「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2013北海道旅行記②~富良野のラベンダー畑巡り~

s-IMG_4276.jpg
7月の3連休で、北海道まで旅行に行ってきました。
今回はそのときの旅行記です。
前の記事で紹介した美瑛の丘巡りに続いて、富良野のラベンダー畑に行ってみました!
s-IMG_4237.jpg
今回は美瑛から鉄道利用でラベンダー畑駅にやってきました。
s-IMG_4482_20130926003625c24.jpg
北海道らしい壮大な雰囲気です。
臨時駅ですが、夏の連休を中心に停車列車が増えるのです。
s-IMG_4247.jpg
やってきたのはファーム富田。
有名なラベンダー畑が見られるスポットですね。
ここの最寄り駅となります。
ファーム富田へは駐車場待ちの車が大渋滞だったので、できるだけ鉄道の利用をおすすめします。
とはいえ、車でないと巡れないラベンダー畑もあるので悩みどころです…。
s-IMG_4260.jpg
7月の半ばに差し掛かって園内は見ごろを迎えており、鮮やかな紫の絨毯が広がっていました!
s-IMG_4415.jpg

s-IMG_4254.jpg

s-IMG_4306.jpg

s-IMG_4304a.jpg

s-IMG_4272.jpg
「こんな鮮やかなラベンダーは見たことがない」といった声が聞かれ、イイタイミングで来れたんだと実感しました。
s-IMG_4299.jpg

s-IMG_4289.jpg

s-IMG_4437.jpg

s-IMG_4471_20130926005448db7.jpg
ラベンダー以外にもいろんな花が植えられており、様々な花畑を堪能することができます。
s-IMG_4441_20130926005105cbe.jpg
富良野名物のメロンを食べてみました。
おいしかったです!
園内ではラベンダーソフトなども食べられます。
s-IMG_4318.jpg
このカットが、ファーム富田を一躍有名にした国鉄のカレンダーに使われたカットです。
咲き足りないのと、曇ってしまったのがやや残念です。
s-IMG_4357.jpg

s-IMG_4340_20130926005107084.jpg
ほんと、鮮やかな紫色ですね~。
奥の大雪山との調和が素晴らしいです。
s-IMG_4391.jpg
後方に富良野・美瑛ノロッコがちょっとだけ見えます。
s-IMG_4455a_20130926005449a31.jpg
花の色が模様になっていて美しいです。
s-IMG_4473.jpg

s-IMG_4467.jpg
遅咲きの方はまだ咲き足りない感じでしたが、ここも素晴らしい色になることでしょう。

s-IMG_4493.jpg
帰りはノロッコ号に乗り込んで、富良野を去りました。
s-IMG_4515_20130926222237830.jpg
ゆったりとした雰囲気の車両が、北海道の大地によく似合ってました。
真夏なのに冷房がなくても窓を開けて涼しかったのがさすがだなぁと思いました。
s-IMG_4177.jpg
場所は変わって、美瑛の北西の丘展望公園のラベンダー畑。
ここはまだまだでした…w
s-IMG_4627_20130926010112dbd.jpg
そして、こっちは翌日訪れた札幌の羊が丘展望台のラベンダー。
ここは見ごろでした!
s-IMG_4611.jpg

s-IMG_4619.jpg

s-IMG_4523.jpg

s-IMG_4579_20130926010336948.jpg
せっかくのラベンダー畑でしたが、クラーク像やヒツジとコラボさせれなかったのが残念でしたw

ラベンダーは事実上ファーム富田だけになってしまいましたが、敷地が広大なので存分に楽しむことができました。
同じ日に美瑛の丘を巡っていたので、1日でラベンダー巡りもするのは大変でしたが、かなり充実した北海道の旅になったと思います。
最終日に新千歳空港へ向かう鉄道でトラブルがあったのがオチになってしまいましたがw
人生初の北海道旅行でしたが、今度は函館や釧路なども行ってみたいです。
北海道は広大なので、また何度も訪れてみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

2013-09-26 : 旅行・外出 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 聖地巡礼ガイド 第9話 「心に灯す竹あかり、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」聖地巡礼(舞台探訪)ガイド、第9話は「町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~」のお話です。
ひととせの時のように雨の心配はなかったようですねw
今回、新規舞台はないので、町並み保存地区の新規カットと、一部去年の憧憬の路の写真を織り交ぜて紹介したいと思います。

tmym901.png s-IMG_8164.jpg
憧憬広場入ってすぐの所です。
この反対側では竹が搬入され、今年の準備が着々と進んでいました。(9月上旬)
tmym902.png s-IMG_7751.jpg
照蓮寺。
これは新カットになります。
高い一致度です。
tmym903.png s-IMG_7743.jpg
竹楽さんの前の三叉路を酒蔵交流館方面へ歩いていきます。
tmym904.png s-IMG_7746.jpg
酒蔵交流館前です。
tmym905.png s-IMG_7744.jpg

tmym906.png s-IMG_7745.jpg

ここからは、憧憬の路の竹灯りの場面になります。
カットの一致はしていませんが、去年撮影の写真より同様のシーンを紹介します。
tmym907.png s-IMG_2107_20130923200233485.jpg
竹楽さん裏の広場です。
tmym908.png s-IMG_2068.jpg
よく似た位置から撮影してたものですw
tmym909.png s-IMG_2216_20130923200235d3f.jpg
照蓮寺前。
ここはひととせでも登場したので、似たアングルの写真が多数ありました。
tmym910.png s-IMG_2201_20130923200233606.jpg
境内から見下ろす写真です。
ここの竹灯りは毎年変わるので、どうやら2012年の憧憬の路のものをモデルにしたようですね。
ちなみに憧憬広場の場面は撮影できてませんでしたので、以上です。
tmym911.png s-DSC07075_20130923200759ba7.jpg
竹原駅です。
tmym912.png s-IMG_7714_20130923195912b36.jpg
駅舎内の待合所です。

今回は新カットは少なかったのですが、話の内容がすごくよかったので印象深い回になりました。
憧憬の道は、2013年は10月26日(土)27日(日)、11月2日(土)3日(日)の4日間に渡って開催されます。
とくに11月上旬はたまゆらの日のイベントと重なっているので、見る機会のある方も多いことでしょう。
s-IMG_2264.jpg
去年の憧憬の路の様子は、次の記事で紹介しております。↓
たけはら憧憬の路2012 散策記

【たまゆら~もあぐれっしぶ~ 舞台探訪】
1話  2話  3話  4話  5話  6話(竹原・音戸)  6話(尾道・三原)  7話  8話  9話  10話  11話  12話

この記事では「たまゆら~もあぐれっしぶ~」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2013佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会にあります。

テーマ : たまゆら ~もあぐれっしぶ~
ジャンル : アニメ・コミック

2013-09-23 : たまゆら~もあぐれっしぶ~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 聖地巡礼ガイド 第11話 「今年もありがとう、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」聖地巡礼(舞台探訪)ガイド、第11話は2回目の「私たち展」と、年越し~初日の出のお話です。
新学期が始まったかと思えば、ここまであっという間ですね。
旧笠井邸と須波海浜公園が多く新カットが登場です。

【旧笠井邸】
私たち展の会場となりました。
tmym1101.png s-IMG_8197_20130920220606fcb.jpg
会場は2階。
すっかりおなじみの竹原有数の木造旧家です。
tmym1132.png s-IMG_8203.jpg

tmym1102.png s-IMG_8195_20130920220857f72.jpg
今まで内部の様子をあまり紹介できてなかったので今回は多めに紹介したいと思います。
tmym1103.png s-IMG_8202.jpg
こましゃくれ無しですw
tmym1104.png s-IMG_8194_20130920220856962.jpg

tmym1105.png s-IMG_8193.jpg

tmym1106.png s-IMG_8192.jpg
ちょっと急な階段。
ここもうまく再現されています。
tmym1108.png s-IMG_8190.jpg

tmym1109.png s-IMG_8191.jpg
玄関から階段までの間のスペース。
竹原グッズも並んでいます。
ここは初登場ですね。
tmym1110.png s-IMG_8210_201309202217245d7.jpg

tmym1111.png s-IMG_8189.jpg
冬場に毛布だけで寝てたら風邪引きそうですw
tmym1112.png s-IMG_8198.jpg
本番。
麻音のステージの背景は宮島ですね。
tmym1131.png s-IMG_8201.jpg
賑わってますね。
私も数年前に舞台探訪クラスタの発表会で集まった場所なので印象深いです。
tmym1113.png s-IMG_8200.jpg
何となくこのカット好きですね~。
tmym1114.png s-IMG_8199.jpg
ファイナルはももねこ様で終了。

【蓮照寺】
今年も年越しはここでした。
tmym1115.png s-IMG_8181_201309202224548dc.jpg

tmym1116.png s-IMG_8184.jpg

tmym1117.png s-IMG_8185.jpg
今年はかなえちゃんも加わりましたね。

【須波海浜公園】
初日の出を見た場所です。
今回は、実際に日の出に合わせて行ってみました!w
日の出時には雲が出てることも少なくないので、かなりいい写真が撮れたと思います。
tmym1118.png s-IMG_8067.jpg
公園入口の看板。
再現度高いです。
ここは、一番三原市街地側の駐車場の入口です。
tmym1119.png s-IMG_8273_20130920224309218.jpg
砂浜は南北に2つあるうちの北側。
6話で登場した砂浜とは違う方です。
tmym1121.png s-IMG_8076.jpg

tmym1123.png s-IMG_8071_20130920224308332.jpg
同じように撮るには足場が悪いところに登らないといけないので十分注意してください。
tmym1124.png s-IMG_8237.jpg
すなみ海浜公園からの日の出!
美しいとしか言いようがないですね。
早起きして来てよかったです。
もちろん初日の出のものではないので登ってくる位置は違います。
tmym1125.png s-IMG_8244a.jpg
登ってくる山のラインが異なるので、反転して雰囲気を似せています。
tmym1126.png s-IMG_8249.jpg
このシーンは感極まりますよねー。
tmym1127.png s-IMG_8240.jpg

tmym1128.png s-IMG_8252.jpg

tmym1129.png s-IMG_8250_2013092022515467f.jpg
朝焼けが実に美しいです。
tmym1130.png s-IMG_8256.jpg
初日の出のときも、これぐらいはっきりと朝日が見れたらいいですね!
s-IMG_8258.jpg
なお、カットの様子から想像するに冬場はこの辺から日が昇ってくると思われます。
s-IMG_8226.jpg

s-IMG_8245_20130920230207657.jpg
竹原付近に来られた際には、ちょっと早起きして須波で日の出を見てみるといいですよ~。

【たまゆら~もあぐれっしぶ~ 舞台探訪】
1話  2話  3話  4話  5話  6話(竹原・音戸)  6話(尾道・三原)  7話  8話  9話  10話  11話  12話

この記事では「たまゆら~もあぐれっしぶ~」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2013佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会にあります。

テーマ : たまゆら ~もあぐれっしぶ~
ジャンル : アニメ・コミック

2013-09-20 : たまゆら~もあぐれっしぶ~ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 聖地巡礼ガイド 第12話(終) 「そして…旅立ちの季節、なので」

長らくお送りしてきました「たまゆら~もあぐれっしぶ~ 聖地巡礼ガイド」もいよいよ最終回です。
(記事作成の都合上の挨拶です。未作成の話数の探訪記事更新は行います)

最終話では、ウサギの島、大久野島が登場しました。
この島は国民休暇村となっており、広島県民にとってはキャンプのアウトドア型体験ができる島として知られています。
第二次世界大戦以前の産業遺産や戦争遺産など歴史的遺構も多く残されており、まさに魅力満載の島です。
たまゆらの最終話では、この島の展望台がぽってのお母さんとお父さんの思い出の場所として登場しました。

今回の舞台探訪にあたって、放送から24時間以内の記事更新に成功しましたw
普段は平日に休めないのでこういった最速探訪とは無縁なのですが、最後の最後で意地を見せることができました。
午前中しか動けなかったのですが、天候にも恵まれ、いい探訪日和となりました。

【竹原歴史民俗資料館】
tmym1227.png s-IMG_8851.jpg
意外にもこの建物の外観が出てきたのは初めてな気がします。

【国道185号・高崎洞門】
tmym1201.png s-IMG_8283.jpg
竹原から忠海港へ向かう途中に通るトンネル。
この写真は的場海水浴場から撮影できます。
tmym1229.png s-IMG_8861.jpg
洞門内を通過中。
tmym1202.png s-IMG_3749.jpg

tmym1228.png s-IMG_8870.jpg
海沿いの国道を東へ向かうシーンのイメージ。
別の日に助手席より撮影。

【休暇村大久野島】
ここからいよいよ大久野島の舞台紹介です。
アニメではいきなりこの場所が登場していますが、忠海港からフェリーか旅客船に乗る必要があります。
大人往復600円です。

tmym1203.png s-IMG_8334.jpg
休暇村の建物の前です。
ここまでは桟橋からシャトルバスが船に合わせて運行されています。
残念ながら工事で様子が変わってしまっています。
s-IMG_1521_20130919173746758.jpg
2012年3月に訪れたときのこの辺りの写真です。
劇中と同じベンチや柵などが確認できるのが分かります。
ただ木の様子まで一致してたかは不明です。
tmym1204.png s-IMG_8314a.jpg
建物にあわすと背後が合いません。
tmym1205.png s-IMG_8311_201309191742094d6.jpg
背後は休暇村の建物。
宿泊できます。
tmym1206.png s-IMG_8315.jpg
ウサギの餌を与えるとすぐに寄ってきます。
与えなくても人が近づくと寄ってきてくれます。
tmym1207.png s-IMG_1504_20130919174133765.jpg
餌を与えるとウサギが団子になりますw
tmym1209.png s-IMG_8312.jpg

【展望台(展望園地)】
いよいよクライマックスの展望台へ。
登山道は幾つかありますが、自分は第二桟橋付近にある発電所跡の横の道から登ってみました。
舗装されていて登りやすかったです。
tmym1210.png s-IMG_8396_201309191822450dc.jpg
展望台までは徒歩20分程度でした。
瀬戸内の雄大なパノラマが姿を現します!
tmym1211.png s-IMG_8397.jpg

tmym1212.png s-IMG_8398.jpg
たまゆらでは多数の展望台が出ていますが、私が探訪した時は悪天候率が高く、瀬戸内のパノラマを堪能したと言うことは少なかったのですが、今回は文句なしの快晴+視界良好でした!
tmym1213.png s-IMG_8399.jpg
後ろの鉄塔は海を越えて本州と四国を結ぶ中四幹線の送電線を支えています。
tmym1214.png s-IMG_8401.jpg
足場には周囲の地図がペイントされています。
tmym1216.png s-IMG_8404.jpg
高さが足りません。
tmym1217.png s-IMG_8405_20130919183157953.jpg
回想シーン。
夜遅くなると船便がなくなってしまいます。
tmym1219.png s-IMG_8406.jpg

tmym1220.png s-IMG_8408.jpg
島の形は特徴的なものは一致していますが細かいところまでは合いません。
tmym1221.png s-IMG_8395.jpg
晴天だと何度も見直したくなる絶景ですね。
tmym1222.png s-IMG_8409_20130919184117118.jpg
ローアングル斜めの高難易度ですが、あまり人がいないので大丈夫でしょう。
tmym1223.png s-IMG_8463.jpg

tmym1224.png s-IMG_8410.jpg
ここも残念ながら高さが足りません。
最終回のシーンは本当によかったです。
tmym1225.png s-IMG_8393.jpg
最後に展望台の引きのアングルで大久野島の舞台巡りは終了です!

s-IMG_8489.jpg
ちなみに背景に移っている鉄塔、なんと日本一の高さなんです。
標高100メートル程度の山頂付近に、なんと高さ226メートルの送電用鉄塔があります。
s-IMG_8377.jpg
美しい山や海、
s-IMG_8379_20130919184839c72.jpg
産業遺産、(これは発電所跡)
s-IMG_1502_20130919184838171.jpg
そしてウサギ。
大久野島は魅力満載の島でした!
前回訪れたときのブログ記事もありますの参考にしてください↓
うさぎと産業遺構の島・大久野島に行ってみた

最後に、たまゆら~もあぐれっしぶ~最終回の大久野島らしい画像を紹介して締めくくりたいと思います。
s-IMG_8325.jpg

たまゆらは、OVAの頃にはTVアニメ、それも2期までやってくれるとは思ってもいませんでした。
竹原は、作品によって大きくイメージが変わりました。
多くの人と知り合えることができました。
舞台探訪の道を進むきっかけになったのもこの作品でした。
本当に「ありがとう」にふさわしいラストになりました。
ここで終わらずに、ぜひぽって達の卒業まで描いてほしいと思います。

【たまゆら~もあぐれっしぶ~ 舞台探訪】
1話  2話  3話  4話  5話  6話(竹原・音戸)  6話(尾道・三原)  7話  8話  9話  10話  11話  12話


より大きな地図で たまゆら~もあぐれっしぶ~ 聖地巡礼地図 を表示

この記事では「たまゆら~もあぐれっしぶ~」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2013佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会にあります。

テーマ : たまゆら ~もあぐれっしぶ~
ジャンル : アニメ・コミック

2013-09-19 : たまゆら~もあぐれっしぶ~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

たまゆら~もあぐれっしぶ~ 聖地巡礼ガイド 第8話 「あの日の遠い約束、なので」

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」聖地巡礼(舞台探訪)ガイド、第8話は竹原の花火大会のお話です。
場所に関してはひととせと同じJ-power(電源開発)の発電所敷地内のほかに、新たにバンブージョイハイランドが登場しています。

【町並み保存地区】
前半は学校と保存地区がメイン。
町並み保存地区は基本的に新規カットのみの掲載としていきます。

tmym701.png s-IMG_8165.jpg
ここはお抱え地蔵の辺りから町を見おろした場所です。
tmym700.png
竹楽さん裏の広場。
現在芝生整備中のため立ち入れません。

【大乗駅】
tmym702.png s-IMG_8088.jpg
初登場の大乗駅。
花火大会会場までは最寄り駅となります。
ぽっての家のある設定の場所の最寄り駅でもあります。

【花火大会会場(J-power・電源開発発電所敷地内)】
tmym704.png s-IMG_5122.jpg
ここは花火大会開催時以外は閉鎖されて立ち入り禁止になっています。(柵の外側から撮影)
現地を同じアングルから撮影したいなら花火大会当日以外は不可能ですが、当日は人が多そうでこれがまた難しい。
2013年の花火大会は雨天中止になっちゃったんですよね。
劇中に描かれている桟橋は上記の場所からは見えませんが、グラウンド側からもうちょっと奥側に進むとフェンス越しに姿を確認できます。
ひととせの使い回しのカットですが、敷地内は新カットもあるようです。

【J-powerグラウンド駐車場】
tmym703.png s-IMG_8094.jpg

tmym705.png s-IMG_8098.jpg

tmym706.png s-IMG_8096.jpg
駐車場のカットは立入制限区域外なので、いつでも行けます。
グラウンドではスポーツ大会がよく行われているので一般客の利用も多いです。

【バンブージョイハイランド】
もあぐれっしぶ三度目のバンブージョイです。
今回は花火大会観覧ポイントとして登場。
tmym707.png s-IMG_8099.jpg
案内板は変わっています。
tmym708.png s-IMG_8104.jpg
貯水池。
手前の花も入れてみました。
tmym709.png s-IMG_8100.jpg

tmym710.png s-IMG_8102.jpg

tmym711.png s-IMG_8107.jpg

tmym712.png s-IMG_8134.jpg
写真カット4つ。
穏やかな公園内の様子が伝わってきますね。

【バンブージョイハイランド・憩いのレンガ道~展望台】
tmym713.png s-IMG_8114.jpg

tmym714.png s-IMG_8117_20130918204651411.jpg
憩いのレンガ道登り口です。
4話でも登場しましたが、今回はここから登ります。
tmym715.png s-IMG_8118.jpg

tmym716.png s-IMG_8119.jpg
階段はレンガが敷き詰められて整備されています。
そこまで大変と言うことはなかったです。
tmym717.png s-IMG_8130_20130918205359b1e.jpg

tmym718.png s-IMG_8127.jpg
登った先の展望スペースです。
ここで花火を見ます。
tmym720.png s-IMG_8124.jpg

tmym721.png s-IMG_8121.jpg

tmym722.png s-IMG_8132_20130918205359494.jpg
残念ながら視界不良でしたw
tmym723.png s-IMG_8131.jpg
ここから見る竹原の花火、さぞ美しいことでしょう。
2013年は残念ながら中止でしたが、来年はここで見てみたいですね。
たまゆら効果で新たな花火観覧スポットが誕生しそうです。

【たまゆら~もあぐれっしぶ~ 舞台探訪】
1話  2話  3話  4話  5話  6話(竹原・音戸)  6話(尾道・三原)  7話  8話  9話  10話  11話  12話

この記事では「たまゆら~もあぐれっしぶ~」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2013佐藤順一・TYA / たまゆら製作委員会にあります。

テーマ : たまゆら ~もあぐれっしぶ~
ジャンル : アニメ・コミック

2013-09-18 : たまゆら~もあぐれっしぶ~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
12位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。