「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

たけはら憧憬の路2014 散策記

s-IMG_5942_20141030230113ec9.jpg
安芸の小京都と呼ばれ、アニメ「たまゆら」の舞台としても知られる広島県竹原市の町並み保存地区周辺。
今年は連続テレビ小説「マッサン」でも話題になっています。
その江戸時代の繁栄を今に伝える古い町並みを竹筒からあふれるろうそくの灯りで幻想的にライトアップするイベント、「町並み竹灯り‐たけはら憧憬の路‐」
昨年は参加できなかったので、二年ぶりに行って来ました!
今年も10月25日と26日の二日間にわたって開催されました。
たまゆらファンや、地域の人々も集まってかなり賑わっていました。

私が行ったのは日曜日の26日でした。
当日の竹灯りの写真を中心に幻想的な竹原の様子を、「たまゆら~もあぐれっしぶ~」9話のシーンを少し織り交ぜつつ紹介していきたいと思います。
s-IMG_5677.jpg
昼間から町中では竹灯りの準備が行われていました。
s-IMG_5689_20141029233739f45.jpg
マッサンのポスターが目立ちます。
一時期たまゆらのポスターばかりだったのを考えると、時代の変化を感じますね。
s-IMG_5721.jpg
午後はたまゆらファンの間で行われたオフ会「かお誕」に参加してきました。
ケーキのクオリティが素晴らしかったです!
s-IMG_5842.jpg
さて、夕方になって日が暮れてくると、町中の竹筒に灯りが灯されていきます。
s-IMG_5761_20141029234654950.jpg
たまゆらファンの方が作られた竹灯り。
たまゆらキャラの風車が回ります。
s-IMG_5771.jpg
旧笠井邸。
「おかえりなさい」の竹灯りです。
tmym954.png
s-IMG_5776.jpg
旧笠井邸より見た景色です。
まだ日没にちょっと早かったです。
s-IMG_5780.jpg
お寺では、マッサンの竹灯りが出迎えてくれました。
s-IMG_5782.jpg

s-IMG_5786.jpg

s-IMG_5784.jpg
幻想的な灯りの数々。
s-IMG_5798_2014102923465076f.jpg
町並み保存地区のメインストリートへ。
人が増えてき始めました。
多かったと思いますが、これでも身動きが取れなかったほどの土曜日よりは空いていたそうです。
s-IMG_6036_201410302330507bd.jpg
竹鶴前。
マッサン効果でここで写真を撮る人の姿が目立ちました。
s-IMG_5805.jpg
松阪邸の竹灯り。
この時間になると日が落ちて映えるようになってきました。
s-IMG_5809_20141029235310c58.jpg
ももねこ様!
ここでは影絵で楽しむことができます。
tmym957.png
s-IMG_5822_2014102923530852c.jpg
このハート型の影絵は、作中でも登場していましたね。
実際にカップルが相次いで撮影していましたw
s-IMG_5810_201410292353098bc.jpg
松阪邸より、灯りと普明閣を見上げます。
竹原でもトップクラスの絶景だと思います。
s-IMG_5815.jpg

s-IMG_5830_201410300019000ef.jpg
町並み保存センター前、今年は「愛しのエリー」というオブジェです。
s-IMG_6066_201410300018594c2.jpg
西方寺の石段。
終了直前だったので無人での撮影に成功!
s-IMG_5838.jpg
東京スカイツリーを模した竹原スカイツリー。
s-IMG_5839.jpg
完成度の高さに驚かされます。
s-IMG_5849.jpg
竹楽裏の広場では今年もみんなの夢灯りが灯されています。
s-IMG_5848.jpg
たまゆらファンの願いもたくさん飾られていました。
tmym955.png
s-IMG_5992.jpg
町並み保存センター横の竹灯り。
s-IMG_5996_20141030230111d64.jpg
ここも美しいですね。
s-IMG_5876_20141030230110f72.jpg
和服姿の人々の演奏も、素敵な雰囲気に彩を加えていました。
s-IMG_5888.jpg

s-IMG_5892_20141030230109cc3.jpg
照連寺へ向かいます。
tmym951.png
s-IMG_5894_2014103023052741d.jpg
ここの竹灯りも楽しみの一つ。
今年はちょっと少なかったかな。
s-IMG_5900_20141030230526b5a.jpg

tmym956.png
s-IMG_5913_20141030230525ee9.jpg
今年のテーマはマッサンだったようです。
s-IMG_5923_20141030230524d91.jpg

s-IMG_5928.jpg
たまゆらの時よりもマッサンの方がタイアップしてる灯りが多いですねw
s-IMG_5921.jpg

s-IMG_5929.jpg

tmym952.png
s-IMG_5933.jpg
ここも定番の景色となりました。
s-IMG_5934_2014103023103386e.jpg

tmym959.png
s-IMG_5937_20141030231032a7a.jpg
壁に灯る竹灯りは好きですね~。
s-IMG_5939.jpg

s-IMG_5861.jpg
「いっぷく」さんにはたまゆらをイメージした竹灯りがありました!
今回はお世話になりました(笑)
s-IMG_5858.jpg
いっぷくさんの瓦そばはとても美味しかったので、是非!
s-IMG_5956.jpg

s-IMG_5967.jpg

s-IMG_5962.jpg
いろんな形の灯り、いろんな表情がありました。
s-IMG_5970.jpg
ここからは定番ポイントを一気に行きますよ!
s-IMG_5978.jpg

s-IMG_5981.jpg
2日目の終了間際はかなり人が少なく、満足のいく撮影となりました。
tmym958.png
s-IMG_5982.jpg

s-IMG_5990.jpg

tmym960.png
s-IMG_6002.jpg
最後に、静かに竹灯りに灯された町並みをご紹介。
s-IMG_6006.jpg

s-IMG_6020.jpg

s-IMG_6023_2014103023305217d.jpg

s-IMG_6026.jpg

s-IMG_6032.jpg
さすがに三脚が必須となりましたが、いい雰囲気を残すことができました。
s-IMG_6059_201410302334289e5.jpg
最後に、日の丸写真館付近に整備された広場へ。
ここにも数々の竹灯りがありました。
s-IMG_6058.jpg

s-IMG_6057.jpg
たまゆらファンの方々による、写真部の灯り。
s-IMG_6050_20141030233426412.jpg
たまゆら~もあぐれっしぶ~
s-IMG_6062.jpg
そんな竹灯りの数々を見ながら、名残惜しくも消灯の時間です。
おや、この竹灯りは?
s-IMG_6047.jpg
なんと、拙ブログ「つればし」の竹灯りがありました。
まさかの憧憬の路デビューですw
この竹灯りは私は一切かかわっておらず、友人がわざわざ作ってくれたそうでサプライズでした。
これはこれでいい思い出となりましたw

というわけで、とっても楽しい思い出といい写真が撮れた憧憬の路2014となりました。
また来年もここに来たいです!
FC2 Management

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-10-30 : イベント参加レポート : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

マチ★アソビ vol.13に行ってきた

s-IMG_5532_20141016231635d11.jpg
毎年すっかり恒例となった徳島の一大イベントとして定着しているアニメ・ゲームを中心とした複合型エンターテインメントイベントのマチ★アソビ、この秋も参加してきました。
今回は台風の接近によりクライマックスランが3日から2日に短縮されるというイレギュラーな事態でしたが、結果として成功できたことにものすごく感激させられました。
その辺も含めてレポート記事にまとめられたらなと思っています。

s-IMG_5512.jpg
今回も徳島阿波踊り空港のマチアソビジャック企画からご紹介です。
s-IMG_5514_20141016231632cc2.jpg
まず目を引くのは巨大なGODEATERの模型。
すごい迫力ですね。
s-IMG_5526.jpg
エスカレーター前の巨大タペストリーには毎度目を惹かれます。
s-IMG_5508.jpg
今年デビューしたばかりの徳島出身の声優・山下七海さんのタペストリー。
本人の書いた文字だそうで、この後のイベントでもこのタペストリーのことを話していました。
s-IMG_5522.jpg s-IMG_5507.jpg
今回イベントに参加した作品のタペストリーがずらっと並んでいました。
後でもご紹介しますが「おへんろ。」がこんなに大きな企画になるとは1年前は思ってもいませんでした。
「おへんろ。」は、女子高生のキャラが四国八十八ヶ所を巡りながらお寺などを紹介していく情報番組なのです。
四国ローカルでしたがいよいよBSフジで全国放送が始まりますので是非見てみてください。
s-IMG_5534_2014101623283593f.jpg
一番目立ったのはやはりこのロビーの阿波踊りのパネル。
ここまで大きいと圧巻です!
s-IMG_5529.jpg
今回は出発ロビー内のバナーのサンプルが見られるようになりました。
飛行機に乗らない人にとってこれは嬉しいですね。
s-IMG_5539.jpg
恒例となったマチアソビと地元銘菓などのコラボシリーズ。
ここでしか見られないパッケージなので価値があるんですよ。
s-IMG_5540.jpg
「アルドノア・ゼロ」や「月刊少女野崎くん」が初参加しています。
川田まんじゅうの背景の再現度が気になりましたw
s-IMG_5541_201410162324188f5.jpg

s-IMG_5543.jpg
急速に増えた「おへんろ。」グッズです。

s-BztFq_mCcAEWWIV.jpg
さて、いよいよ徳島市街地にやってきました。
台風が接近していたので風はあったものの、2日目の夜までほとんど雨が降らずにもってくれたので助かりました。
2日目の朝には青空だったんですがねー。
s-BztNBBeCUAEq-lQ.jpg
駅前ではラッピングバスが当たり前のように走っていますw
今回はラッピングタクシーも登場したようです。
s-IMG_5546.jpg
新町川沿いにはアニメ系各社のパラソルショップや、コスプレイヤーさんの姿が多く見られ活気付いていました。
s-IMG_5544_20141016233807018.jpg
川沿いに会ったおへんろと貸衣装店のコラボパネルが可愛かったですw
s-IMG_5545_20141016233806774.jpg
この場所から振り返ったらちょうど背景となった風景があります。
s-BzprLacCYAEwxGs.jpg
続いて、ポッポ街商店街で行われていたきんいろモザイクスタンプラリーへ。
s-Bzpt0s_CEAAH8VR.jpg
チェックポイントは4箇所ですが、なんと全部集めるとオリジナル4コマ漫画が完成するという素晴らしい仕様です!
s-BzquzJPCIAA4Qtu.jpg
ゴールすると、まんがタイムきらら系の作品のポストカードが貰えました♪
s-IMG_5555_20141018211836a06.jpg
一番くじのブースがあったので見てきました。
s-IMG_5557.jpg
このけいおんのアイドル風の衣装すごく可愛いです!
s-IMG_5551.jpg

s-IMG_5552.jpg

s-IMG_5549_20141018211834900.jpg
高いクオリティなのでぜひ揃えてみたいです。
s-Bzp1Th8CEAE6_v5.jpg
ユーフォーテーブルシネマへ。
アルペジオのタペストリーが飾られていました。
s-IMG_5565_2014101821183330c.jpg
新作が始まったFateのパネル。
実は関西地上波で放送がないので徳島では見れませんw
s-IMG_5561_201410182118324c0.jpg s-IMG_5559.jpg
テイルズシリーズのキャラはみんな可愛いですね。
最近ゲームの方プレイできてないなぁ・・・。
s-BzugmqsCMAAVJgv.jpg
ドコモのトリニティ・セブンの車。
dアニメストアの宣伝すごいですね。
s-IMG_5598a.jpg
コスプレファッションショーでのダンスの様子。
徳島県のキャラクターの「すだちくん」も参加して盛り上がっていました!
s-IMG_5572a.jpg

s-IMG_5689.jpg
徳島新聞では、連日マチアソビの様子を紹介していました。
直接撮影ができないイベントの模様も見ることができます。
s-IMG_5571a.jpg
こちらがオリジナルのMAP。
毎年新聞紙面で楽しませてくれています。
ボードウォークなど現地で号外を刷って配布することもあり、かなりサービスがいいです!

s-Bzo4T9pCcAA88Mb.jpg
今回のフライヤー。
2日目は大幅に予定が変更されていて急遽新しい変更の紙が配布されていました。
秋マチアソビの象徴ともいえる眉山山頂ステージが使えたのは1日目だけとなりました。
s-Bzo3jIyCcAIEdQV.jpg
今回は時間がなく眉山山頂まで行けなかったのが残念でした。
s-867998687.jpg
こちらが急遽用意された新会場、徳島文化センター
1200人程度収容できる大きなホールです。
座席が空調が聞いて音響がいいのはよかったですが、眉山山頂のように飲食をしながらゆったりとイベントを楽しむマチアソビらしさが及ばなかったかなと思います。
s-Bzsyd_LCUAAWofu.jpg
また、早朝から整理券確保のために並んだのがしんどかったですw
結果的にアイマス以外は全員入れたようですけどね。
でも整理券確保できたおかげでステージを前方で見れたというのはあります。
やむを得ないパターンですが、今後は規模の拡大と合わせてこういったホール型の会場も活用できるんじゃないかなと考えさせれました。
それでも、急遽こんな大きな会場を抑えられただけでも素晴らしいです!

ここでは「Wake Up Girls!」や「かと*ふく」のエイベックスピクチャーズライブと、綾野ましろさんやELISAさんなどのソニーミュージック系ライブに参加してきました。
WUGは全員来てほしかったですが、5人でのライブというのもレアでしたね。
本来眉山でやるものだったので無料で楽しむことができました。
屋内だったので、音響面とサイリウムの光を輝かすことができたのはよかったです!

また、今回のイベントで最も印象的だったのが新町東公園会場での「つきねこ」の解散ステージ。
2009年10月11日、マチ★アソビ vol.1で今井麻美さん、喜多村英梨さん、阿久津加菜さん、五十嵐裕美さんの4人でつきねこが結成。
当時大学生だった私の声優イベントの起源であり、声優ライブへの道を突き進むきっかけでした。
あの日、眉山にいなければ今の私はなかったかもしれません。
開始当初のマチアソビは、つきねこを中心としたイベントが多く、マチアソビと共に成長してきたユニットでした。
最近は参加企業や声優さんが増え、イベントが多様化してきてつきねこの活動は縮小し、メンバーが揃うことも減ったので今回の解散はとくに驚きはありませんでした。
結成当初は声優デビューしたばかりの五十嵐裕美さんなども今ではメインヒロイン級の仕事が増え、今後ますます全員が揃う可能性が減ったのでこのタイミングでの解散に踏み切ったんだと思います。
今後マチアソビで『Refrain』などの曲がが聞けなくなるのは悲しいですが、発展的な解散であると思っていますし、これからもつきねこの元メンバーを応援していきたいと思います!

s-BzvZEXnCMAEO2Yk.jpg
夜はすだちジュースと阿波尾鶏で乾杯!
イベント出演者がみんなおすすめしてくるので食べてみましたが、本当においしかったです♪
今年も県外から多くのフォロワーさんが来ていて多くの人と交流できて楽しかったです!

今回も楽しかったマチアソビ。
台風の接近に伴う急な日程やスケジュール変更がありましたが、結果としては2日間は雨に降られることなく大成功だったと思います。
警報が出たら中止だったので一時は諦めていたイベントもありましたが、中止することなく全てのイベントをやり遂げました。これってとてもすごいことですよ。
これも近藤氏をはじめとするスタッフの尽力と、徳島県などの行政の支援があってからこそだと思います。
県外の参加者が大半のイベントなので、四国は本四架橋などの交通機関が寸断されたら帰れなってしまうので慎重な判断が必要だったと思います。
台風は残念だったけど結果としては本当によかったです。
また春か秋のマチアソビに行きたいと思います!

テーマ : 四国旅行
ジャンル : 旅行

2014-10-18 : マチアソビ : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

『結城友奈は勇者である』 舞台探訪(聖地巡礼) 第1話・第2話

10月より放送開始の秋アニメ『結城友奈は勇者である』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
「勇者部」で学園生活を楽しむ少女たちの日常と非日常を描いた作品のようです。
作中では舞台となる場所の地名は明かされていませんが、香川県の観音寺市が舞台となっています。
今回は先日ニコ生で放送された事前特番で1話の冒頭シーンが公開されたので、そこに登場したスポットを紹介していきたいと思います。

【三架橋】
yyy001.png s-IMG_5608_201410190047517bf.jpg
オープニングに登場。
三つのアーチが特徴的な橋です。
作品のシンボル的な場面になるかもしれませんね。
yyy002.png s-IMG_5609_2014101900475003b.jpg
海側に向かって歩道より。
yyyp11.png s-IMG_5498_201410110935109f5.jpg
これは新琴弾橋より撮影。
yyyp28.png s-IMG_5482.jpg
北側から南に向かってズームしています。
yyyp02.png s-IMG_3330.jpg
看板?は橋の反対側に設置されていました。
yyyp03.png s-IMG_3335_20140824151800b9f.jpg

yyyp10.png s-IMG_5611_201410190050382a4.jpg
冒頭のこのシーンは、三架橋より海側に架かる橋を眺めた構図です。
手前から琴弾橋、新琴弾橋。
yyyp26.png s-IMG_5488_20141011093510fa4.jpg
こちらも橋の近く、財田川沿いの道です。
橋からズームで撮れました。

【琴弾八幡宮】
yyyp17.png s-IMG_5477.jpg
三架橋のすぐ傍にあります。
鳥居前の駐車場が登場。
なお、神社拝殿は石段をずっと登っていきます。
yyyp12.png s-IMG_5478_20141011093746ec2.jpg
鳥居。
yyyp18.png s-IMG_5480.jpg
これは神社の前。
三架橋北側の八幡交差点にあります。

【観音寺簡易裁判所前】
yyy201.png s-DSC07637.jpg
高松地方裁判所観音寺支部観音寺簡易裁判所の前です。
実際に民家はありません。
裁判所の位置にあることになってるようです。

【有明浜】
yyyp14.png s-IMG_5612_20141019005038641.jpg
有名な銭型砂絵がある琴弾公園の近くです。
夏場は海水浴客で賑わいます。
yyy003.png s-IMG_5622.jpg
EDに登場しているシーンもここだと思われます。
ただ、沖合いに見える伊吹島は描かれていません。

【水田の中の道】
yyyp19_20141011003030640.png s-IMG_5495.jpg
農道から山沿いの集落を眺めるカットです。
財田川沿いの道からずっとズームしています。
高屋町の辺りです。
ちょっと撮影位置が高く見えるのはそのためです。
なぜここを選んだんでしょう。

【観音寺駅】
yyyp25.png s-IMG_5505_20141011093844760.jpg
分かりにくいですがJR観音寺駅です。
屋根の上の形が特徴的です。
yyyp16.png s-IMG_5506.jpg
こちらは観音寺駅前からまっすぐ伸びる道。
証券会社などの看板をはじめ、よく再現されています。
ロケハンを行ってるみたいですね。
それにしてもズームのカットの多いこと^^;

【つるや(うどん屋)】
yyyp21.png s-IMG_5476_20141011094106ea4.jpg
勇者部一行が訪れていたうどん屋は「つるや」さん。
セルフスタイルのお店ではなく昔ながらの雰囲気の残るお店で、客層も地元の常連さんが多い印象でした。
yyyp24.png
店内は混雑していたので撮影はしていませんが、雰囲気は見事に再現されていました。
時間帯にかかわらず混雑しています。
お店の営業の迷惑にならないよう、撮影等は配慮をお願いします。

yyyp05.png s-IMG_3344.jpg

作中同様に肉うどんを頼んでみましたが、おいしかったです!

【中学校】
yyyp209.png s-IMG_5503_20141011093844a05.jpg
結城友奈達が通う中学校。
正門側です。
敷地外より撮影。
建物もよく再現されています。
現役の学校です。生徒・関係者・近隣住民の迷惑とならないよう不審と思われるような行動はしないでください。
yyyp01.png s-IMG_3339a.jpg
運動場側より。
yyyp13.png
校舎の窓から見た景色だと思われますが、登れないので地上から撮影するしかなさそうです。
瀬戸内海と、ビニールハウス群、右手には特徴的な江甫草山が見えます。

【瀬戸大橋】
yyy005.png s-P2281959a.jpg
オープニングの最後、これは瀬戸大橋記念公園から見た瀬戸大橋と思いますが、なぜか破壊されています。
四国の住民にとっては生活道路なのでこの橋が壊れるのは死活問題なんですが^^;
この世界に何が起こってるのか、先が気になりますね。

2話までは以上です。
ここまでしっかり描かれているとは驚きました。
観音寺が今までアニメの舞台になることって少なかったので、これからどこが登場していくか楽しみです!
(不満があるなら、香川県の地上波放送局でこのアニメを視聴できないことですねw)


より大きな地図で 「結城友奈は勇者である」聖地巡礼地図 を表示

この記事では「結城友奈は勇者である」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C) 2014 Project 2Hにあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-10-11 : 結城友奈は勇者である : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

「第2回岩美町イカ祭り」に行ってみた

s-IMG_5216_20140924231038990.jpg
9月21日に第2回岩美町イカ祭り&コスプレイベントが行われたので、Free!ESの舞台探訪を兼ねて岩美町まで行って来ました。
実は岩美でのイベントに参加するのは初だったんですが、当日は想像以上の人出があり、コスプレイヤーさんもかなりの人数で盛り上がっていました。
いつもの展望台にも引っ切り無しにレイヤーさんが訪れていました。
こんなに人がいっぱいの田後は初めてでしたw
s-Bx9B4dbCMAAABEg.jpg
こちらがイベントのチラシ。
屋台やコスプレ体験、スタンプラリー、クイズ大会ととにかく盛りだくさんでした。
s-IMG_5311.jpg
この日は晴天に恵まれ、空と海がものすごく綺麗でした!
s-IMG_5245_201409242321273b9.jpg
お知り合いのレイヤーさんも何人かいました。
全体では100人ぐらいだったとか。
江ちゃん気合十分!
s-IMG_5177.jpg
イカ祭りとだけあって、イカがたくさんw
実にカラフルです。
s-IMG_5282_20140924230813ab5.jpg
港には大漁旗が出ており、多くの人で賑わっていました。
Free!ファンのみならず、地元の人も多く参加しており、手作り感のあるイベントでした。
s-IMG_5243_20140924230814671.jpg
イワトビちゃんの被り物。
おそらく海に浮かぶブイ等を再利用したものでしょうか。
s-IMG_5331_201409242316203ca.jpg
なんと等身大人形までw
s-IMG_5183.jpg
痛車がやってきていました。
Free!は結構珍しい気がします。
s-IMG_5288.jpg
屋台も大好評。
イカ団子汁はあっという間になくなりました。
コロッケや塩焼きサバがおいしかったです!
s-IMG_5280_201409242316195c4.jpg
魚が見れるコーナー。
漁港ならではですね。
s-IMG_5200_20140924232101378.jpg
イベントにあわせてか、各所に小道具がありました。
これは野営をしていた話のテント。
展望台にありましたw
ちなみにスタンプラリーのチェックポイントに。
s-IMG_5271_2014092423210048e.jpg
田後小学校跡地のイワトビちゃん。
s-IMG_5263.jpg
なんと写真やイラストを集めて大きな絵を作っています。
これは力作ですね!
s-IMG_5333.jpg
スタンプラリーは全部で5ヵ所を巡るものでした。
我々はみんなポストカード。
なかなか当たらないものですw
スタッフTシャツほしかったなぁ。
s-IMG_5326_201409242330258b4.jpg
スタンプラリーはイワトビちゃんを探せと名がついてるだけにイワトビちゃんが一緒でした。
s-IMG_5325_20140924233026d7a.jpg
スタンプラリーのポイントによっては神社裏などちょっと探しにくい場所もありましたが、こんな景観のいい場所なので参加者にとっても嬉しかったのではないでしょうか。
s-IMG_5182.jpg
民家からイワトビちゃんが覗いているのにはびっくりしましたw
ここもスタンプラリーポイント。
s-IMG_5316.jpg
続いては、ファンの有志が「EVER BLUE」という喫茶店をやっているということで行ってみました。
s-IMG_5303_2014092521520280b.jpg
何と巨大パネルが!
ファンが絶えず記念撮影をしていました。
s-IMG_5305.jpg
ケーキまで。
ものすごいクオリティです。
夕方にファンの皆さんで食べられたそうです。
s-IMG_5306_201409252152001b1.jpg
聖地巡礼マップ。
私も負けてられないですねw
s-ByB5LI2CEAABQSZ.jpg
イワトビちゃんシュークリームを注文してみました。
よく出来ています!
食べるのが勿体無いぐらいw
s-ByB6HqkCMAMiLjy.jpg
こちらはキャラクターをイメージしたドリンク各種。
店内は女性客が大半で賑わっていましたよ。

今回のイベントに限らず、岩美町の各地で「Free!」を応援している取り組みが見られるようになりました。
s-IMG_5174.jpg
何気ない民家に掲げられるFree!の看板。
s-Bx9LJGYCcAIGQFy.jpg
こちらはパン屋の「twinkle」さん。
イワトビちゃんのパンを4種類も作っており、予約でないと手に入らない盛況っぷりです。
s-ByCgQSUCMAAeQsl.jpg
作中に登場したファミリーマートでは店内にカット比較がありました。
s-Bx8z8d7CMAAfaJs.jpg
遊覧船乗り場にもFree!を紹介するコーナーができていました。
s-IMG_5302.jpg
ビーチインたけそうさん。
宿屋なのですが、ファンの持ち寄ったグッズ等がいっぱい。
こういった様子はいろんな場所で見てきましたが、男性キャラが多い光景は個人的には新鮮でしたw
s-Bx9DLInCYAAYGHs.jpg
なんといっても岩美の玄関口の観光協会さんが一番充実しています。
グッズの種類が多く、品薄の商品もあるそうです。
s-IMG_4844.jpg
このイワトビキユーピーちゃんは非売品でしたw
ここではレンタサイクルを借りることが出来ますが、休日を中心に予約だけで埋まっている状態。
1年前では考えられなかったです。

最後に、岩美の見たことのない景色の写真を紹介します。
s-IMG_4885.jpg
黄色い花と海とのコントラストが最高でした。
東浜の海岸にて。
s-IMG_4846_20140925224322b3a.jpg
青い海と白い砂浜が美しかったです。
羽尾の海岸。
s-IMG_5024_20140925223721e18.jpg
鳥取砂丘と大山が眺められる夕日のスポット。
網代展望台で、網代の漁港から民家の間を抜けて少し登っていくと見られます。
s-IMG_5019.jpg
この岩場の間はボートで行くことができます。
s-IMG_5010_201409252256075d0.jpg
夕暮れの鳥取砂丘。
砂丘からも夕日を見てみたいですね。
s-IMG_5050_20140925223721ce2.jpg
この日は晴天で、海に沈み行く夕日を見ることができました。
s-IMG_5097_201409252237204ea.jpg
さっきの場所のやや下側にある展望台より、日没の千貫松島。
海の彼方にはイカ釣り漁船の漁り火が点り始め、幻想的でした。
s-IMG_5134.jpg
こちらは夜の漁り火。
シーズンの日本海側でないと見られないので新鮮な光景で素晴らしかったです。
天気やコンディションがよくないとここまでの絶景は見られないかと思いますが、本当に岩美は景観のいい場所が多くてよかったです。
ここまで多くのファンが岩美にやってくるのは、景色の美しさもあると思いました。

s-ByCEJL9CUAARaQU.jpg
以上、岩美のイカ祭りレポートでした。
参加者層は女性ファンが圧倒的でしたが、コスプレイヤーさんに男性ファンや地元の人々など老若男女幅広い世代の人々が集まっていて、とってもいい雰囲気でした。
今までにないぐらいFree!一色に染まっていて楽しかったです。
またこういったイベントをやってほしいです!

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-09-25 : イベント参加レポート : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

『江ノ電×ハナヤマタ』 スタンプラリーに行ってみた

s-IMG_3586_20140906222613a8e.jpg
この夏アニメで私が一押しの作品「ハナヤマタ」
作品の舞台ともなっている江ノ電の沿線ですが、今回は江ノ電がハナヤマタとコラボキャンペーンをするということで、舞台探訪の合間でスタンプラリーやコラボ電車に乗ってきました。
写真はハナヤマタのヘッドマーク列車を鎌倉高校前駅で撮影。
江ノ電を象徴する場所で撮影に成功しました!(天気がよければなーw)
s-IMG_3583_20140906222613ee4.jpg

s-IMG_3649.jpg
ヘッドマークには5人のメインキャラが描かれています。
2両×2の編成になってるうえにホームの長さが短いので駅に停車中に撮りにくいのが難点w
s-IMG_3647_20140906222610d4f.jpg
車内はラッピング広告でいっぱいです。
s-IMG_3640.jpg

s-IMG_3628.jpg

s-IMG_3635.jpg
滋賀の京阪電車みたいに全面ラッピングは難しいでしょうが、それでもここまで広告でハナヤマタに染めているのは嬉しかったです!

s-IMG_3700_20140909032944e29.jpg

s-IMG_3701.jpg

s-IMG_3702_20140909032943fb2.jpg
こちらが記念入場券。
2000部あったそうですが、あまりの人気に一週間ぐらいで完売したそうです。
ちゃんと帽子を被ってる書下ろしイラストですし、お気に入りです。

s-IMG_3546.jpg
続いては9月1日より始まったスタンプラリー。
かなり気合の入った台紙で驚きました。
s-IMG_3547_201409062230070fa.jpg

s-IMG_3548_20140906223006b29.jpg
改札に入ったところに大きなパネルとキャラクターのイラストがあり、とても分かりやすいですw
私は鎌倉駅からスタート。
描かれているのはタミです。
s-IMG_3624.jpg
台紙はこんな感じ。
タイトルロゴと同じカラー!
5つの駅を巡ります。
スタンプラリーには江ノ電1日乗車券の「のりおりくん」(600円)、江ノ電以外も利用するならJRの一部と湘南モノレールにも乗れる「鎌倉・江ノ島フリーパス」(700円)が便利です。
s-IMG_3549_201409062230052fc.jpg
続いて長谷駅へ。
マチです。
巡礼ポイントとしては神社前の踏切が近いですね。
s-IMG_3562.jpg
次は七里ヶ浜駅。
ヤヤです。
キービジュアルの踏切などが近いです。
s-IMG_3610.jpg
江ノ島駅。
ここも大きなパネルが設置されていました。
s-IMG_3616.jpg
描かれているのはなるです。
巡礼ポイントはありませんが、江ノ島に最も近い駅です。
また、後で紹介する「えのでんはうす」でハナヤマタ展をやっていました。
s-IMG_3618_20140906224838578.jpg
最後のポイント、藤沢駅に到着です!
s-IMG_3621.jpg
描かれていたのはハナ。
巡礼や観光もしながら楽しく巡れました♪
s-IMG_3626.jpg
特典のCDの着せ替えジャケットを貰えました。
歌詞カードもちゃんと書かれてる本気仕様ですw
s-IMG_3654.jpg
最後は、えのでんはうすのハナヤマタ展です。
江ノ島駅から徒歩3分のところにあります。
s-IMG_3656_2014090903321595b.jpg

s-IMG_3658.jpg

s-IMG_3659_2014090903321480b.jpg
どのパネルも可愛くてよかったです!
羽織がとてもカラフルで素敵なんですよね~。
s-IMG_3666.jpg
オリジナルグッズも多数売っていました。
手書きのイラストがよかったですw

以上、一日かけて舞台巡りをしながら楽しんできました。
江ノ電はこういったコラボが上手いなぁと改めて感心させられました。
沿線でこういったタイアップがあれば、舞台に行く楽しみが増えますね!
江ノ島周辺は数多くの作品に出ていますが、行く度に新しい楽しみがあると思いました。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-09-09 : イベント参加レポート : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
4位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR