「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

羊蹄丸 最後の一般公開に行ってみた

旧青函連絡船として長く活躍し、その後は船の科学館で展示されていた「羊蹄丸」
しかし昨年、船の科学館での展示を終え、解体を前に四国の新居浜にやってきました。
ここでは「にいはまに羊蹄丸がやってきた!」という題目で最後の一般公開が行われています。
せっかくの機会なのでどんな展示があるのか見に行ってきました。
展示内容は船の科学館時代と同じものが多いですが、新居浜や宇高連絡船の歴史のパネル展など新居浜独自のものもありました。

s-IMG_5481.jpg
新居浜の港に、羊蹄丸が突如姿を現します。

s-PC301060.jpg
なお、こちらが船の科学館時代の羊蹄丸。
はるばる瀬戸内までやってきたんですね。

s-IMG_5619.jpg
こちらが船の前のスペース。
週末にはB級グルメなどのイベントが開催されることがあるようです。
新居浜が力をあげてこの展示に協賛してるのが分かります。
s-IMG_5486.jpg s-IMG_5509.jpg

s-IMG_5505.jpg
エントランスです。
エスカレーターは引退後に再整備されたのでしょうか。

s-IMG_5510.jpg
シー&シップ・ワールド。
海と船の神秘を体験できるアトラクション。
船の科学館時代の「フローティングパビリオン羊蹄丸」の文字が。
s-IMG_5513.jpg
このような体験型アトラクションがあります。
イルカの背中に乗ったら、画面の水中の映像に合成されるというものも。
今見ると合成技術がちょっと貧弱かなとw
s-IMG_5514.jpg
鏡が張り巡らされており、神秘的な空間を体感できます。

s-IMG_5515.jpg

s-IMG_5517.jpg
青函連絡船時代の物産品や、昔のパネル展示。
s-IMG_5519.jpg
連絡船当時の制服や小道具、記念切符などが展示されています。
s-IMG_5572.jpg
青函ワールド。
昭和の時代の青函連絡船や青森の様子を再現しています。
一番力を入れているゾーンです。
s-IMG_5531.jpg

s-IMG_5533.jpg
昭和30年代の青森駅前を再現したジオラマ展示が行われています。
こちらは青森駅前の朝市の様子。
s-IMG_5528.jpg
当時を再現した音声をテープで流しており、臨場感が味わえる作りになっています。
今でも青森は朝市がありますが、この当時はリンゴを売っている店舗が多かったようです。
s-IMG_5541.jpg
連絡船時代の国鉄青森駅を再現したゾーン。
s-IMG_5542.jpg

s-IMG_5548.jpg

s-IMG_5545.jpg

s-IMG_5556.jpg
人も物も、リアルに再現されています。
人形がちょっとリアルすぎるかもしれませんが、表情はいきいきしていました。
音や声が聞こえてくるのが、とても臨場感があってタイムスリップしたような気分を味わえます。
s-IMG_5553.jpg

s-IMG_5560.jpg
ディーゼル機関車(DE10 30)、と客車(スハフ44 25)の展示。
s-IMG_5558.jpg
連絡船には鉄道車両をそのまま積み込んでいました。
そのゾーンの再現ですが、ここは当時の設備を残してそうですね。

s-IMG_5568.jpg
壁には青函連絡船のパネルの数々。
s-IMG_5571.jpg
機械室の様子がガラス越しに見られます。
この船は展示するにあたって当時の面影を残してない場所が少なくないのですが、機関室など公開されてないゾーンはそのままのようです。
船底ツアーがあるらしいので参加したかったですねー。
s-IMG_5577.jpg
青函連絡船を振り返るパネル展。
s-IMG_5575.jpg
青函連絡船や、高専、市の観光情報のパネル展示が行われていました。
宇高連絡船のパネル展もありました。
愛媛など瀬戸内の人々にとっては宇高連絡船は馴染みがありますからね。
s-IMG_5581.jpg
また、別子銅山の歴史のパネル展も行われていました。
s-IMG_5580.jpg
ここに来る前に別子銅山跡に寄ってきただけに見覚えのある風景もw
別子銅山の産業遺産群は本当に大事にしていきたいですね。
s-IMG_5583.jpg
甲板に出てみました。
東予と阪神を結ぶ航路の、おれんじホープが停泊しているのを確認。
s-IMG_5586.jpg
青函連絡船の荒波を幾度と越え、イタリアまで航行したことのある羊蹄丸も、今は瀬戸内海で静かな余生を送ってます。
s-IMG_5591.jpg
この通路は当時の面影を残していますね。
s-IMG_5601.jpg
救命ボート
s-IMG_5613.jpg

s-IMG_5615.jpg
旧国鉄のロゴ
s-IMG_5621.jpg
ラウンジ
s-IMG_5624.jpg
会議室
s-IMG_5626.jpg
貴賓室
s-IMG_5610.jpg
操舵室に入ってみました。
壁には計器類が並んでします。
s-IMG_5605.jpg

s-IMG_5612.jpg
船内は展示に合わせて改築されている場所が多いですが、操舵室は数少ない就航当時の雰囲気を残している場所です。

羊蹄丸の船内散策でした。
展示されているものは貴重なものが多く、今後どこかで引き続き展示してほしいと思いました。
「青函ワールド」などのジオラマはこのまま船と運命を共にするとしたら非常に勿体ないと思いましたが、どうやら「青函ワールド」は青森市に無償譲渡され、八甲田丸で公開されるそうです。
やはり青森や北海道など青函連絡船ゆかりの地域でも展示してほしいと思っただけに、安心しています。
本当は羊蹄丸も青函地域でも一般公開できればよかったかなと思いましたが、青函連絡船に関する資料を四国で見ることができたのはこちらの人々にとってとてもいい体験になりました。

羊蹄丸は船の科学館で恒久展示されると聞いてただけに解体は残念ですが、今までお疲れさまでしたと言いたいです。
関連記事
スポンサーサイト
2012-05-27 : 旅行・外出 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012-05-30 10:46 : 履歴書の資格 URL : 編集
羊蹄丸が!
今日、香川の多度津港で解体までの係留されてるのを見ました。
間近で見る勇壮な姿をしばし見入ってました。
2012-08-20 22:08 : どん URL : 編集
No title
最後の場所が地元の香川というのが何ともいえない思いがあります。
一度見に行ってみましたがあそこに係留されると大きいのが分かります。
本当に解体が惜しいですね。
2012-08-27 23:01 : リジス URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR