「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

ももねこ様祭に行ってきた~竹原がももねこ様に染まった日~

さて「たまゆら~hitotose~」に登場する癒しキャラといえば、「ももねこ様」である。
桃色の猫であるが、まんまるな不思議な生き物である。
mmhk.jpg

そんなももねこ様、作品が人気になるにつれて竹原に銅像が設置され、今やどこからともなく竹原の守り神とも言われるようになりました。
そこで、ももねこ様を守り神として祭り、神事やオリジナル音頭を踊るなどして盛り上がるイベント「ももねこ様祭」が物語の舞台の竹原で行われることになりました。

発表された当初は、いったいどんなイベントになるのか全く見当もつきませんでした。
次第にイベントに向けて、「ももねこ音頭」の振り付けアニメーションが公開。
さらに竹原の商店街等のお店でオリジナルももねこ様グッズが発売されるとの情報も明らかになりました。
ラインナップを見ても、実に個性的なアイテムばかり。
これは面白いことになりそうです。
s-DSC03664.jpg
さて迎えた7月28日。
8時過ぎに竹原に到着すると既にこの人の数。
反対側から折り返してこちら側まで列が続いています。
100人も来ていないと予想していたのですが、なんと250人近くいたようです。
s-DSC03668_20120730221939.jpg
というわけで整理券は予定枚数のちょうど半分をゲットw
ももねこ様オリジナルうちわをもらえました。
s-IMG_6467.jpg

s-IMG_6471.jpg
今日の主役のももねこ様。
どことなく誇らしげですw
s-IMG_6512.jpg
とか言ってるといつのまにかももねこ様像が消失!
s-IMG_6503.jpg
おや、ステージには・・・
s-IMG_6507.jpg
ももねこ様が鎮座されていました!
お供え物まで・・・!
ありがたやありがたや。
s-DSC03667.jpg
この商店街本気ですねw
s-IMG_6482.jpg
七夕の短冊も残っていました。
もちろんももねこ様型です。
s-IMG_6492.jpg
商店街にはももねこ様がいっぱい。
s-IMG_6488_20120730223842.jpg

s-DSC03675.jpg
ももねこ様の小石。
かわいいですね!
s-IMG_6495.jpg
街で見かけたももねこ様グッズを紹介します。
マグカップに目覚まし時計。
マグカップは人気で目の前で売り切れました。
s-DSC03677.jpg
クリアファイルまで。
s-IMG_6490.jpg

s-DSC03683.jpg
風船。
s-DSC03685.jpg
も○ねこクローバーZ
(怒られないのかな…w)
限定1個なのに、なんとフォロワーさんの手に。
s-DSC03689.jpg

s-DSC03688.jpg
風鈴が涼しそうです。
s-IMG_6479.jpg
これもカラフル。
s-IMG_6481.jpg

s-DSC03694.jpg
そして公式物販の等身大ももねこ様ぬいぐるみを四段重ねてみるw

s-IMG_6500.jpg
でました、うどん!
うどん県民としてこれは外せないw
食べるのが勿体なかったです。


公式の物販以外に竹原の人々が数えきれないほどのももねこ様グッズを作っていました。
商店街ならではのアイデア賞品ばかりで、目移りしてしまいました。
感じたのは、この商店街の人々がたまゆらとももねこ様を本当に好きなんだなと言うこと。
聖地と地域がタイアップしたイベントは最近全国で見かけますが、作中のキャラクターをここまで押し出して地域が乗ってきたイベントってなかなかないですよ。
制作者、ファンのみならず、地域の人も作品を愛することでこういったイベントが実現できると思うんです。
「たまゆら」って幸せな作品だと思います。

s-IMG_6551.jpg
猛暑でしたが、夕方のイベントまでの間に夏の竹原を散策。
s-IMG_6528.jpg
竹原の住吉神社では、ちょうどこの日がお祭りでした。
s-IMG_6524.jpg

s-IMG_6540.jpg
おなじみ日の丸写真館も、ちょっと違った表情に。
s-IMG_6561.jpg
この船は、アニメのOPでも登場していましたね。
夜の場面が使われていたのですが、別用でその時間までいられなかったのが残念です。
s-IMG_6572.jpg
そして夕方になり、ついにももねこ様「奉納の儀」と、トークショー。
奉納の方はシュールの一言ですねぇ、巫女姿のキャストの儀武さんと福井さんが桃を奉納w
うみゃみゃ~とか言う声が聞こえたので、ももねこ様も喜んでおられたようですww
どうやら神道でいいみたいです、ももねこ様も八百万の神の仲間入りですね!

トークショーは佐藤監督も踏まえて約1時間。
「どこから来たの~」の質問では北海道から九州まで。
沖縄はいなかった模様ですが、海外赴任から直行してきたフォロワーさんがいるのに海外が挙がらなかったのがちょっと残念でしたw
私の同郷の四国が少なかったな~、対岸なのになぁ。。

続いては「ももねこ様懺悔室」!
どうみても「ひょうきん懺悔室」ですね。(僕はその世代じゃないんですが)
ももねこ様本当に神様じゃないか。
一般の聴衆も壇上に上げて盛り上がりました。
みんないろいろ事情を抱えているんですね(切実)
タライ落としはだんだんうまくなりましたね、後ろの人頑張った!

そんなこんなでももねこ音頭のレクチャーへ。
みんな覚えてないんかいw

s-DSC03716.jpg
クライマックスのももねこ音頭。
みんなで踊りました。
竹原市役所の踊り連もあってびっくり。
最初は全体的にぎこちなかったんですが、最後の方になると上達しているのが分かりました。
キャストの皆さんも踊りの輪に入っていましたよ。
地方イベントはこうやって出演者と参加者の距離が近いのがいい所です。
なかなかシュールな光景ですが、私はある意味竹原の歴史が変わったものすごい瞬間を目撃できたと思っています。
テレビアニメと舞台の地域振興イベントの新しい形の誕生ですよ。

テレビアニメ作品から実際にお祭りをやろうという発想は金沢の「ぼんぼり祭り」でもあった事例ですが、オリジナルの音頭を実際に町のお祭りで踊ってしまうのはなかなか無い事例だと思いました。
このももねこ音頭が、どんどん大きくなるかどうかは来年以降の動きに懸っていると思います。
アニメ2期も決定したことですし、来年もあるなら規模拡大に期待します。
こんな素晴らしいファン交流イベントに参加できて本当に楽しかったです。
スタッフに、出演者に、地域の人に、たまゆらーの皆様に、そして、ももねこ様に、ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : たまゆら~hittotose~
ジャンル : アニメ・コミック

2012-07-30 : イベント参加レポート : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
香川から参加してました。参加したと言っても、他の所に行く用事もあったので、昼間だけでしたが。

これからもこういう素敵なイベントがたくさん開催されると嬉しいですね。
2012-07-31 04:33 : のりしお URL : 編集
No title
いらっしゃってたのですね~、なかなか盛り上がってましたよね。
新しい取り組みとしては成功した方だと思います。

今年もたまゆらの日イベントがあることに期待しています!
2012-08-02 07:57 : リジス URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
13位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR