたいです。
s-IMG_0292_20130425231843.jpg
坂出市の島々の名前の入った旗。
いずれの島も、埋め立てか瀬戸大橋によって陸続きとなっています。
s-IMG_0294.jpg
次に、旧沙弥小中学校跡地へ。
ここには複数の作品が展示されています。
人が多かったので入場制限になっていました。

s-IMG_0297.jpg
102 名も知らぬ遠き島より 戸矢崎満雄
s-IMG_0295_20130425231841.jpg
天井から吊るされたアート。
沙弥島の浜に打ち寄せられた白い発泡スチロールだそうです。
s-IMG_0298.jpg

s-IMG_0303_20130425231840.jpg
102 塩の結晶 〜落ちた玉汗 砂が吸ふた〜 佐久間華
この網には塩の結晶が。
漁業と製塩業によって栄えた島ということをイメージさせられるアート作品ですね。

s-IMG_0310.jpg
102 カイソウ –shamijima- 大畑幸恵
こちらは海岸の貝殻を使った作品。
台が設置してあり、目線の高さで見える景色が変わりました。

102 SHIRO 林健太郎
映像作品だったので写真は撮ってないのですが、黒板に映像が映し出され、学校の授業をイメージするような作品でした。
学校跡地ならではの作品でした。

s-IMG_0323.jpg
沙弥島には柿本人麿が詠んだ詩にちなんだ石碑が見られます。
意外と知られてないようですが、歴史ある場所なんですね。
s-IMG_0326.jpg
ここで撮った晴れた夏の写真がを見たことありますが、すごく海と空がきれいだったのでまた来てみたいです。
瀬戸大橋の写真を撮るなら、瀬戸大橋記念公園よりもここの方が綺麗に撮れそうですねw

本当は沙弥島は開幕日に行く予定だったのですが、体調不良や多忙が重なって結局春会期末になってしまったのでブログでの報告が終了後になってしまって申し訳ないです。
夏や秋の島々はもうちょっと早めに行っておきたいと思います。

沙弥島の作品めぐりと島めぐりは以上になります。
ここは春会期だけの開催だったのでもう展示は終わってしまっていますが、いくつかの作品は継続展示されると思われるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

2013-04-25 : 瀬戸内国際芸術祭 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR