「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第8話「かわらない人かわりゆく時、なので」

「たまゆら~hitotose~」聖地巡礼(舞台探訪)ガイド、8話では呉市街が登場。
冒頭とラストの竹原市内カットと合わせて舞台を紹介します。
竹原市内のカットはたまゆらの日の8話先行上映を見てからすぐに撮影に向かいました。
呉は、11月26日(土)に訪れました。

tmyh801.pngs-DSC09886.jpg
ここは呉服屋さんの前。(8-1)
「喫茶プリンス」さんのお隣です。
tmyh802.pngs-DSC09739.jpg
抱え地蔵にむかう通り。
tmyh819.pngs-DSC09874_20111127005551.jpg


ここから呉市内に移動。
tmyh803.pngs-DSC09963.jpg
JR呉駅。(8-2)
一発で分かりますね。
tmyh804.pngs-DSC09973_20111127000929.jpg

tmyh805.pngs-DSC09967.jpg

tmyh806.pngs-DSC09977.jpg
駅前から今西通り。(8-3)

この辺りは背景の再現度が非常に高いですね。
撮影していて一致するカットが多いです。

tmyh807.pngs-DSC09985.jpg
蔵本通り沿い、川横の中央公園です。(8-8)
葉も色づいてきています。
tmyh808.png
ポプラはポプラ呉海岸店。(8-7)(情報提供:昼行灯さん)
「よう歩いてきんさったのー」って言えるレベルの距離で、市中心部からはちょっと離れています。
川原石駅からの方が近いですw

tmyh810.pngs-DSC09994.jpg
カサブランカ前のカット。(8-4)
花見橋商店街の外れです。
周囲はパチンコ店や飲食店が多い歓楽街の雰囲気でした。
tmyh809.png
ところがカサブランカはこの場所にはありませんでした。
呉市内の別の場所なのか、全然違う場所なのか…。
情報募集中です。

なおカサブランカがあるはずであろう位置には、ビジネスホテルが入った建物がありました。
監督か関係者がここに宿泊したことがあったので、この場所が登場したのかもしれません。

tmyh811.pngs-DSC00009.jpg
「景色をずっともう何年も撮り続けて~」のカット。(8-5)
こちらも中央公園です。
北側の市役所寄りの場所、かえで橋の出っ張った所からです。
ちなみにこの日はこの場所から、写真撮影ではなく、絵を描いている方がいました。
tmyh812.pngs-DSC00006.jpg
かえで橋。
tmyh813.pngs-DSC00016_20111127002600.jpg
遊具。
劇中のように子供たちがたくさん遊んでいたので、アングルはあまり合わせれていません。
tmyh814.pngs-DSC00025_20111127002600.jpg
こちらの休憩所も、中央公園。(8-6)
ここまで来ると呉市役所隣になります。
tmyh820a.pngs-DSC09971.jpg
カサブランカの絵の中には、呉駅前の銅像も描かれていました。


tmyh816.pngs-DSC09789.jpg
再び竹原。
おなじみ竹原駅ですが新カットです。
tmyh817.pngs-DSC09792.jpg
駅隣の観光案内所。
tmyh818.pngs-DSC09805.jpg
ラストの場面。町並み保存地区。
こちらも新カットを紹介しておきます。

tmyh821.pngs-DSC01214_20120122193813.jpg
ラストの竹原駅のシーン。
ホームから下り線(呉・広方面)に向かってズームすれば撮れます。
tmyh822.pngs-DSC01228_20120122193813.jpg
こちらも再現度が高くてよかったです。

【たまゆら~hitotose~ 舞台探訪】
OP  1話(竹原)  1話(汐入)  2話  3話  4話  5話  6話A  6話B  7話  8話  9話A  9話B  10話  11話  12話


より大きな地図で たまゆら~hitotose~聖地巡礼地図 を表示
スポンサーサイト

テーマ : たまゆら~hittotose~
ジャンル : アニメ・コミック

2011-11-27 : たまゆら~hitotose~ : コメント : 4 : トラックバック : 1
Pagetop

「たまゆらの日2011」に行ってきた

現在放送中のアニメ、「たまゆら~hitotose~」
この作品のイベント「たまゆらの日2011~おかえりなさい、あたたかな町へ~」が、11月19日20日の2日間にわたって、広島県竹原市を中心として開催されました。
この作品のファンである私が参加しないわけにはいかなかったので、現地で1泊して2日間参加してきました。

s-DSC09563.jpg
雨の中高速を走って竹原には9時頃に到着。
商店街はこのようにたまゆらづくしでした。
BGMもたまゆらだったり、アナウンスもキャラの声によるものだったり。

Twitterのフォロワーさん数名と合流しつつ物販待機列に並びました。
s-DSC09569.jpg
既に長蛇の列が。
徹夜組はさすがにいなかったようですが・・・。
意外と進むのが遅かったです。
s-DSC09572_20111124223857.jpg

s-DSC09575.jpg
始まりの町・汐入の、横須賀市の方も来られててカレーなどのコラボ商品を販売していました。
コラボメニューが終了するまでにまた汐入にいきたいなぁ・・・。
物販ではももねこ様ぬいぐるみと小物入れを購入。
竹原限定アイテムなどもあってさすがに全部は揃えられませんでした。

s-DSC09580_20111124223856.jpg

s-DSC09710.jpg
たまゆら巡礼者にはおなじみの「ほぼろ」と「Cafeたまゆら」
それぞれ違う名前のお店がモデルなのですが、この二日間限定でアニメ作中の店名に変更されていました。
知らなかったのでびっくりですw
劇中のカットに似せて撮影するにはもってこいでした。
s-DSC09746.jpg
せっかく素材が完成しているので、今後も定期的にこの「ほぼろ」ののれんで営業してほしいです。
s-DSC09749.jpg

s-DSC09757.jpg
ほぼろ店内はカウンター席や提灯まで再現する気合の入れようで驚かされました。
s-DSC09767.jpg
この日はたまゆらコラボメニューオンリーでの提供。
今度は鉄板で焼いたほぼろ焼きを食べたいですね。
s-DSC09771.jpg
ドリンクメニュー。
メインキャラ4人をイメージしています。
左からぽって、かおたん、麻音、のりえの順。
s-DSC09491.jpg
ほぼろ特製とうふババロア。
どれも美味しかった~。
メニューは3月頃まで提供しているので、今回来れなかった方もまだまだ食べられるチャンスはありますよ。

s-DSC09647.jpg
この後はさよみお姉さんのスタンプラリーに参加。
コースターやオタフクソース提供お好み焼きの素がゲットできました。
さよみさん冒険家だけあって秘境探検しまくるので、私を4カ所ほど舞台探訪で登山に向かわさせてくれたので何度か死にかけましたねーw
今回のスタンプラリーもただでは終わるはずないと思ってましたが、

s-DSC09602.jpg

DSC09596x.jpg

s-DSC09601_20111125215755.jpg
ダイジェストでこんな感じです。
「市川さん家の裏」とか知らんがな(´・ω・`)
みんな迷ってましたねー。
2か所目の普明閣で次のチェックポイントが竹原港と知って断念する方も少なくなかったのではw
でも苦労した分、制覇した時の達成感は大きかったです。

s-DSC09588.jpg
たまゆらクルーズの時間には船の見送りに行きました。
私は参加しませんでしたが、雨の中の航海でしたが楽しそうでしたね。
s-DSC09907_20111125220949.jpg
ラッピングフェリー、みんな可愛いですよね、とくに麻音ちゃん
tmyh6b33.pngs-DSC09918.jpg
6話のこの場面を撮影すると、後ろに麻音とのりえのラッピングフェリーが接岸することもあります。
たまゆらの素敵な不思議ですね。

s-DSC09801_20111125223814.jpg
旧笠井邸ではたまゆら写真展が開催中でした。
s-DSC09649.jpg

s-DSC09648.jpg

s-DSC09660.jpg
スタッフやキャストが撮影した写真がたくさん。
この作品に込められた思いも分かりました。

s-DSC09733.jpg
こっちは「たまゆら屋台」の様子。
コラボメニューなどの発売は無かったようですが、焼きそばやおでんなど地元の手作りの味を楽しめそうでした。

s-DSC09679.jpg

s-DSC09680.jpg
時間が余ったので昼行灯さん持参のももねこ様ヘルメットで撮影開始w
これ目立ちますねー、顔の分からないマイミクさんやフォロワーさんとの合流に役立ちました。
s-DSC09871.jpg
すると翌日に商店街にももねこ様の像が登場しててびっくり。
これで「たまゆら」は竹原市の歴史に深く刻まれることになりますね。

s-DSC09685.jpg
「たまゆら語り」開始前の竹原市民館。
人いっぱい。
s-DSC09687.jpg
パネルがあったけど人大杉でまともに撮影できなかったままだった・・・

「語り」は私が唯一参加できた有料イベント。
キャストと監督が淡々とコメンタリーを生でするだけだと思ってたら、全然違った!w
コメンタリーにはずれた人が「エアお好み焼き」や「そうじ」をすると言った内容(?)
良い意味で裏切られましたねw
無茶ぶりのオンパレードでしたが、キャスト陣の演技力や行動力はすごいと思いましたね。

s-DSC09690.jpg
夜はとあるイケメンさんのワンマンライブ・・・ではなく、たまゆらーの皆さんでオフ会に参加してきました。
みんないい人ばかりでした。
また集まりたいですね~。

s-DSC09640.jpg
竹原市の方でも地域のお祭り的なイベントを開催してました。
商店街には出店がたくさん。
ポプラのたまゆらおにぎりでも発売されているたこめしとたいめしは竹原名物なのですね。
s-DSC09637.jpg
ゆるキャラも踊っていました。
パンダキャラは竹原市の竹のイメージからきてるのかな。

s-DSC09721.jpg
照蓮寺。
「たまゆらの日ファイナル」のイベントが開催された場所です。
一番行きたかったイベントですが、抽選に外れてしまいましたので外で聴いてました。
中島愛さんの歌声を聴けただけでも本望です。

ここには書ききれないほどの盛りだくさんのイベントでした。
一つの作品で一つの町がここまで活気づくのかということを感じさせられました。
「たまゆら」って本当に良い作品だな、そして愛されてるんだな。
来年もぜひこのイベントが竹原で開催されることを祈ります。
竹原でのイベントはクリスマスでのトークショーでまた来ますよ~。
2011-11-25 : イベント参加レポート : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第7話「竹灯りの約束、なので」

「たまゆら~hitotose~」聖地巡礼(舞台探訪)ガイド、7話は憧憬の道のお話です。
私も先日、憧憬の路を見てきたので、当日の写真も交えながら舞台を紹介していきたいと思います。
登場するポイント自体は、町並み保存地区が中心で見つけやすいです。

a070.pngs-IMG_1737.jpg

tmyh703.pngs-DSC04251_20111121233137.jpg

tmyh704.pngs-DSC09738_20111121232515.jpg
憧憬の路の準備の様子。
tmyh734.pngs-DSC01281.jpg
かおたんの家付近。
ここも住宅街なので詳細な場所は伏せますが、竹原市街地です。
ちなみに10話でさよみんに連行されるカットの場所の順序は、ちゃんとかおたんの家がこの付近にあることを裏付けています。

tmyh705.pngs-DSC09821.jpg

tmyh706.pngs-DSC09782.jpg

tmyh707.pngs-DSC09779.jpg
日の丸写真館近辺。
晴れの日のカットが曇ってて、曇りの日のカットが晴れているのは仕様です。
a011.pngs-IMG_1688.jpg
このカットは道路上からじゃないと合わないですねー。
tmyh737.jpgs-IMG_1970.jpg

a02_20120312223440.pngs-IMG_1977.jpg

tmyh713.pngs-DSC09704.jpg

tmyh709_20111122003119.pngs-DSC09811.jpg

tmyh710.pngs-DSC09806.jpg

tmyh711_20111121232516.pngs-DSC09810.jpg

tmyh712.pngs-DSC09815.jpg
ここもすっかりももねこ様スポットですね。

tmyh733.pngs-DSC09742.jpg

tmyh738.jpgs-IMG_1735.jpg
歴史民俗資料館横、憧憬の広場。
tmyh714.pngs-DSC09828.jpg
たまゆらの日2日間限定で、「ほり川」が「ほぼろ」の看板に変わっていました。
再現度アップ!
tmyh715.pngs-DSC09822.jpg

tmyh716.pngs-DSC09826.jpg

tmyh717.pngs-DSC09831.jpg
「茶房ゆかり」も「Cafeたまゆら」に!
tmyh721.pngs-DSC09862_20111122000756.jpg
見えにくいですが、中の看板も変わっています。

tmyh718.pngs-DSC09855.jpg
たまゆらーの皆さんで満席でした。
tmyh719.pngs-DSC09801.jpg

s-DSC01309.jpgtmyh735.png
旧笠井邸。
tmyh720.pngs-DSC09818.jpg

tmyh740_20121030223401.pngs-IMG_1991.jpg

tmyh742.pngs-IMG_1992.jpg
照蓮寺。
当日の昼には準備はほぼ整っていました。

ここから憧憬の路のカットになります。
再現度を重視したいので、10月29日に撮影した画像から近いものを紹介します。
また、2012年10月の憧憬の路で撮影した画像も追加し、一致度をを高めました。
それでも人が多すぎて完全一致するようにはなかなか撮れませんw
tmyh748.pngs-IMG_2126.jpg

tmyh749.pngs-IMG_2129.jpg

tmyh750.pngs-DSC04201.jpg

tmyh751.pngs-IMG_2130.jpg
茶房ゆかり前。
tmyh723.pngs-IMG_2252_20121030223922.jpg
夜のほぼろ。
tmyh724.pngs-IMG_2253_20121030224547.jpg
西方寺の石段。
tmyh701.pngs-DSC00057_20111122012550.jpg

tmyh725.pngs-IMG_2060_20121030225012.jpg
町並み保存センター前。

tmyh752.pngs-IMG_2100.jpg

tmyh732.png

s-DSC00049_20111122001139.jpg
子どもたちの願い事は竹楽裏のスペースに。
tmyh726.pngs-DSC00078.jpg

tmyh727.pngs-DSC00072x.jpg
こちらのアーチ、横の建物改修のために今年は設置されませんでした。
ここは去年の写真で紹介。
tmyh728.pngs-IMG_2172_20121030224439.jpg
ここは人通りが絶えませんでした。
tmyh729.pngs-IMG_2202.jpg
照蓮寺から階段下を。
見事な美しさです。
tmyh730.pngs-IMG_2217.jpg
この竹のアーチは監督が取材に訪れた2010年のオブジェだったようです。
ここは毎年大きく作品が変化します。
今年は違う形でしたが美しいものでした。
s-DSC00095_20111122001555.jpg

s-DSC00099_20111122001855.jpg
また、2011年の作品も紹介します。

エンディングの「星空」は大好きな曲なので、印象深い回でした。
憧憬の路の写真は、たけはら憧憬の路2011散策記およびたけはら憧憬の路2012散策記の記事にもたくさん上げているのでご覧ください。


【たまゆら~hitotose~ 舞台探訪】
OP  1話(竹原)  1話(汐入)  2話  3話  4話  5話  6話A  6話B  7話  8話  9話A  9話B  10話  11話  12話

テーマ : たまゆら~hittotose~
ジャンル : アニメ・コミック

2011-11-22 : たまゆら~hitotose~ : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

B-1グランプリin姫路に行ってきた

B級グルメの祭典として有名なB-1グランプリ。
B級グルメブームの火付け役となり、グランプリや上位入賞したB級グルメは、全国から注目され、そのご当地の観光客増にもつながる大きな影響を持った大会です。
その大会が、今回姫路で行われると聞いて、行ってみることにしました。

地元から車で2時間程度です。
駐車場は大混雑だろうと思いきや、大半の人たちは関西圏から鉄道を利用していたので混雑も無く会場入りできました。
周辺商店街や店舗は大混雑。
各所のお店に行列が。
この大会の波及効果の大きさを思い知らされました。

s-DSC09561_20111116213111.jpg
メインゲート。
会場は3カ所に分かれて出展団体は60以上、さらに姫路食博も開催されていたので、2日間でも全部食べきるのは無理だと思います。
s-DSC09560.jpg
こんなボードに待ち時間が書かれます。
撮影したのは終了間際なので完売だらけですが、ピーク時には1時間待ち以上の団体も複数あったようです。
s-DSC09545.jpg
現金ではなく、このようなイベントチケットで料理を購入します。
お釣りを返す手間が省けるので回転が速くなります。
s-DSC09495.jpg
こんな感じで人で埋め尽くされています。
1日で20万人以上が来たようですね。
こんな大規模なイベントはコミケ以来ですw
s-DSC09541.jpg

s-DSC09517.jpg
各団体とも、看板や演出に工夫を凝らしていました。
歌や踊りで客を呼んでいる店も。
まさにお祭りって感じですね。
s-DSC09533.jpg
なんとカツオも。

今回の目玉である料理も紹介。
s-DSC09543.jpg
津山ホルモンうどん。
今回の準グランプリでした。
s-DSC09520_20111116213110.jpg
須崎鍋焼きラーメン。
本当に鍋で出てきたからびっくりしました。
s-DSC09513.jpg
広島の府中焼き。
前日にも広島でお好み焼き食べてたりw

とても全部は紹介しきれませんが、どのメニューも本当においしかったです!
ものすごい勢いで栄養が蓄積されましたww
s-DSC09544_20111116213110.jpg
こちらは原発警戒区域内にある浪江町のなみえ焼そば。
残念ながら完売で食べれませんでした。
マスコミからの注目度が半端なかったです。
最後は胴上げや合唱で盛り上がり、チームの団結力はどこにも負けなかったのではないでしょうか。
s-DSC09548.jpg
ゆるキャラもたくさん。
s-DSC09523.jpg
千葉県のチーバくん。
s-DSC09527.jpg
最後に姫路城をパシャリ…残念!ハリボテでした!
改修中なんですよね。

s-P1151270_20111116214830.jpg
ちなみに大改修直前に撮影した写真がこちら。(2010年1月)
改修終了は2015年ごろになつようです。

次回のB-1グランプリ大会は北九州市で開催です。
遠いですが、また行ってみたいです。
今度はもっと全国の味を食べたいなぁ。
2011-11-16 : 旅行・外出 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ももへの手紙 舞台探訪

来春公開予定の映画『ももへの手紙』の舞台紹介です。
沖浦啓之監督の作品で、「父親を亡くした11歳の少女ももの視点を通して、瀬戸内の小さな島の豊かな自然や家族愛の大切さを描いた物語」とのことです。
その舞台が大崎下島周辺となっています。
今回、PVをもとに舞台となっている場所を確認できたので紹介してみます。

momo001.pngs-DSC09237_20111116014916.jpg
大崎上島、木江港天満です。
「ようこそ木江へ」と書かれてあり、一致度が高いです。
大崎上島も舞台として登場する可能性があります。
s-DSC09236.jpg
次は上陸してみたいですね。

momo002.pngs-DSC09380_20111116014915.jpg
瀬戸内の島々を俯瞰するカット。
手前の橋(岡村大橋)が一致しています。
これは大崎下島の山の上から見た風景だと思われます。
私が撮影したのは歴史の見える丘公園展望台からですが、もっと高い位置からのようです。
「もも旅」によりますと、ここは「一峰寺山展望台」のようです。
アクセス道路が狭いので車の走行には注意が必要です。
大崎下島の御手洗地区はメインの舞台として登場します。


劇場公開向けて公式サイトが随時更新されているので、新規に公開されたカットで判明できている場所があれば追記していきたいと思います。
momo003.pngs-DSC09314x.png
駐在所のモデルは、大崎下島・御手洗地区にある広警察署豊警察官駐在所です。(2012.1.17追記)


続いては、主な舞台となる大崎下島の様子を紹介したいと思います。(これらの場所は舞台背景カットにある場所が登場したというわけではありません。)
s-DSC09283.jpg
フェリーや高速船の発着場がある大長地区です。
s-DSC09335.jpg
こちらは御手洗地区を波止場から眺めた様子です。
神社や常夜燈などがあり、こちらも歴史ある町並みが残っています。
s-DSC09917.jpg
町並み保存地区には昔からの建物が立ち並んでいます。

さらに御手洗地区の様子を見たいなら、同じくこの地域も登場した作品『たまゆら~hitotose~』の舞台紹介記事をご参照ください。
たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

たまゆら~hitotose~ 聖地巡礼ガイド 第6話(Aパート)「それはいつかの日のこと、なので」

s-DSC09319_20111116014917.jpg
御手洗地区にはこの映画のポスターがたくさん貼られていました。
地域の期待度も高そうです。
のどかな昔ながらの風景が残っている地域なので、どう描写されるかが楽しみです。
『たまゆら~hitotose~』にもこの地域が登場したので、アニメの舞台としてしばらく話題になりそうです。
劇場公開後に、また舞台探訪に訪れてみたいと思います。

この記事では「ももへの手紙」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。
2011-11-16 : ももへの手紙 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
10位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR