fc2ブログ
「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第5話「ちひろちゃんがきてくれたよ! なので」

「たまゆら~hitotose~」聖地巡礼(舞台探訪)ガイド、5話の舞台紹介です。
今回のお話は、横須賀の汐入からちひろがぽって達に会いに竹原にやってくるというお話です。
保存地区~忠海、黒滝山にかけてが主な舞台です。

tmyh501a.pngs-DSC01238_20111221203808.jpg

tmyh538.pngs-DSC01245.jpg
冒頭のシーン。
ちひろが忠海駅で間違って降りてしまう場面。
ぽってがいるのは竹原駅です。

tmyh501_20111113220311.pngs-DSC01431_20111221203809.jpg
そして、ちひろが降りた忠海駅。(5-1)
tmyh540.pngss-sDSC01504.png
パネルの再現度は頑張ってるけど、駅の数が半分以下になってますぜ。
tmyh541.pngs-DSC01428_20111221203809.jpg

物語は竹原へ。
tmyh502.pngs-DSC09446.jpg

tmyh503.pngs-DSC09447.jpg

tmyh504.pngs-DSC09449_20111113215019.jpg

tmyh505.pngs-DSC09450.jpg
保存地区、旧笠井邸前です。(5-2)
tmyh506.pngs-DSC09454.jpg

tmyh507.pngs-DSC09455.jpg
茶房ゆかり。

tmyh508.pngs-DSC02999_20111113220007.jpg

tmyh508a.pngs-DSC09451.jpg

tmyh509.pngs-DSC09452.jpg

tmyh510.pngs-DSC09453.jpg
お好み焼き屋、ほり川。
このあたりはよく登場する場所です。
tmyh511.pngs-DSC04225_20111113220006.jpg
お抱え地蔵。(5-3)
昨年にOVA舞台探訪の時に撮ったものですが一致するので使い回しかな。
OVAカットと同じアングルはところどころ見られます。
tmyh577.pngs-DSC09879_20120122192828.jpg
ももねこ様カットは、お抱え地蔵に登る途中の道にあります。

tmyh512.pngs-DSC09439.jpg

tmyh513.pngs-DSC09441x.jpg
松屋二重焼店。(5-4)
こちらは初登場。
道の駅たけはらの近くです。
橋のカットが改修前のものなのでロケハンはOVAの時に行っていたのでしょうか。

tmyh515.pngs-DSC09478.jpg

tmyh516.pngs-DSC09467.jpg
続いては普明閣へ。
西方寺の隣です。
tmyh517.pngs-DSC09476.jpg

tmyh518.pngs-DSC09475.jpg

tmyh519.pngs-DSC09469.jpg

tmyh520.pngs-DSC09473.jpg

tmyh521.pngs-DSC09470.jpg

tmyh522.pngs-DSC09471.jpg
ここはももねこ様の出現率が高そうですね。

s-DSC09464_20111113232210.jpg
普明閣から見た竹原の夕焼けです。
ちょうど撮影時夕暮れだったので。

tmyh523.pngs-DSC09462.jpg

tmyh524.pngs-DSC09463.jpg
西方寺石段。
今回は幅が(ry


tmyh525.pngs-DSC09435.jpg

tmyh526.pngs-DSC09436.jpg

tmyh527.pngs-DSC09437.jpg
道の駅たけはら前です。(5-5)
ここから忠海は普通には歩ける距離ではありませんw

tmyh528.pngs-DSC01423_20111221213636.jpg

tmyh544.pngs-DSC01412_20111221213632.jpg
途中休憩した場所は、「エデンの海」パーキングエリア。(5-6)
忠海駅から国道沿いに西に向かった所にあります。
tmyh545.pngs-DSC01413_20111221213632.jpg

tmyh546.pngs-DSC01414.jpg

tmyh547.pngs-DSC01416_20111221213631.jpg

tmyh548.pngs-DSC01417_20111221213628.jpg

tmyh549.pngs-DSC01419_20111221214216.jpg

tmyh550.pngs-DSC01420_20111221214215.jpg

tmyh551.pngs-DSC01421_20111221214215.jpg
晴れていると瀬戸内海が見渡せていい休憩場所です。
なぜ「エデンの海」なんて素敵な名前かというと、この忠海周辺が若杉慧原作の映画「エデンの海」の舞台となったためだそうです。
ちなみに「エデンの海」と聞いて「MOTHER2」を思い浮かべた人は僕と握手!

一行は、いよいよ黒滝山に登り始めます。
tmyh552.pngs-DSC01453_20111221215339.jpg

tmyh553.pngs-DSC01445.jpg

tmyh554.pngs-DSC01446.jpg

tmyh555.pngs-DSC01450.jpg

tmyh556.pngs-DSC01454.jpg

tmyh557.pngs-DSC01440.jpg


tmyh558.pngs-DSC01435.jpg

tmyh560.pngs-DSC01455_20111221215338.jpg
2時間以上歩いてここまでやってきて、さらにこの坂を登るとはなんて健脚なんでしょう。
設定夏だから相当暑いだろうに…。

tmyh561.pngs-DSC01433.jpg
黒滝山登山道の看板。
車でこのあたりまで来れるので、だいたいの方はここから登り始めます。
tmyh562.pngs-DSC01457.jpg

tmyh563.pngs-DSC01458.jpg

tmyh564.pngs-DSC01459_20111221215958.jpg
4分で支度しな!
tmyh565.pngs-DSC01460.jpg


tmyh566.pngs-DSC01461.jpg

tmyh567.pngs-DSC01462.jpg

tmyh568.pngs-DSC01464.jpg

tmyh529.pngs-DSC01467_20111221220540.jpg
ようやく見えてきました、黒滝山の登山道途中、第一休憩所さくら堂です。(5-7)
ここがこの日の終着点。
正直山頂まで登られたらどうしようかと思いました、舞台めぐり的にw

tmyh573.pngs-DSC01470.jpg

tmyh570.pngs-DSC01473.jpg

tmyh571.pngs-DSC01471.jpg
劇中と同じ夕方。
日暮れの瀬戸内が美しいです。
tmyh572.pngs-DSC01472.jpg

tmyh574.pngs-DSC01475.jpg

tmyh575.pngs-DSC01468.jpg
歩いてここまで来ると達成感は大きなものになるでしょう。
実際に夏に歩くのなら、熱中症対策はしっかりとしてくださいねw

tmy527_20111221221437.pngs-DSC01643_20111221221422.jpg
ちなみに、黒滝山の山頂はOVAのOPに登場しています。
登るには20分程度です。


tmyh530.pngs-DSC09145.jpg

tmyh531.pngs-DSC09146.jpg

tmyh532.pngs-DSC09148.jpg

tmyh534.pngs-DSC09149.jpg
ちひろとお別れするシーン、竹原駅ホームです。

【たまゆら~hitotose~ 舞台探訪】
OP  1話(竹原)  1話(汐入)  2話  3話  4話  5話  5.5話  6話A  6話B  7話  8話  9話A  9話B  10話  11話  12話


より大きな地図で たまゆら~hitotose~聖地巡礼地図 を表示

5話の初登場の舞台は、marker1_20111116002735.pngのマーカーで表示しています。
スポンサーサイト



テーマ : たまゆら~hittotose~
ジャンル : アニメ・コミック

2011-11-13 : たまゆら~hitotose~ : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第6話(Bパート)「そしてある日のこと、なので」

「たまゆら~hitotose~」聖地巡礼(舞台探訪)ガイド、6話の後半です。
前半と同様に麻音の過去のエピソードにスポットを当てています。
今回は中学生の頃なので、2009年(約2年前)の設定です。

tmyh6b01.pngs-DSC09457.jpg
下校中の麻音。
酒蔵交流館前です。(6-6)
tmyh6b02.pngs-DSC09459.jpg

tmyh6b03.pngs-DSC09460_20111113194237.jpg
ももねこ様を探して。
ここは「憧憬の広場」前。
キービジュアルの場所ですね。(6-7)
tmyh6b04.pngs-DSC09445.jpg
新港橋の方向へ。(6-8)
tmyh6b05.pngs-DSC09442_20111113194236.jpg
ももねこ様ヘルメット状態にw
tmyh6b06.pngs-DSC09443.jpg

tmyh6b07.pngs-DSC09786_20111123180606.jpg

tmyh6b08.pngs-DSC01266.jpg

tmyh6b36.pngs-DSC01272_20120122191451.jpg

tmyh6b38.pngs-DSC01270.jpg
二人で下校。
商店街、あいふる316。(6-9)
お店は実在のものではないようです。

tmyh6b09.pngs-DSC09170.jpg
踏切で電車待ち。
市街地と竹原港を結ぶ国道の高架下です。(6-10)
s-DSC09169.jpg
竹原なのに汐入。
こんなところにも素敵な不思議が。
tmyh6b10.pngs-DSC09162.jpg

tmyh6b11.pngs-DSC09163.jpg

tmyh6b12.pngs-DSC09167.jpg

tmyh6b13.pngs-DSC09165.jpg

tmyh6b14.pngs-DSC09156.jpg
さきほどの踏切の橋を渡った先。(6-11)
この辺のカットは再現度が高いです。
tmyh6b15.pngs-DSC09159.jpg
麻音達は市街地から竹原港方面へ向かって歩いているのですが、登場する場所は前後しているので、ある程度行ったり来たりする必要があります。
tmyh6b16.pngs-DSC09158.jpg
三井金属竹原製煉所の煙突。(6-12)
竹原のシンボルの一つでもありますね。
tmyh6b17.pngs-DSC09172.jpg


tmyh6b18.png
高架橋を竹原港側に下った場所。
水門が特徴的です。(6-13)
tmyh6b19.pngs-DSC09176.jpg
側道の方向。(6-14)
tmyh6b20.pngs-DSC09180.jpg

tmyh6b21.pngs-DSC09195.jpg
竹原港。(6-15)
大崎上島行きのフェリーなどが発着しています。
tmyh6b23.pngs-DSC09197_20111113201305.jpg

tmyh6b24.pngs-DSC09203_20111113201305.jpg
埠頭にフェリーが着岸してたので撮影できないカットもいくつかありました。
以下は晴れの日に再撮影したものです。

tmyh6b25.pngs-DSC09918.jpg

tmyh6b26.pngs-DSC09915.jpg

tmyh6b27.pngs-DSC09898.jpg

tmyh6b28.pngs-DSC09908_20111123181015.jpg

tmyh6b29.pngs-DSC09895_20111123180604.jpg

tmyh6b30.pngs-DSC09899.jpg


tmyh6b32.pngs-DSC09892.jpg

tmyh6b37.pngs-DSC09893.jpg


tmyh6b33.pngs-DSC09890.jpg
埠頭に停泊しているたまゆらラッピングフェリーに描かれているのが麻音とのりえというところにたまゆらの素敵な不思議を感じます。
あれから2年経っても二人は親友であり続けているのですね。
tmyh6b34.pngs-DSC09891.jpg
この日もフェリーが接岸してましたが、ラッピングフェリーだったので構わなかったですw

6話後半の舞台紹介でした。
今回では竹原港へ向かう道の舞台が初登場しました。
6話の前半の舞台探訪記事はこちら→たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第6話(Aパート)「それはいつかの日のこと、なので」

【たまゆら~hitotose~ 舞台探訪】
OP  1話(竹原)  1話(汐入)  2話  3話  4話  5話  5.5話  6話A  6話B  7話  8話  9話A  9話B  10話  11話  12話



より大きな地図で たまゆら~hitotose~聖地巡礼地図 を表示


6話で初登場の舞台は、6marker1.pngのマーカーで表示しています。

テーマ : たまゆら~hittotose~
ジャンル : アニメ・コミック

2011-11-13 : たまゆら~hitotose~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第6話(Aパート)「それはいつかの日のこと、なので」

「たまゆら~hitotose~」聖地巡礼(舞台探訪)ガイド、6話の前半です。
今回も大崎下島が登場しました。
1999年秋の設定で、麻音やぽって達の幼少期の思い出が描かれています。
10年以上前の設定ですが、舞台背景は現在に近いものを用いているのではないかと思いました。

tmyh6a01.pngs-DSC09332.jpg
灯台の場所から御手洗地区方向を。(6-1)
tmyh6a02.pngs-DSC09301_20111113003519.jpg
案内板です。(6-2)
こんな短い間隔でまた御手洗が登場するとは思ってませんでした。
まだ登場する機会はあるかもしれませんね。
tmyh6a03.pngs-DSC09398.jpg
歴史の見える丘公園の展望台方面。(6-3)
ここは登る途中の階段から。
右手の休憩施設のようなものは倒壊してしまっています。
tmyh6a04.pngs-DSC09380.jpg
岡村大橋方面の展望。
tmyh6a05.pngs-IMG_6234.jpg
憩いの広場。(6-4)
御手洗地区から歴史の見える丘公園へ登る途中にあります。
冒頭の麻音のカットより実際には下側にあるので注意です。
tmyh6a06.pngs-DSC09385.jpg
ここからは歴史の見える丘公園展望台のカットです。(6-5)
車で直接上まで来ることもできます。
tmyh6a07.pngs-DSC09406.jpg

tmyh6a08.pngs-DSC09407.jpg
背景の島を入れるとなかなかピタリは合いません。
tmyh6a09.pngs-DSC09418.jpg
御手洗地区を望む。
奥の港は岡村島のもの。
tmyh6a10.pngs-DSC09397_20111113004613.jpg

tmyh6a11.pngs-DSC09395_20111113005009.jpg

tmyh6a12.pngs-DSC09394_20111113004612.jpg
のりえとかおたん登場。
tmyh6a13.pngs-DSC09423.jpg


tmyh6a15.pngs-DSC09390.jpg

tmyh6a16.pngs-DSC09391.jpg

tmyh6a17.pngs-DSC09387.jpg

tmyh6a19.pngs-DSC09392_20111113010141.jpg

tmyh6a18.pngs-DSC09388.jpg
この日は麻音の口笛にも勝るような、海をステージにしたような素敵な笛師(口笛ではない)の方が演奏されてました。
ちゃんとたまゆらの曲もセレクトしてていい雰囲気を出してました。

s-DSC09405.jpg

s-DSC09420.jpg
歴史の見える丘公園からのパノラマ写真を。
瀬戸内海の島々は、どこに展望台を作っても島と海が見渡せる大パノラマになると聞いたことがありますが、ここもその一つですね。
この日は本州や四国まで見えていて、絶景を堪能できました。

6話の後半の舞台探訪記事はこちら→たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第6話(Bパート)「そしてある日のこと、なので」

【たまゆら~hitotose~ 舞台探訪】
OP  1話(竹原)  1話(汐入)  2話  3話  4話  5話  5.5話  6話A  6話B  7話  8話  9話A  9話B  10話  11話  12話



より大きな地図で たまゆら~hitotose~聖地巡礼地図 を表示
6話で初登場の舞台は、6marker1.pngのマーカーで表示しています。

テーマ : たまゆら~hittotose~
ジャンル : アニメ・コミック

2011-11-13 : たまゆら~hitotose~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@tsurebashi_info
中の人:@lidges

カテゴリ

AIR (1)

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR