「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

『有頂天家族2』 舞台探訪(聖地巡礼) ~四国編・徳島県小松島市~

『有頂天家族2』にて、四国が登場しましたが今回は徳島県編です。
やってきたのは南小松島駅と金長神社。
徳島市から15分ほど南に走ったところにある町です。

【南小松島駅】
uct03.png s-_MG_2249.jpg
徳島県の南小松島駅。
市の中心駅となっています。
ホームの様子はかなり高い再現度です。
ロケハンを実施しているのは間違いなさそうですが、駅ナンバリングが無いなど一部違う点があるので、古いロケハン資料を使っている可能性もあります。
uct04.png s-IMG_2259a.jpg
駅舎の外観。
右手に見えるのはウィリーウィンキーというJR四国グループが経営しているパン屋です。

uct06.png s-IMG_2266.jpg

uct07.png s-IMG_2265.jpg
駅前にある観光案内版。
なんと完全一致です。
uct08.png s-IMG_2263.jpg
ここから金長神社までは歩くと20分ほどです。

【金長神社】
uct09.png s-IMG_2259_20170619233351342.jpg
狸信仰のある神社。
恩に厚い金長狸がまつられています。
津田浦の六右衛門と戦った「阿波の狸合戦」は民話伝説として名高いです。
近くに金長神社本宮という神社もありますが、そちらではありません。
uct10.png s-IMG_2284.jpg

uct11.png s-IMG_2272.jpg
境内も高い再現度です。
uct12.png s-IMG_2282_20170619233850f5b.jpg

uct14.png s-IMG_2291.jpg

uct15.png s-IMG_2294_201706192340358a5.jpg
このカットはいったん敷地外に出てから。
隣接している場所は公園になっています。
uct16.png s-IMG_2289_201706192340365a8.jpg
近くでは子供たちが遊んでいましたが、狸の子ではなさそうでした()
uct17.png s-IMG_2293_20170619234035412.jpg
落とし穴以前に、蚊だらけというトラップがありました。
夏場は注意です。
uct18.png s-IMG_2287.jpg

uct19.png s-IMG_2285_2017061923384951f.jpg
このカットに至るまで、ほぼ境内を一周します。
あまり広い敷地でもないので、散策は容易でしょう。
s-IMG_2286_201706192340379e8.jpg
ここからあちらの世界に繋がっているようですが、まぁ入れませんねw
s-IMG_2269_20170619234140afb.jpg
小松島は阿波狸合戦にまつわる伝説が有名で、町の各所に狸の像などがありました。
s-IMG_2311.jpg

s-IMG_2316_20170619234141c83.jpg
こちらは小松島ステーションパーク(旧小松島駅跡)のたぬき広場にある世界一大きな狸の銅像です。
像の前で手を叩いたら水が出る?らしいですが何も起こりませんでした。。

以上が有頂天家族2の徳島エリアの舞台探訪でした。
メインは京都ですが、四国方面に出かけることがありましたら狸伝説と一緒に廻ってみてはいかがでしょうか。

この記事では「有頂天家族2」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会にあります。
スポンサーサイト

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2017-06-20 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『有頂天家族2』 舞台探訪(聖地巡礼) ~四国編・香川県宇多津町~

現在放送中のアニメ『有頂天家族2』にて、四国のカットが出てきたので急遽舞台探訪に向かいました。
登場したのは、香川県の宇多津町と徳島県の小松島市です。
まずは香川県の舞台をご紹介します。

uct01.png s-_MG_2236.jpg
瀬戸大橋。
与島から北に架かる斜張橋の部分を撮影したものと思われます。
もうちょっと西側から撮れば合いそうです。
uct02.png s-_MG_2234.jpg
この漁港は、宇多津町の宇多津臨海公園の一番東側です。
完全一致はしてないものの、瀬戸大橋がこんなアングルで見られる漁港はここしかありません。
奥に桟橋が見えるのも一致しています。
宇多津駅からは歩いて約20分ぐらいです。

uctmap.png

s-IMG_3553_2017061700273238f.jpg
近くには宇多津のシンボル、ゴールドタワーが。
瀬戸大橋開通の年に合わせて完成した展望塔です。
結城友奈でおなじみの勇者であるシリーズ最新作「楠芽吹は勇者である」の舞台になるそうです。
こちらも6月下旬の電撃G’s magazineで連載が始まるそうで、一気に宇多津の注目度が上がっています。

s-IMG_8756_2017061700274282d.jpg

s-IMG_6196_20170617002732c94.jpg
瀬戸大橋はどの角度から見ても美しいですよ!
徳島編も近日中に取材予定です。

この記事では「有頂天家族2」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2017-06-17 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『ブレイブウィッチーズ』 舞台探訪(聖地巡礼) ~佐世保市~

今回はゴールデンウィークで九州方面に行った際に廻ってきた『ブレイブウィッチーズ』の舞台についてご紹介します。
舞台となるのは長崎県の佐世保
1話と2話にだけ登場し、残りの話の舞台は外国になります。
時間の都合上、主要なところしか回れていませんが、ロケーションが美しい場所が多くて見ごたえがありました。

【弓張岳展望所】
bp003.png s-_MG_1489.jpg
70年ほど前の設定なので様子は違っていますが、港や湾の雰囲気は似ているのが分かります。
佐世保の港と町並みを一望できる展望台です。
ふもとからは車で登ってくることができます。
作中では崖っぷちで、落ちそうになる描写がありましたが、手すりや展望台がしっかりと整備されていました。
bp005.png s-_MG_1493.jpg
佐世保の西側に広がっている島々の様子も似ています。
九十九島という独特の地形です。
佐世保市街地から離れますが「展海峰」という展望台からは作中のカットと同じように撮れるようです。
s-_MG_1529.jpg

s-_MG_1504.jpg
望遠で。
赤レンガ倉庫や自衛隊の船が見えます。

【針尾送信所】
bp001.png s-_MG_1639.jpg
針尾送信所は旧海軍の送信施設でした。
日本遺産に登録され、観光客の受け入れも積極的に行っています。
ここまでは佐世保市街地から車で約1時間。
アニメではひかりのお父さんの職場になっていました。
3つの巨大な塔が特徴的で、遠くからでもよく見えます。
s-IMG_1568.jpg
施設内に貼られていた現役当時の写真では、アニメのカットの様子とよく似ています。
bp002.png s-IMG_1591_20170523221347715.jpg
施設内より。
外部に関しては日中は見学可能です。
カットと様子が違っているのは、1階部分が地下に埋まったからだそうです。
s-IMG_1565.jpg
こちらも現役当時はアニメとほぼ同じ外観になっています。
s-IMG_1542a.jpg
送信所の塔も1つだけ内部を見学できます。
s-IMG_1552.jpg
塔の内部から上を向いて撮影した光景。
非日常的な不思議な空間を体験できてよかったです!

【新西海橋】
bp004.png s-IMG_1663_2017052322134600d.jpg
派遣選抜試験中の事故シーンで登場した灯台、なんと実在しました。
新西海橋の近くです。
針尾送信所から車で10分程度。
橋の下側は歩行者通路になっており、そこから灯台を眺めることができます。
s-IMG_1543a.jpg
新西海橋と西海橋を一緒に眺められるロケーションのいい展望台も近くにあり、なかなか見どころのある舞台散策となりました!

なお、海渡りの突堤は佐世保の小庵浦という場所にあるそうですが、道が狭いので僕の車では向かえないので断念。
行かれる方は軽自動車などの小さめの車か、バイクがいいと思います。
今回ご紹介した場所は全体的に公共交通機関でのアクセスが難しいので、車でない方はレンタカーの利用をおすすめします。

この記事では『ブレイブウィッチーズ』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は© 2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2017-05-23 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第2章「たましい」舞台探訪(聖地巡礼)

2014年に放送されて好評を博したアニメ「結城友奈は勇者である」の前日譚である「鷲尾須美は勇者である」が、テレビ先行上映として「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」として劇場公開されました。
今回は第2章「ともだち」で登場した舞台についてご紹介します!

本文中に作中の画像およびネタバレを含みますので、未鑑賞の方はご注意ください。



【鎌田池周辺】
wsy204.jpg s-_MG_0651.jpg
今回も鎌田池付近が登場。
池の周辺の道路や遊歩道が出ています。
このカットは池の南側、小山町自治会館付近より。
wsy205.jpg s-_MG_0644.jpg
このシーンは先ほどの自治会館前からやや西に進んだ場所から。
ちょうど夕日のタイミングも合いました。
wsy228.jpg s-_MG_0640.jpg
夕方のシーン。
こちらは池の北東側、駐車場の近くの遊歩道入口付近です。
wsy229.jpg s-_MG_0642.jpg

【春日神社前】
wsy206.jpg s-_MG_0656.jpg
1章でも出ていましたが、今回は新アングルが登場しています。
鎌田池からここまで歩けない距離ではないですが、車の場合は神社の駐車場まで移動したほうがいいでしょう。
wsy207.jpg s-_MG_0658.jpg

wsy208.jpg s-_MG_0660.jpg

wsy209.jpg s-_MG_0661.jpg
この夕方のシーンの銀を見てるといろいろ思うところがありますね。

【善通寺市民プール】
wsy201.jpg s-_MG_0071.jpg
プールのシーンで登場。
坂出にも番の州プールというプールがあったのですが、現在は閉鎖。
ここは中讃エリアで数少ない公営大型プールです。
巨大ウォータースライダーや、流れるプール、波の出るプールなどがあり人気の施設です。
私も子供のころよく行ったので懐かしいです。
wsy202.jpg s-_MG_0072.jpg
後方に見えるのは市民体育館。
wsy203.jpg s-_MG_0073.jpg
波の出るプールの付近。
模様は変えられています。
夏場の営業時間中の撮影はやめましょう。

【五色台トンネル東側】
wsy211.jpg s-_MG_9973.jpg
遠足バスのシーン。
坂出と高松を結ぶ五色台トンネルを高松市側に抜けた所です。
完全一致ではありませんが、ここが一番似てるかなと思います。
交通量が多いので注意。

【高松西インター付近】
wsy212.jpg s-_MG_0053.jpg
こちらも遠足バス。
さっきのカットの次に出ていますが、五色台トンネルを使うと高松西インターは通らないので実際の位置関係は合わないです。
この場所は高松西インターから西へ向かう側道に入り、近くの山への登山口のある場所の近く、陸橋の上から撮影しています。
フェンスで覆われているのでレンズの大きいカメラでは撮影がちょっと大変かもしれません。
ここからは高松平野を見渡せるので結構絵になるアングルです。

【峰山公園】
wsy213.jpg s-_MG_9975.jpg
遠足で訪れたのは高松市の峰山公園。
市民病院の横から登っていきます。
駐車場が整備されており、市民の憩いの公園になっています。
車がないと登山するしかなくアクセスが難しくなります。
この特徴的な馬の遊具のある場所は、第3駐車場から先に進んだところにある「はにわっこ広場」。
wsy214.jpg s-_MG_9979.jpg
こちらも遊具。
広場の名前のモチーフのハニワの遊具があります。
土日昼間は親子連れで撮影が難しくなるので早朝がおすすめです。

_MG_9999a.jpg
ここからはアスレチックコースへ。
入り口付近にアスレチックの案内板があるのでそれを参考に探すと分かりやすいです。
wsy215.jpg s-_MG_9986.jpg
4.タイヤトンネル
まず、このタイヤのアスレチックは広場から見て展望台と逆側、左手の方にあります。
wsy216.jpg s-_MG_9987.jpg

wsy217.jpg s-_MG_9989.jpg

wsy218.jpg s-_MG_9990.jpg
7.雲梯
wsy219.jpg s-_MG_9993_20170423235602aa9.jpg
大事な話は運動の途中にすると気が散る気がする…w
wsy220.jpg s-_MG_9995.jpg
大人から見るとアスレチックって小さく見えますね。

s-wsy223a.jpg s-_MG_0014.jpg
12.大かべのぼり
wsy222.jpg s-_MG_9984.jpg
バーベキュー会場の辺りは午前中でも多くの人が集まっていたので、早朝でないと撮影できないと思われます。
wsy223.jpg s-_MG_0003.jpg
24.希望の塔
ゴール地点のすぐ手前にある最後のアスレチックです。
鐘があるのが特徴。

【峰山公園展望台】
wsy224a.png s-_MG_0024.jpg
展望台。
wsy225.jpg s-_MG_0027.jpg
高松市街地から五色台方面にかけて瀬戸内海を一望できます。
wsy226.jpg s-_MG_0030.jpg
須美たちの暮らす坂出市街地は、五色台の向こうなので見えません。
wsy227.jpg s-_MG_0035.jpg
瀬戸内海の風を感じる心地のいい展望台です。

第2章の舞台探訪は以上です!
今回は善通寺市から高松市にかけて一気に舞台が広がりました。
原作との相違点では栗林公園のシーンがカットされていましたね。
完結編の第3章は7月公開です。


この記事では『結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2017 Project 2Hにあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2017-04-24 : 結城友奈は勇者である : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『ポッピンQ』舞台探訪(聖地巡礼) ~高知県中土佐町~

今回は劇場アニメ『ポッピンQ』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
舞台は主に異世界なのですが、現実世界から集まった少女たちの冒険を描いています。
その少女たちの出身地はほとんど東京なのですが、1人高知県出身のヒロインがおり、そのパートで高知県の中土佐町の風景画描かれています。
ただ、現地に行ってみた結果、ロケハン資料をもとに一致する風景を出しているのではなく、雰囲気を合わせている作りになっていました。
ここでの比較画像も、完全一致というわけではなく、似たような場所を掲載しています。

【中土佐町の俯瞰】
ppq01.png s-IMG_6962.jpg
舞台となった中土佐町の土佐久礼地区です。
俯瞰できる展望台はなかったので、津波避難タワーから撮影しています。
昔からの町並みと、漁港の風景です。

【町並み】
ppq02.png ppq03.png

s-C4bzMi6UMAAYM3F.jpg s-C4bzMi6UYAATVxl.jpg
ヒロインの1人、小湊伊純が住む家がある付近のイメージ。
土佐久礼地区の海沿いには昔からの住宅街が広がっています。
アニメでは坂に沿って家が立ち並んでいるような描写でしたが、実際には平地になっています。

【防波堤】
ppq04.png s-IMG_6893.jpg
叫びに走った防波堤です。
実際はほぼ直線で、直角に折れ曲がった場所はありません。
ppq05.png s-IMG_6897_20170222235027872.jpg
防波堤の外側にテトラポッドがある様子は一致しています。
ppq06.png s-IMG_6899.jpg

ppq07.png s-IMG_6920.jpg
防波堤の先端、湾の外側には向かっていないので、強引に合わせました。
赤い灯台と、右側の半島のイメージは似ています。
ppq08.png s-IMG_6907.jpg
赤い灯台がありますが、形状が変わっています。
ここ変える必要あったのかな・・・。
ppq09.png s-IMG_6928z.jpg
灯台から陸側を向いたアングル。
合いまs(ry

雰囲気が似ていると思った中土佐町の風景は以上です。
今回紹介したエリアはJR土讃線の土佐久礼駅から徒歩圏内にあります。
車の場合は、海辺に無料駐車場が整備されています。

s-IMG_6942_20170223000715488.jpg
ここに来たならぜひ寄りたいのが久礼大正町市場。
地元で取れた魚などの特産品を売っています。
カツオのたたきも食べられますよ。
s-IMG_6915.jpg
赤灯台。
s-IMG_6912.jpg
灯台の近くから見た、海の景色。
太平洋の水平線が綺麗に見えます。

以上が『ポッピンQ』の高知県内の舞台紹介です。
このほか、春野町の陸上競技場が回想シーンでのモデルとなっているようです。
中学校についても全く一致していないので別の地区のものがモデルとなったのでしょうか。
駅や列車も登場していましたが土佐久礼駅などは、はっきり言って一致度はかなり低いので掲載はしません。
公式で中土佐町と言っているのにここまで一致しないのは珍しいケースだと思います。
でも、昔ながらの港町の雰囲気は十分に感じられるので、伊純ファンにとってはぜひ訪れてみたい場所になるはずです!
景色もいいので、周辺の場所と合わせて満喫してみましょう。

この記事では『ポッピンQ』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2017-02-23 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
11位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR