「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

『それが声優!』 舞台探訪(聖地巡礼) ~高松市鬼無駅~

放送中のアニメ『それが声優!』 の舞台探訪(聖地巡礼)です。
声優業界を描いた作品と言うことで、もちろん東京が舞台なわけですが、ヒロインの一人、いちごちゃんの出身がうどん県(香川県)となってるようで、実際に回想シーンで高松にある予讃線の鬼無(きなし)駅が登場しました。

srs1.png s-DSC08164.jpg
ご覧のように、完全に一致していますね。
駐車スペースの乗り合いタクシーの表記まで再現されています。
JRの文字がなぜか緑色でしたが、実際にはJR四国のカラーである水色になっています。
本当はもうちょっと引きで撮りたかったんですが、逆光でしたw
srs2.png s-DSC08162.jpg
他のシーンはあまり一致しません。
田舎の駅というイメージをされるかもしれませんが、ここは高松への通勤圏内なので農村地帯というよりか宅地開発が進んでいる地域に当たります。

この駅は人気ゲーム「桃太郎電鉄」の銅像が設置されていたり、駅舎に中華料理店が併設されていたり、切符を常備券で販売していらり、様々な層に有名な駅となっていますが、アニメに登場したことでもうちょっと話題になるかもしれませんね。
香川県出身の人気声優さんって少ないほうだと思うので、いちごちゃんを応援したいと思っています!

この記事では「それが声優!」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)あさのますみ・畑健二郎/イヤホンズ応援団にあります。
スポンサーサイト

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2015-08-29 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ヤマノススメ セカンドシーズン 舞台探訪(聖地巡礼) ~霧ヶ峰編~

夏といえば登山シーズン。
今回は登山アニメ「ヤマノススメ セカンドシーズン」より、長野県の霧ヶ峰高原の舞台探訪です。
この作品、登山がテーマとなってるだけあって、通常の装備では探訪ができません。
本格的な登山装備が必要となります。
なお、霧ヶ峰に関しては作中で初心者でも登れる山と紹介されただけあって、比較的軽装備で登れました。
しかし、山に変わりはないので、雨具や動きやすい靴など、装備は整える必要があります。
それではダイジェストで紹介していきます。
白樺湖は経由していませんw

s-IMG_1918.jpg
朝9時に車山肩駐車場をスタート。
霧ヶ峰の名前の通り、霧に覆われていました。
yss01.png s-IMG_2294.jpg
車山肩駐車場から車山に登る入口のオブジェ。(晴れているのは帰りに撮影)
作中ではここから進まずに、八島ヶ原湿原方面を回るルートです。
yss00.png s-IMG_2292.jpg
車山肩駐車場。
奥にバス停が見えるのが目印です。
車山はリフトでも登れますが、リフトを使う場合はビジターセンターのある場所からスタートになります。
ヤマノススメのルートに沿う場合はリフトを使わないのでこの駐車場を起点にしましょう。
yss03.png
作中で登場したこのまんまの経路で向かいます。
6時間ぐらい見ておいてください。
yss05.png s-IMG_1954_20150825230748a60.jpg
駐車場から湿原に向かうルート、まずは長い下りが続きます。
散策路上に岩や石が多く、歩きにくいです。
yss06.png s-IMG_1951.jpg

yss07.png s-IMG_1956.jpg
この木の橋は、下りきった沢渡エリアにあると思われます。
撮影したのは木の橋ではありませんでしたが、昨年時点では木の橋を撮影している情報があったので探せば見つかるかもしれません。
yss08.png s-IMG_1958.jpg
いったん舗装道を経て、八島ヶ原湿原手前で森が開ける辺りです。
yss12.png s-IMG_1970_20150825232035f15.jpg
この日は午前中は霧が多く、山にも雲がかかっていました。
yss13.png s-IMG_1969_20150825233127254.jpg
案内の看板。
この辺、実際の場所と作中の時系列が多少違いますが、実際に歩いた順に紹介しています。
yss09a.png s-IMG_1975_2015082523143925c.jpg

yss09.png s-IMG_1977_20150825231438a75.jpg

yss10.png s-IMG_1980_2015082523312725d.jpg
鹿の侵入帽子のための柵。
細かな表示までよく再現されています。
yss11.png s-IMG_1979.jpg
妖精が現れそうな森はちゃんとあります。
鹿が実際にいたら驚きますねw
s-IMG_1992_20150825234350a9d.jpg
八島ヶ原湿原。
今回は時間がなかったのですが、ぐるっと一周してみたいですね。
yss16.png s-IMG_1995.jpg
高山植物のイメージ。
yss17.png s-IMG_1998_20150825234007369.jpg
この辺は雰囲気で。
yss18.png s-IMG_2002_20150825234006943.jpg
キャンプ場付近。
特徴的な建物なので分かりやすいです。
この付近にトイレがありますが、ここを過ぎると車山下山まで数時間に渡ってトイレがないので、必ず寄っておきましょう。

yss20.png s-IMG_2004.jpg
完全一致ではないですが雰囲気的にここです。
yss21.png s-IMG_2010.jpg
物見岩への登り。
途中から見える湿原方面です。
yss22.png s-IMG_2009.jpg

yss23.png s-IMG_2019.jpg
登山道。
この辺もイメージです。
yss24.png s-IMG_2036.jpg
物見岩です。
ここまで狭い道で上り坂が続くので注意です。
yss25.png s-IMG_2052_20150826000046346.jpg
岩の手前の木まで再現。
yss26.png s-IMG_2040.jpg

yss27.png s-IMG_2039.jpg

yss28.png s-IMG_2045_20150826000044216.jpg
お昼は温かいものを食べました。
さすがに完全再現とはいきませんでしたがw
yss44.png CM-5T3GUAAQ1sr9.jpg
トマト料理で元気をつけました。
やっぱり山頂で食べる食事は格別ですね~!
yss29.png s-IMG_2048.jpg

yss30.png s-IMG_2050.jpg

yss32.png s-IMG_2051.jpg
物見石・塩沢と書かれた岩が名物です。
ここから車山のレーダーがようやく目視できるようになります。
まだまだ2時間近くかかります。
s-IMG_2108_201508260010244de.jpg

s-IMG_2110_201508260010234bb.jpg
この辺りから天気が回復し、青空と緑の霧ヶ峰を満喫できました!
yss31.png s-IMG_2128a.jpg
しばらく進んでから。
夢科山でしょうか。ここは蝶々深山から眺められます。
yss33.png s-IMG_2140.jpg
蝶々深山を下り始めてから、車山と湿原を一望できます。
霧ヶ峰でも最も好きな風景の一つです。
yss34.png s-IMG_2141_20150826233614111.jpg
車山レーダーをズームした構図。
yss36.png s-IMG_2156_2015082623361458d.jpg
車山湿原にて。
道の曲がり方と木の位置から反転と考えられます。
yss37.png s-IMG_2224.jpg
ここは車山の山頂付近、ロープウェイの山上駅近くから見たレーダーのカット。
s-IMG_2168_20150826235447088.jpg

s-IMG_2201_201508262354461f6.jpg
山頂の手前、かなり急傾斜の階段が続くので、ペース配分に注意して登るようにしましょう。
作中のコースを辿るならリフトは使えませんw
yss38.png s-IMG_2240.jpg
作中と同じような車山山頂の看板はありませんでしたが、似たような場所ならありました。
違ったタイプのものならいくつかありましたが。
yss39.png s-IMG_2248.jpg
レーダーのアップ。
ドーム型の構造物が特徴的です。
yss40.png s-IMG_2241_20150826233814d1e.jpg
八ヶ岳連邦方面を一望。
yss41.png s-IMG_2243.jpg

yss42.png s-IMG_2232_20150826234415dd7.jpg
作中のシーン比較はここまでです。
いつもタブレット端末と一眼レフカメラで撮影しているのですが、山を進むと言う通常とは違った行程を進むので、舞台探訪をする際にも持ち運びやすい装備を選んだほうがいいなと思いました。

s-IMG_2216_20150826235445b3d.jpg
長い道のりを進んできた我々を待っていたのは、霧ヶ峰高原の絶景の数々でした。
昼から晴天に恵まれ、いい写真をたくさん撮ることができました!
s-IMG_2221.jpg

s-IMG_2262.jpg
車山はリフトでダイレクトに登れる山ですが、はるばる歩いて登ってきたからこそ味わえる達成感と充実感がありました!
s-IMG_2267.jpg
アニメでは描かれていませんが、車山肩駐車場に戻るには山頂から下りを30分ほど進む必要があります。
ここも道の上に石や岩が転がっているので、注意して下山しましょう。
s-IMG_2301.jpg
なお、車山肩駐車場からビーナスラインを白樺湖方面にちょっと走った、車山リフトの麓にある車山ビジターセンターではヤマノススメコーナーが設置されています!
舞台となった場所のカットを撮影した写真が集められており、巡礼ノートも設置されています。
ぜひ合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。
s-IMG_2194_20150827000311c8b.jpg
以上、ヤマノススメ霧ヶ峰編の舞台探訪でした!
数時間以上歩くことは久しぶりの経験でしたが、山が見せる美しい景色は素晴らしかったです。
夏山の自然を存分に感じることができましたよ。

この記事では「ヤマノススメ セカンドシーズン」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は (C)しろ/アース・スターエンターテイメント/『ヤマノススメ』製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2015-08-27 : ヤマノススメ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

コミックマーケット88新刊のお知らせ

ご無沙汰しております。
当ブログが、ついに舞台探訪同人誌を作りました。
第一弾は、私にとって大きな影響を与えることになった「Free!」の舞台である鳥取県岩美町の巡礼ガイド本です。

c88_20150806204614ad7.png

c882a.jpg

c883a.jpg

つればし舞台散策ガイド「Free!の舞台 岩美町の歩き方」
コミックマーケット88の2日目(8月15日)に、東セ-35aにてサークル「つればし」にて頒布します。
頒布予定価格は800円です。
フルカラー44ページのボリュームになりました。
内容は「Free!」と「Free!ES」のそれぞれの舞台を、一緒にダイジェストで収録しています。
岩美町内はもちろん、大阪や横浜、シドニーまでほぼ全ての舞台情報を網羅しています。
また、作中には出てきませんが、浦富海岸に沿っての絶景ポイントを紹介。
Free!関連の岩美のイベントや、鳥取県内の周辺スポットも掲載しております。
この本を手にして、岩美まで見たことのない景色を見に行きませんか?
いきなりの初参加がコミケということで緊張しておりますが、楽しみです。
お待ちしております!

(8月17日追記)
当日は多くの方にお越し頂き本当にありがとうございました!
新刊の方は完売となりました。
冬に増刷して再販したいと思っておりますので、今しばらくお待ちください。
2015-08-06 : 同人誌情報 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
9位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR