「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

リニア・鉄道館に行ってきました

1月に、名古屋市にある「リニア・鉄道館」に行きました。
リニアモーターカーの実験車両をはじめ、新幹線から機関車まで新旧の車両が展示されているということで、一度行きたいと思っていました。
この日は3連休の中日で家族連れなどで大混雑していました。
そのためあまり満足のいくようには撮影できていませんが、それでも十分でした。
鉄道車両の撮影メインで、落ち着いて観賞したい方は、平日の入場をお勧めします。

今回は伊勢神宮方面から名古屋にアプローチし、あおなみ線に乗り換えて金城ふ頭駅へ。
s-DSC02434.jpg
この橋が見えたらもうすぐそこです。
s-DSC02441.jpg

s-DSC02442.jpg
金城ふ頭駅から歩いてすぐの所に「リニア・鉄道館」があります。
JR東海が保有する車両を中心に、ここに全国から新旧の鉄道車両が集まっています。
s-DSC02600.jpg
入ってすぐのところの展示場。
さっそく各時代のシンボルの車両たちが姿を現します!
s-DSC02443.jpg
C62形蒸気機関車
1950年代に特急列車を牽引していたかつての最速車両です。
s-DSC02446.jpg
955形新幹線試験電車
新幹線の実験車両。
時速400Km以上を記録したこともあります。
s-DSC02450.jpg
MLX01形リニア車両
山梨の実験線で世界最高速度を記録したこともある次世代の車両。
「愛・地球博」でも展示されていました。

s-DSC02585.jpg
シンボルの展示室から進んだ先には、各所で活躍した車両たちが姿を現します。
こちらも日本の成長とともに歩んできた、各時代のシンボル的な車両たちです。

s-DSC02476_20120219202712.jpg
300系新幹線電車
初代のぞみ号として活躍しました。
s-DSC02477.jpg
100系新幹線電車
1980年代に投入され、食堂車や個室、ラジオ放送など多彩なサービスを提供してきました。

これら二つの新幹線車両は、来月3月をもって東海道山陽新幹線から引退することになります。
s-DSC09367_20120219213359.jpg
100系・300系が走る雄姿は、リバイバル運転などを除くともう見られなくなるのですねー。
※100系新幹線、山陽新幹線三原駅にて撮影

s-DSC02489.jpg
0系新幹線電車
初代新幹線電車。
先頭部の丸い鼻が特徴的でした。
s-DSC02070.jpg
ちなみに0系新幹線の運転台はこんな感じ。
計器類がかなり古いタイプですが、ほんの10年ほど前までは現役でした。
※運転台は、愛媛県の鉄道歴史パークにて撮影

s-DSC02493.jpg
922形新幹線電気・軌道総合試験車(ドクターイエロー)
新幹線の保守・点検にあたった黄色のボディが印象的な車両です。
今は700系ベースの黄色のボディの車両がその役割を担っています。

s-DSC02507.jpg
こちらは新幹線の座席。
まだ記憶に新しいという方も多いでしょうが、引退によって将来的には過去のものとなってしまいます。
s-DSC02501_20120219204611.jpg
車軸も展示されていました。
こんなに大きいのですね。
s-DSC02510.jpg
100系新幹線の2階建て車両も展示されていました。
中に入ることができます。
通路はこんなに狭かったのですね。
s-DSC02515.jpg

s-DSC02516.jpg
食堂車の入り口。
階段を上った先の2階にあります。
私は新幹線の食堂車は利用したことが無いのですが、利用したことある方にとってはこの光景を見ると懐かしさと空腹感を思い出すことでしょう。
s-DSC02511_20120219205146.jpg
こちらが調理室です。
s-DSC02517.jpg
食堂車の光景。
お洒落な雰囲気と、意外と簡素な設備といった印象です。
今の新幹線には食堂車の設備はありませんが、速さだけではなく、ゆったり旅をするよさを味わうことも大事だと思います。
このころの新幹線には、今とは違った「夢」が詰まっていたと思います。


戦前の日本の成長を支えてきた鉄道車両も保存されています。
s-DSC02481_20120219205418.jpg
モハ1形電車
鉄道省が製作した木製電車で現存する唯一の車両。
昭和初期に登場しました。
s-DSC02480_20120219205419.jpg
モハ52形電車
戦前に関西圏で急行電車として活躍しました。
s-DSC02527.jpg

s-DSC02534.jpg
戦前に造られた車両の内部って、レトロというか洒落た感じが好きです。
戦後の高度成長の時代や、現代の車両にはなかなか再現できない良さがあります。
s-DSC02539.jpg
C57形蒸気機関車
1937年登場の機関車。
こちらの車両はお召列車に使用されたこともあるそうです。


s-DSC02495.jpg
戦後の高度成長期を担ってきた国鉄時代の車両たちもずらり。

s-DSC02500.jpg
キハ82系気動車
高山本線などで活躍。
s-DSC02486_20120219202710.jpg
クハ381系電車
しなの号として中央本線で活躍。
s-DSC02498.jpg
クロ381系電車
パノラマを意識した車両に。
ワイドビュー車両の流れが出来上がってきました。

s-DSC02568.jpg
屋外展示場に移動。
ケ90形軽便用蒸気機関車
大正時代に活躍した機関車です。
s-DSC02570.jpg
117系電車
かつて新快速電車として、シティライナーや東海ライナーの愛称で親しまれた車両です。
・・・ってこの車両、山陽地区ではおもいっきり現役ですよw
國鐵廣島広島エリアや、岡山エリアのサンライナーとしてまだまだ活躍中です。
東海エリアでは懐かしい車両に入るんでしょうねー;;
s-DSC02572_20120219212808.jpg
なおこの車内では飲食可能です。
よく乗っているからどうにも懐かしみが無いw

s-DSC02598.jpg
国鉄バス第1号車(省営バス)
国鉄バスの車両も展示してありました。
ボンネットバスいいですねぇ。
s-DSC02587.jpg
腕木式信号機もちゃんと展示してありました。
鉄道車両がたくさんあって、まさに夢の空間でした。

s-DSC02565.jpg
メインは車両展示ですが、壁際には模型やパネルを使った鉄道の資料が多数展示されており、いい勉強になりました。
また、二階には日本の鉄道の歴史を展示した資料室もあり、非常に充実していました。
分かりやすかったです。
子供たちには、車両を運転するシミュレーターが人気でした。
あまりの盛況ぶりに、この日は抽選での運転となっていました。
オリジナルの弁当も食べたかったのですが、早々に完売してましたw

まだまだ車両を紹介したかったんですが、滞在時間の関係や人が多すぎてまともに撮影できなかったのでここまでです。
入場料は1000円と、高いと感じますが、この展示内容を見ると1000円でも安く感じるほどの充実度でした。
新旧の鉄道車両が並んでおり、年配の方々には懐かしいと、子どもたちには新鮮に感じられたことでしょう。
正式名称の「リニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜」という名にふさわしい空間だと思います。
鉄道ファンのみならず、いろんな人に見てほしい博物館だと思いました。
スポンサーサイト
2012-02-19 : 旅行・外出 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

めくりめくる 舞台めぐりガイド -玉島エリア-

岡山県倉敷市周辺が登場する漫画「めくりめくる」の舞台紹介です。
コミックガムと倉敷市がまとめている倉敷ガイドマップのエリアごとに紹介していきます。
ここでは、「玉島エリア」を紹介します。

【ドラム缶橋】(倉敷市立玉島図書館前)
■2巻中表紙
mm2n.jpgs-IMG_0766.jpg
玉島図書館前のドラム缶橋。
本当にドラム缶を浮かべて作っていました。
s-IMG_0773.jpg
昔ながらの住宅街や池とマッチしていい雰囲気です。
倉敷の隠れた名所ですね。
s-IMG_0772.jpg
こちらが玉島図書館です。

【沙美海岸】
■Chapter3
s-DSC02610.jpgs-IMG_0730.jpg

s-DSC02611_20120205095205.jpgs-IMG_0751.jpg
防波堤に関しては、あまり一致していません。
作中と同様、釣りをする人の姿が見られました。
反対側にもあったから、そっちがモデルかもしれません。
s-DSC02613.jpgs-IMG_0745.jpg
海岸沿いの、階段の様子などが一致しています。
s-IMG_0733.jpg
やはりこの海岸の名前を聞くと「天地無用!」の砂沙美を連想してしまいますw
s-IMG_0741.jpg
対岸には、水島工業地帯が見えます。
何十社もの企業の工場がずらっと広がっています。
児島あたりから走ってきましたが、ここは広いですねー。

【めくりめくる 舞台めぐりガイド】
「倉敷エリア中心部(美観地区周辺)」

「児島エリア」

この記事では「めくりめくる」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。
2012-02-05 : めくりめくる : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

めくりめくる 舞台めぐりガイド -児島エリア-

コミックガム連載中の漫画「めくりめくる」の舞台紹介です。
岡山県倉敷市周辺が舞台となっています。
3巻の発売を前に、更新を再開したいと思います。
この作品については、舞台探訪記事と言うよりかは舞台紹介記事としてまとめてきたいと思っています。
(以前作成の記事も再編集予定)
まとめ方については、巻数ごとではなく、コミックガムと倉敷市がまとめている倉敷ガイドマップのエリアごとに紹介していきます。
ここでは、「児島エリア」を紹介します。

【鷲羽山展望台】
(クリアファイルバッグ)
s-s-IMG_0801.jpgs-xIMG_0666.jpg
鷲羽山展望台です。
児島ICより車で約5分、無料駐車場があります。

s-IMG_0728.jpg
瀬戸大橋を一望できるスポットとして有名です。
s-DSC02826.jpg
下津井瀬戸大橋
s-IMG_0685.jpg
岩黒島橋、櫃石島橋(斜張橋)
s-IMG_0696.jpg
南北備讃瀬戸大橋
s-IMG_0691.jpg
遠くには四国・坂出の「番の州工業地帯」が見えます。
望遠レンズだとよく見えますねw
それにしても煙出すぎである。
s-IMG_0208.jpg
ちなみに四国側から見た瀬戸大橋(瀬戸大橋記念公園)

s-DSC02873.jpg
鷲羽山と言えば、瀬戸大橋の見える遊園地「鷲羽山ハイランド」が有名です。
あと漫画では「天地無用!」にもゆかりのある場所です。

502346047.jpg
こちらの写真は、岡山の地下街で撮影したものですが、岡山県内の観光地紹介のパネルに「めくりめくる」のこのカットが使われています。
ちなみに他のパネルはずれも実写の写真です。
岡山ではかなり注目度が高いことが分かります。


児島エリアは、まだ本編に登場していないのですが、クリアファイルバッグの背景として登場したのみです。
倉敷市のマップでは、ジーンズミュージアムも番号が割り振られているので、将来的に登場することに期待です。

【めくりめくる 舞台めぐりガイド】
「倉敷エリア中心部(美観地区周辺)」

「児島エリア」

「玉島エリア」
2012-02-01 : めくりめくる : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR