「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

『Free!-Dive to the Future-』舞台探訪(聖地巡礼) 第1話

彼らの熱い夏が帰ってくる―
2018年7月、ついに「Free!」のTVシリーズ3期『Free!-Dive to the Future-』の放送が始まりました。
大学生になった七瀬遙たちの物語が東京で始まるとともに、今まで通り岩鳶高校の様子も描かれるので、東京と岩美の2か所の舞台が登場することになります。
二方向だと舞台訪問も大変なことになりそうですw
早速ですがこの連休で東京と京都に行ってきたので、1話に登場した東京都内の舞台を中心にご紹介します。

【下落合駅】
fdf107.png s-IMG_6604.jpg
西武鉄道新宿線の下落合駅。
高田馬場駅の一つ西隣の駅です。
遙のアパートがこの付近にある設定なのが劇場版TYMで明らかになりました。
fdf106.png s-IMG_6599.jpg
駅前の踏切の両方向を。
fdf105.png s-IMG_6615.jpg

fdf104.png s-IMG_6608.jpg
駅から南方向へ。
左手にクリーニング店が見えます。
fdf103.png s-IMG_6617_20180718001819681.jpg
道の反対側の焼肉店の看板も再現されています。
fdf102.png s-IMG_6620.jpg
せせらぎの里公苑の脇の道を進んで、神田川沿いへ。
マンションと公園が目印です。
この付近のカットは先の話数でもたくさん出ると思われます。

【青山学院大学青山キャンパス】
fdf111.png s-IMG_6485.jpg

fdf112.png s-IMG_6482_20180718002412220.jpg
EDの協力テロップに名前がなかったので、外装など一致はしていないようですが、雰囲気的に青山学院で間違いないと思われます。
青山学院大学の青山キャンパス。
渋谷駅や表参道駅から徒歩数分。
fdf113.png s-aoyama2.jpg
大学関係者以外は入らないでください的な文言があったので中には入っていませんが、ストリートビューなど参考にするとキャンパス内の雰囲気もよく似ているのが分かります。
fdf114.png s-aoyama1.jpg
建物は改変されていますが、ベンチやゴミ箱などは一致しているところがあります。

【十条台温水プール】
fdf101.png s-IMG_6633_2018071800241025a.jpg
遙の家の近くにある設定の温水プール。
実際には十条の十条台のプールがモデルになっています。
小学校のプールになりますが区民や一般にも開放されています。

【西八王子駅】
fdf110.png s-nisihati.jpg
OPに登場したJR中央本線の西八王子駅。
都心部から50分ぐらいかかるのでだいぶ遠いですね。
現時点ではストリートビューで借りてますが、取材後に差し替えます。
ED協力テロップにあった法政大学(郁弥の大学のモデル?)はこの近くに多摩キャンパスがあるので、この辺も含めて追々本編に登場しそうです。

【京都造形芸術大学】
fdf115.png s-IMG_6397.jpg
真琴が通う大学のモデル、京都造形芸術大学。
設定上は都内にあるはずですが、なぜか京都の大学が使われています。
こちらも大階段が特徴的ですが、校舎は一部改変されています。
京アニ作品ですと「けいおん!」にも登場したことがあるので、過去のロケハン資料を使ったのでしょうか。

【情報募集】
以下の場所は特定がされてない(はず)の場所です。
fdf118.png
喫茶店
fdf119.png
OP、バスが走っていった道路
fdf120.png
OP、繁華街
(あまり似てませんが渋谷センター街との情報あり)

架空の背景の可能性もありますが、どこかにありそうですねー。
今回は以上です!
月末には岩美へ、8月にはまた東京へ取材に行く予定ですので、随時更新していきたいと思います!



この記事では『Free!-Dive to the Future-』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会にあります。
スポンサーサイト

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2018-07-18 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『結城友奈は勇者である-勇者の章-』 舞台探訪(聖地巡礼)~剣山編~

s-IMG_5661a.jpg
「結城友奈は勇者である」の2期にあたる「勇者の章」の舞台探訪です。
今回は最終回で登場した大赦の本拠地?がある徳島県の剣山の舞台紹介です。
なんと標高1,955mの山の頂上でした。
放送直後から判明していましたが、冬季は登山に適さないので雪解けと山開きを待っての訪問となりました。

s-IMG_5553_20180530232434c39.jpg
リフトを使って、さらに登山道を30分ほど登ると頂上です。
s-IMG_5577_2018053023243325d.jpg
大赦の祠のモデルは剣山ヒュッテの裏手にあります。
山頂散策路から見られます。


yyyu1201.jpg s-IMG_5592_2018053023224362b.jpg
山頂の祠。
作中では大赦マーク入りになっています。
yyyu1202.png s-IMG_5591_20180530232244ddf.jpg
「これで我ら一同、神樹様と一つになり、神の眷族として迎えられる なんと幸せな事でしょう」
岩の上にあるのが確認できます。
yyyu1204.png s-IMG_5597.jpg
反対側を見たアングル。
確かに山や丘のように見えますね。
yyyu1205.png s-IMG_5590.jpg

yyyu1206.png s-IMG_5596_20180530232243c6a.jpg
横から見たアングル。
yyyu1207.png s-IMG_5591_20180530232244ddf.jpg
この場所、こんなに人が並べない、というか植生保護のために遊歩道以外は立ち入り禁止です。
yyyu1208.png
しかもこれ麦畑になるなんて生態系破壊ですからね(笑)

最後に、剣山のスナップ写真を何枚か。
s-IMG_5646a.jpg

s-IMG_5661a.jpg

s-IMG_5614_20180530232342fd1.jpg

s-IMG_5684.jpg

s-IMG_5696_201805302323447fa.jpg
山頂はちょっと・・・という方もこれらの画像を見てモチベーション上げてくださいw
西日本第2位の標高の剣山ですが、リフトがあるので登山が苦手な方でも比較的上りやすい山だと思います。
もちろん動きやすい服装や靴は必須ですが、メインの登山ルートしか使わないなら本格的な登山装備でなくても大丈夫だと思います。(とはいえ油断は禁物ですよ)
どちらかというと登山口までの道路が狭いので運転には気をつけてください。
貞光から南下する438号線ルートが一番整備されてると思います。(幅員減少区間はあり)
車がない場合は登山バスも出ています。(季節運行)
春~秋は美しい景色を見せてくれるのでたまには舞台訪問がてらに日常を忘れてみてはいかがでしょうか。

この記事では『結城友奈は勇者である-勇者の章-』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2017 Project 2Hにあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2018-05-30 : 結城友奈は勇者である : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

『ラブライブ!サンシャイン!! 』 舞台探訪(聖地巡礼) ~函館エリア~

s-IMG_3562a.jpg
『ラブライブ!サンシャイン!! 』 2期の舞台探訪です。
今回は8話と9話で登場した北海道の函館エリアのご紹介です。
2018年4月末の函館UCに合わせて訪問しました。
多くのファンで賑わっていました。
空港でのショップのほか、市内各所がタイアップの動きをしていて楽しかったです。

【函館空港】
lshk055.png s-IMG_3316.jpg
函館市街地の東側に位置する函館空港。
道南の中心となる空港で、大都市圏や海外とを結んでいます。
lshk057.png s-IMG_3318.jpg

lshk058.png s-IMG_3319_2018052122222827f.jpg
ここから中心部まではバスで向かいます。
バスの発車まで時間が無かったのでアングルは合わせれていません。
s-IMG_3303.jpg

s-IMG_3309.jpg
4月末にはラブライブ!サンシャイン!!のプレミアムショップがオープンしていました。

【函館アリーナ】
lshk005.png s-IMG_3325_20180521224013ac8.jpg
函館アリーナは2015年にオープンした多目的ホール。
メインアリーナの収容人数は5000人を誇る。
作中ではラブライブの地区予選会場として使われ、Saint Snowも出場しました。
アニメと実際のアリーナの描かれ方は大幅に異なっています。
なお、この場所で2018年4月にはキャスト陣によるユニットライブが行われました。

【函館市電杉並町停留所】
lshk006.png s-IMG_4163 (2)
函館アリーナでの予選を見学したAqoursメンバーが市街地へと戻る夕方のシーンで通った場所。
市電は市内各所とのアクセスに便利です。

【五稜郭タワー】
lshk009a.png s-IMG_4183.jpg
五稜郭タワーは地上90mの高さから五稜郭を一望できる展望塔。
lshk010.png s-IMG_4039.jpg
春は桜が美しい五稜郭です。
lshk011.png s-IMG_4019.jpg
土方歳三の像。展望台にあるのは座像であり、アニメで登場した立像は1階のアトリウムにあります。
lshk012.png s-IMG_4032.jpg
下を見ると怖いです。
lshk013.png s-IMG_4046_201805212317001d7.jpg
この場所は下りエレベーターを待つ人で混雑してたので似たような場所で代替。

【函館駅】
lshk001.png s-IMG_3343_20180521224735b55.jpg
北海道新幹線が開通し、東京から片道4時間で行けるようになった函館の玄関口となる駅。
新幹線は函館駅ではなく、離れた新函館北斗駅に到着するので普通列車で移動することになります。
lshk86.png s-IMG_3349_20180521224012cb8.jpg

lshk87.png s-IMG_3354_2018052122401294c.jpg

lshk003.png s-IMG_4001.jpg

lshk004.png s-IMG_3353_201805212240129e1.jpg
駅周辺にはホテルが多いです。

【函館国際ホテル】
lshk052.png s-IMG_3360_20180521224011242.jpg
函館駅とベイエリアの中間にある、観光にも便利なホテル。Aqoursのメンバーが宿泊先に選びました。
外観はもちろんのこと、客室内も再現されています。(外観は2018年現在工事中のため異なっている) 
s-IMG_7288.jpg
朝食がおいしいホテルとして選ばれるほどの人気です。

【金森赤レンガ倉庫】
lshk041.png s-IMG_3740_20180521225455bab.jpg
夜のシーンでルビィと理亞が会話していた倉庫街。
lshk042.png s-IMG_3742.jpg

lshk045.png s-IMG_3757_20180521225044b88.jpg

lshk044.png s-IMG_3748.jpg
ベイエリアに建つ函館の代表的な観光スポットで、レトロなレンガ造りの建物内に、スイーツ、みやげ品、アクセサリー、雑貨などを扱うショップが集まっているます。
lshk047.png s-IMG_3754a.jpg
夜はライトアップされて幻想的な雰囲気になります。

【ラッキーピエロベイエリア本店】
lshk028.png s-IMG_3962_20180521225703af6.jpg
メンバーが食べていたハンバーガーショップは、函館発のご当地ハンバーガーレストラン「ラッキーピエロ」。
lshk031.png s-IMG_3961_20180521225703822.jpg
ここでは外観のみ掲載。
函館に来たら絶対に食べておきたいお店です。
混雑時には近くに大型の店舗もあります。
花丸が食べた「THE フトッチョバーガー」は大ボリュームなので覚悟して食べましょう。

【新島襄ブロンズ像公園】
lshk032.png s-IMG_3824_201805212253286f6.jpg
ベイエリアの函館西波止場近くの小公園にある「新島襄ブロンズ像」のある海に面した公園。
lshk034.png s-IMG_3826_20180521225328dc2.jpg
像はアニメには出ていませんが、像の正式な名称は「記念撮影 未来への始まり‐海原‐」といい、2002(平成14)年に建立されました。
lshk035.png s-IMG_3833.jpg

lshk037.png s-IMG_3828.jpg
波止場の施設は改修中でした。

【八幡坂】
lshk040.png s-IMG_3850_2018052123025301f.jpg
函館を代表する、Awaken The Powerの舞台となった坂道。
ライブの日なので多くのファンの姿がありました。
lshk051.png s-IMG_3846_201805212302538cc.jpg

lshk082.png s-IMG_3707.jpg

lshk081.png s-IMG_3700_20180521230252296.jpg

lshk080.png s-IMG_3703.jpg

【八幡坂の上(高校前)】
lshk014.png s-IMG_3878.jpg
函館港まで一直線に伸びる約270mの坂道
。函館港を見下ろせる、函館を象徴するロケーションスポット。
函館で最も美しい坂道と言われ、モダンな町並みと合わさって景観を作っています。
lshk015.png s-IMG_3872_20180521230523225.jpg

lshk016.png s-IMG_3875_201805212305230bf.jpg

lshk017.png s-IMG_3890.jpg
坂道の上にあるのは、鹿角姉妹が通う「函館聖泉女子高等学院」のモデルです。
現役の学校なので敷地内へは立ち入らないようにしましょう

【茶房 菊泉】
lshk020.png s-IMG_4351_2018052123095471f.jpg
大正10年(1921)に建てられた酒問屋の別邸を再利用した「茶房 菊泉」。
店名は、大阪府・堺市の清酒「菊泉」に由来します。
lshk019.png s-IMG_3892_20180521230954103.jpg
作中では鹿角聖良と理亞の姉妹の実家のお店として登場。
lshk024.png s-IMG_3401_201805212309531ca.jpg
白玉ぜんざいは絶品です。
lshk023.png s-IMG_3407.jpg
店内や姉妹の部屋などの内装なども一致する箇所が多いなど再現度が高いです。

【旧函館区公会堂】
lshk059.png s-IMG_3467_201805212309530f3.jpg
2期9話、クリスマスイベントの選考会場となった建物。
函館港を見下ろす高台に建ち、明治43年(1910年)に建てられた左右対称の美しい建物です。
lshk060.png s-IMG_3459_20180521230953fcf.jpg

lshk061.png s-IMG_3435_20180521231659928.jpg
館内は貴賓室や130坪の大広間などがあり、往年のモダンな雰囲気を今に残してあります。
lshk062.png s-IMG_3440_20180521231743bf8.jpg
選考会のシーンで使われたのは大広間で、ドレスなどの貸衣装を身に着けてハイカラ体験ができます。
lshk063.png s-IMG_3437_2018052123174420f.jpg

lshk064.png s-IMG_3441_20180521231743486.jpg

lshk065.png s-IMG_3448_20180521231743ebd.jpg
バルコニーからは函館の町並みを一望できます。
2018年10月より長期間の改修工事に入るので訪れるなら早めにしましょう。

【船見児童公園】

lshk066.png s-IMG_3488_201805212353227bd.jpg
9話でルビィや里亞たちが雪だるまを作ったりシーソーで遊んでたりしていた公園は、函館山の中腹にある船見児童公園。
かなり坂を登るものの住宅街の近くにあります。
lshk067.png s-IMG_3492_20180521235321ebb.jpg

lshk068.png s-IMG_3490_201805212353217d1.jpg
旧函館区公会堂から坂を横に移動して向かえば登る距離は短縮できます。
近くに船見公園という大きな公園があるのでそちらと間違えないように注意。

【聖ヨハネ教会前】
lshk026.png s-IMG_3913_201805212306040a6.jpg
ワンカットだけ映ったシーン、聖ヨハネ教会前の道。
善子(ヨハネ)に関連してここが登場したかは不明です。
1979年に落成、礼拝堂はドーム型の天井を有しています。

【函館山ロープウェイ山麓駅(FMいるか)】
lshk074.png s-IMG_3630.jpg
函館山ロープウェイの山麓の乗り場。
lshk069.png s-IMG_4264 (2)
この乗り場の建物内にFMいるかのサテライトスタジオが設置されています。
lshk071.png s-IMG_4271 (2)

lshk072.png s-IMG_4278 (2)
内観はだいたい一致します。

【函館山】
s-IMG_3603a.jpg
函館市と近郊を一望できる展望台。
両側を海に囲まれた独特の地形が演出する眺望は絶景です。
lshk083.png s-IMG_4182 (2)
夜間は人が多すぎるので昼間カットで比較。
lshk079.png s-IMG_4170 (2)

lshk077.png s-IMG_3507.jpg
夜でもここまで明るくなりません。
lshk075.png s-IMG_4172 (2)
この展望台がここまで無人になるのは深夜まで待たないと難しいでしょう。
lshk076.png s-IMG_4176 (2)
展望台は2層になっているものの、夜間は大混雑します。

s-IMG_7364_20180522214553ac6.jpg
ライブの開催に合わせて、函館のコラボ巡礼マップが配られていました。

s-IMG_7357_2018052221455427e.jpg
以上、函館編のご紹介でした!
有名観光地が多く登場しているので、観光しながら舞台を巡れると思います。
一度は訪れてみたい町ですね。



この記事では「ラブライブ!サンシャイン!!」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2018-05-22 : ラブライブ!サンシャイン!! : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『リズと青い鳥』 舞台探訪(聖地巡礼)

今回は4月21日に劇場公開された「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ作品『リズと青い鳥』の舞台探訪です。
「ユーフォ」本編とはかなり違った表現が多用されており、別作品として楽しむこともできました。
この話はほとんどが学校の中が舞台となったので、学校外のシーンはほとんど登場しなかったのですが、唯一中学校時代の回想シーンで通学路が登場したのでご紹介します。
riz01.jpg s-IMG_3298_20180424065233d04.jpg
宇治市街地付近ではなく、近鉄の大久保駅から1キロほど西へ歩いた川沿いの場所です。
車のディーラーさんの近くから撮影しました。
実際に桜の時期はこんな感じの桜並木になります。
背景の自動車工場の建物も一致しています。
s-IMG_4421_20180424065231b2d.jpg
このポイント以外の舞台はほとんどが学校内。
もちろん通常内部には入れません。
s-IMG_4423.jpg
ご存知の方も多いでしょうが莵道高校。
学生や地域の方など、宇治での「ユーフォ」の認知度はかなり上がっているようです。
s-IMG_3284.jpg

s-IMG_3289_201804240652316ca.jpg
映画公開に合わせてパネルやラッピング列車などのコラボキャンペーンで盛り上がっていました。

この記事では「リズと青い鳥」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2018-04-24 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『乃木若葉は勇者である』 舞台探訪(聖地巡礼) ~丸亀編~

『結城友奈は勇者である』シリーズのスピンオフ作品、『乃木若葉は勇者である』 の舞台探訪です。
今回はコミカライズ版18話を中心に丸亀エリアの舞台をご紹介します。

【丸亀城】
s-nwym00.jpg s-_MG_5233.jpg
若葉が丸亀城の天守前に立って海の方向を見ていたカット。
同じように撮るには柵の外に出なければなりませんが、若葉が立っている柵の外は立入禁止になっているのでご注意ください。
nwym11.png s-_MG_5228.jpg
丸亀城から丸亀市街地を眺めた光景。
度々ここからの眺めは登場しますが、この予告編が一番一致度が高いかもしれません。
s-nwym10.jpg s-_MG_2588.jpg
日本一大きな石垣と対比的な天守閣。
若葉が立っているポイントが唯一の出入り口となります。
とてもじゃないけど学校として使うには手狭です。
s-nwym02_20180312234555f03.jpg s-_MG_2557.jpg
大手門。
正面から丸亀城に入ると必ずこの門を通ります。
場内のシンボルの一つです。

【丸亀駅前】
s-nwym01_20180312234556861.jpg s-_MG_7437.jpg
コミカライズ18話の丸亀駅前のバスターミナル。
駅舎ではなくなぜかバス停を中心に描かれています。
ここからは本州方面の高速バスを中心に発着しているんですがバーテックス襲撃の世界線ではどこへ行く路線が走っているのか気になります。
s-nwym06_20180312234554646.jpg s-_MG_7436.jpg
このカットでは一般路線バスのバス停と、後方にホテルが見えます。

【浜町商店街】
s-nwym05_20180312234554551.jpg s-_MG_7440.jpg
丸亀駅前から伸びている浜町アーケード。
具体的ポイントは分かりませんが、アーケードの形が一致しているのが分かります。

【骨付鳥 一鶴 丸亀本店】
s-_MG_5280.jpg

s-IMG_8760_20180312235118053.jpg
若葉たちが骨付鳥を食べていたのは一鶴丸亀本店。
丸亀駅のすぐ北側にあります。
丸亀を訪れたら一度は食べておきたい名物です。

【丸亀港】
s-nwym09.jpg s-_MG_7447.jpg
18話で最後にやってきたのが丸亀港のみなと公園。
奥に見えるのがシンボルの京極大橋。
灯篭が2つ描かれていますが、右奥にある太助灯籠が有名です。

【丸亀街道】
s-nwym03.jpg s-IMG_2473_201803122352212bb.jpg
古い町並みを歩くシーン。
ここだけちょっと離れていて、西中学校の近くになります。
旧の金毘羅街道である丸亀街道です。
丸亀港からこんぴらさんへの街道として賑わった道です。
場所が分かりにくいですが、右にある四角形石灯籠が目印の五差路です。

【まるがめ婆娑羅まつり】
s-nwym08.jpg s-IMG_09030.jpg
お祭りの記述が出ていました。
婆娑羅まつりのポスターのモデルは2017年のものだと思われます。
s-DSC00810.jpg
婆娑羅まつりは8月下旬に行われるお祭り。
踊りがメインで丸亀駅周辺や商店街で開催。
花火大会も実施されます。
s-P5043094.jpg
一方のお城まつりは5月のゴールデンウィークに開催される市民祭り。
メインの会場は丸亀城で、こちらの方が歴史があります。
婆娑羅まつりは激しいダンスが主体ですが、お城まつりはうちわを使った踊りで、誰でも踊れるような雰囲気となっています。


以上がのわゆの主な丸亀エリアの紹介です。
乃木若葉は魅力的なキャラや奥深いストーリーがいいし、結城友奈の時代の物語の原点でもある作品なので、ぜひアニメ化してもらいたいと思ってます!

この記事では「乃木若葉は勇者である」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2015 Project 2Hにあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2018-03-13 : 結城友奈は勇者である : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
1位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR