「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

『江ノ電×ハナヤマタ』 スタンプラリーに行ってみた

s-IMG_3586_20140906222613a8e.jpg
この夏アニメで私が一押しの作品「ハナヤマタ」
作品の舞台ともなっている江ノ電の沿線ですが、今回は江ノ電がハナヤマタとコラボキャンペーンをするということで、舞台探訪の合間でスタンプラリーやコラボ電車に乗ってきました。
写真はハナヤマタのヘッドマーク列車を鎌倉高校前駅で撮影。
江ノ電を象徴する場所で撮影に成功しました!(天気がよければなーw)
s-IMG_3583_20140906222613ee4.jpg

s-IMG_3649.jpg
ヘッドマークには5人のメインキャラが描かれています。
2両×2の編成になってるうえにホームの長さが短いので駅に停車中に撮りにくいのが難点w
s-IMG_3647_20140906222610d4f.jpg
車内はラッピング広告でいっぱいです。
s-IMG_3640.jpg

s-IMG_3628.jpg

s-IMG_3635.jpg
滋賀の京阪電車みたいに全面ラッピングは難しいでしょうが、それでもここまで広告でハナヤマタに染めているのは嬉しかったです!

s-IMG_3700_20140909032944e29.jpg

s-IMG_3701.jpg

s-IMG_3702_20140909032943fb2.jpg
こちらが記念入場券。
2000部あったそうですが、あまりの人気に一週間ぐらいで完売したそうです。
ちゃんと帽子を被ってる書下ろしイラストですし、お気に入りです。

s-IMG_3546.jpg
続いては9月1日より始まったスタンプラリー。
かなり気合の入った台紙で驚きました。
s-IMG_3547_201409062230070fa.jpg

s-IMG_3548_20140906223006b29.jpg
改札に入ったところに大きなパネルとキャラクターのイラストがあり、とても分かりやすいですw
私は鎌倉駅からスタート。
描かれているのはタミです。
s-IMG_3624.jpg
台紙はこんな感じ。
タイトルロゴと同じカラー!
5つの駅を巡ります。
スタンプラリーには江ノ電1日乗車券の「のりおりくん」(600円)、江ノ電以外も利用するならJRの一部と湘南モノレールにも乗れる「鎌倉・江ノ島フリーパス」(700円)が便利です。
s-IMG_3549_201409062230052fc.jpg
続いて長谷駅へ。
マチです。
巡礼ポイントとしては神社前の踏切が近いですね。
s-IMG_3562.jpg
次は七里ヶ浜駅。
ヤヤです。
キービジュアルの踏切などが近いです。
s-IMG_3610.jpg
江ノ島駅。
ここも大きなパネルが設置されていました。
s-IMG_3616.jpg
描かれているのはなるです。
巡礼ポイントはありませんが、江ノ島に最も近い駅です。
また、後で紹介する「えのでんはうす」でハナヤマタ展をやっていました。
s-IMG_3618_20140906224838578.jpg
最後のポイント、藤沢駅に到着です!
s-IMG_3621.jpg
描かれていたのはハナ。
巡礼や観光もしながら楽しく巡れました♪
s-IMG_3626.jpg
特典のCDの着せ替えジャケットを貰えました。
歌詞カードもちゃんと書かれてる本気仕様ですw
s-IMG_3654.jpg
最後は、えのでんはうすのハナヤマタ展です。
江ノ島駅から徒歩3分のところにあります。
s-IMG_3656_2014090903321595b.jpg

s-IMG_3658.jpg

s-IMG_3659_2014090903321480b.jpg
どのパネルも可愛くてよかったです!
羽織がとてもカラフルで素敵なんですよね~。
s-IMG_3666.jpg
オリジナルグッズも多数売っていました。
手書きのイラストがよかったですw

以上、一日かけて舞台巡りをしながら楽しんできました。
江ノ電はこういったコラボが上手いなぁと改めて感心させられました。
沿線でこういったタイアップがあれば、舞台に行く楽しみが増えますね!
江ノ島周辺は数多くの作品に出ていますが、行く度に新しい楽しみがあると思いました。
FC2 Management

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-09-09 : イベント参加レポート : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『ハナヤマタ』 舞台探訪(聖地巡礼) ~鎌倉・江ノ島・平塚周辺~

hytkv.jpg s-IMG_3539.jpg
今回は、「ハナヤマタ」の舞台探訪(聖地巡礼)です。
「よさこい、しませんか?」で始まる、女子高生のよさこいに賭ける青春を描いた爽やかなアニメです。
よさこいアニメですが舞台となるのは高知でも札幌でもなく、湘南の鎌倉周辺です。
キービジュアルは、七里ヶ浜駅付近の踏切になります。
江ノ電が印象的な光景ですね。
今回は、夏の湘南周辺を巡ってきたのでスポットごとに舞台を紹介していきたいと思います!

【鎌倉高校前駅付近】
hyt01.png s-IMG_3602a.jpg
まずは江ノ電の鎌倉高校前駅付近のこの踏切。(1)
鎌倉ロケの定番中の定番で、様々な作品に登場したことのある場所です。
hyt02.png s-IMG_3569.jpg
交差点をローアングルで。
hyt03.png s-IMG_3571.jpg

hyt05.png s-IMG_3572.jpg
交差点の向こう側。
防波堤や柵などは違う場所のものを合成しています。
hyt06.png s-IMG_3567_2014090222502062a.jpg
線路を江ノ島方面に向かって。
hyt07.png s-IMG_3595.jpg

hyt08.png s-IMG_3589.jpg
こんなに坂は急ではありませんw
hyt11.png s-IMG_3566.jpg
9話では鎌倉高校前駅の駅舎が登場。
踏切やホームから見た江ノ島の光景はよく出ますが、駅舎の外観は珍しいかもしれません。
hyt12_20140903212021def.png s-IMG_3617_20140903223621f12.jpg
ちなみに江ノ電の車内です。
車両の型まで合わせましたw

【七里ガ浜周辺】
hyt09.png s-IMG_3535_20140902231120f97.jpg
OPのシーン。
江ノ島と海がこんな風に見れるのは七里ガ浜駅付近の海沿いにある商業施設の駐車場ぐらいかなと思います。(2)
hyt10.png s-IMG_3544.jpg
今回一番頑張って撮影したポイント。(4)
キービジュアルの坂(3)をずっと登って、鎌倉プリンスホテルを過ぎた辺りから海に向かって望遠レンズで撮りました。
交通量が多いので合わせるなら注意してくださいね。

【御霊神社前の踏切】
hyt16.png s-IMG_3558a.jpg

hyt17.png s-IMG_3552_2014090320284862c.jpg
1話の踏切。長谷駅からやや西に歩きます。(5)
ここも多くのロケ等で見かける場所です。
後方の石段は一致せず、実際にはすぐに神社の境内です。

【焼刃稲荷】
hyt14.png s-IMG_3519.jpg
ここから鎌倉市街地エリアの紹介です。
この小さなお稲荷さんの祠は、先で紹介する寿福寺のトンネルへ向かう途中にあります。(6)
鎌倉駅から西へ進み、市役所前交差点からの道を北上していき、左へ曲がります。
s-IMG_3517.jpg
曲がった先を向かって右手にありますが、小さいので見落としやすいので注意しましょう。
赤い丸で囲った所がお稲荷さんです。

【寿福寺南側のトンネル】
hyt13.png s-IMG_3516.jpg
先ほどのお稲荷さんの先へ進んだところ、寿福寺の南側にある手掘りのトンネルです。(7)
作中で登場したカットの中でもかなり印象的な場面ではないでしょうか。
この辺は一致度も高めですね。

【寿福寺踏切】
hyt41.png s-IMG_3513.jpg
寿福寺から護国寺方面を結ぶ踏切です。(8)
江ノ電ではなく、JR横須賀線の踏切になります。
hyt43.png s-IMG_3512.jpg

hyt42.png s-IMG_3510.jpg
微妙に合いませんが、パーツ単位では一致しますw

【小町通り商店街付近】
hyt36.png s-IMG_3521.jpg
鎌倉駅東口の駅前から鶴岡八幡宮を結ぶ商店街で、土産物店などが多く立ち並んでいます。
駅側から3つ目の門ですが、通りの看板はここだけ外れていました。(9)
hyt37.png s-IMG_3526.jpg

hyt46.jpg s-IMG_3524.jpg
よさこいショップのモデルとなったお店は「夢見屋小町通店」さん。(10)
よさこいとは関係ありません。
左側の建物の看板や色が一致しています。
hyt40.jpg s-IMG_3528.jpg
続いて、ヤヤの働いているお店のモデルは手打ち蕎麦の「こ寿々」さん。(11)
商店街ではなく大通り沿いにあります。
hyt38.png s-IMG_3531.jpg

hyt39.png s-IMG_3532_2014090320500707c.jpg
訪問時は開店前だったので中は確認できていません。

【大御堂橋】
hyt44.png s-IMG_3465_20140903213926874.jpg
丸型のポストがあった橋は大御堂橋。(12)
分かりにくいですが、鶴岡八幡宮からしばらく東に向かったところにあります。
hyt45.png s-IMG_3467_20140903213927c75.jpg

hyt47.pngs-IMG_3497.jpg
橋の形はなぜか太鼓橋になっていました。
鎌倉で太鼓橋があるのって鶴岡八幡宮ぐらいしか見当たりませんが、あくまで参考までに。

【荏柄天神社(えがらてんじんじゃ)】
hyt23.png s-IMG_3492.jpg

hyt29.png s-IMG_3470.jpg

hyt22.png s-IMG_3481.jpg
3話やOPで登場した荏柄天神社。(13)
えがらてんじんじゃと読みます。
菅原道真を祀っており、学問の神様として有名です。
hyt21.png s-IMG_3485.jpg
1話の夜のシーン。
hyt18.png s-IMG_3495.jpg
鳥居は石段の下にあります。
hyt19.png s-IMG_3483.jpg

hyt20.png s-IMG_3484.jpg
木が生い茂っててよく分かりません。
春は桜が綺麗かもしれませんね。
hyt24.png s-IMG_3472.jpg

hyt25.png s-IMG_3473.jpg
3話では昼間のよさこい練習シーンが登場。
ここでは再現度が上がっています。
hyt26.png s-IMG_3475.jpg

hyt27.png s-IMG_3474.jpg

hyt28.png s-IMG_3489.jpg

hyt30.png s-IMG_3476.jpg
土ではなく砂利が敷かれています。
hyt31.png s-IMG_3477_20140903222338ae4.jpg

hyt48.png s-IMG_3479.jpg

和服のタミさん実にいいですね!
hyt32.png s-IMG_3488.jpg

hyt33.png s-IMG_3473_2014090322362178c.jpg

hyt34.png s-IMG_3487.jpg
荏柄天神社までは鶴岡八幡宮から歩いて10分ほどです。
駅まで戻るなら遠いのでバスを使ってもいいかもしません。
鎌倉駅から京急バスの[鎌20・4番]大塔宮行き「天神前」下車で徒歩3分です。
ちなみに私は宿泊地の関係で金沢八景方面からのバスで向かいました。

【平塚駅前】
hyt51.png s-IMG_3669.jpg
5話の湘南よさこい祭りの会場として、平塚駅周辺が登場しました。
まずは北口側の駅前より。(14)
ラスカの看板が確認できますね。
hyt52.png s-IMG_3673_20140903225141342.jpg
地下通路の入口。
一致度はかなり微妙ですw
hyt53.png s-IMG_3674_20140903230208085.jpg
雨が降ってカットも合わないのでかなり投げやりになってますw
不二家の看板は確認できますね。
hyt54.png s-IMG_3675_20140903230207822.jpg

hyt56.png s-IMG_3696_20140903230207e91.jpg
バスターミナル。
hyt57.png s-IMG_3694_201409032302079e5.jpg
駅前のファーストキッチン。
看板だけですね…。

【パールロード商店街】
hyt58.png s-IMG_3677.jpg
駅から続く商店街です。
ケンタッキー前付近が登場しています。(15)
寿司屋の看板も一致。
hyt59.png s-IMG_3680.jpg

hyt61.png s-IMG_3681_2014090323113169b.jpg
路面のタイルも再現されていますね。

【市民プラザ前交差点付近】
hyt62.png s-IMG_3685_201409032320451f7.jpg
横断禁止道路なので路上からは無理ですw(16)
hyt63.png s-IMG_3682.jpg
駐車帯です。
hyt64.png s-IMG_3684.jpg
ビルの形もなんとなく一致。
hyt65.png s-IMG_3691.jpg
アーケードの屋根や後方のマンションが合います。
hyt66.png s-IMG_3689.jpg
交差点の路面が赤いのが特徴的ですね。

s-IMG_3586.jpg
以上がハナヤマタの舞台巡りでした!
写真はハナヤマタのヘッドマーク付の江ノ電です。
またスタンプラリーなどのコラボキャンペーンは別記事でまとめたいと思っています。

やっぱり夏の江ノ島は歩いてて楽しいですね。
主題歌のように「ぱぁーっとぱぁーっと晴れやかに」いい天気で訪れたかったんですが、今年の夏は天候不順で叶いませんでしたw
それでも2日間かけて平塚以外はほとんど降られずに探訪できたのでよかったかと思います。
江ノ島や鎌倉が出てくる作品はいくつも巡りましたが、荏柄天神社や寿福寺のトンネルなどこの作品ならではの場所を巡れたのはまた新しい発見があってよかったです!


より大きな地図で 「ハナヤマタ」聖地巡礼地図 を表示

この記事では「ハナヤマタ」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(c)浜弓場 双・芳文社/ハナヤマタ製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-09-04 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『のうりん』 舞台探訪(聖地巡礼) ~岐阜県相生編~

2014年1月から放送された「のうりん」の舞台探訪(聖地巡礼)です。
ここでは11話と12話で登場した愛生村のモデルとなった、岐阜県郡上市の相生地区を紹介したいと思います。
相生地区は郡上市の中心部から南側の、長良川沿いの静かな農村地帯です。
作中の「あかるいのうそん」のイメージとしてはいい場所ですね。
ここはどうしても作中のイメージと同じ夏場に行きたかったのですが、ようやく叶えることができました。
メインの舞台である美濃太田からは車で約60分、長良川鉄道では80分程度です。

【相生駅】
nrn522.jpg s-IMG_3261.jpg
長良川鉄道の相生駅。
相生地区の玄関口です。
かつては国鉄の越美南線の駅として開業しました。
駅名票の再現度もバッチリですね!
nrn523.jpg s-IMG_3262.jpg

nrn524.jpg s-IMG_3314ax.jpg
濃い赤色の車体が特徴の長良川鉄道。
この車両は美濃太田駅の場面でも登場していましたね。
nrn525.jpg s-IMG_3268a.jpg
高い山々が背後には迫っています。
nrn501.jpg s-IMG_3270.jpg
ホームの向かい側じゃないと入りきりません。
nrn534.jpg s-IMG_3263_20140825224635c2d.jpg

nrn535.jpg s-IMG_3264_201408252246358ba.jpg

nrn502.jpg s-IMG_3272.jpg
ホームの向こう側の山や民家などが一致。
nrn503.jpg s-IMG_3258.jpg
ここからは駅前側を。
nrn504.jpg s-IMG_3251.jpg
普段は静かな駅前なんですが、ちょうど夏祭りのイベントをやっていましたw
夏ならではで風流なんですが、撮影には支障がでちゃいました^^;
これはこれでレアなんですが。
nrn505.jpg s-IMG_3253.jpg
というわけでアングル合わない写真が多めです。
nrn506.jpg s-IMG_3252.jpg
駅にものうりんのポスターが掲示されていました。
nrn508.jpg s-IMG_3260_20140825212657367.jpg

【相生駅北側の公園】
nrn509.jpg s-IMG_3276.jpg
こちらの公園、相生駅のすぐ近くにありました。

【オープニング・長良川】
nrn536.png s-IMG_3278_201408252221404ed.jpg
相生駅の東側に、長良川の河原に下る道があります。
しかし、先日の大雨で階段の一部が流されて危険だったのでこの位置からの撮影で見にくくなりました。
やむを得ないですねorz
実際には水が綺麗な河原が広がってますので、復旧した際には是非訪れてみてください。

【めぐみの農業協同組合(JAめぐみの)相生支店付近】
nrn514.jpg s-IMG_3292.jpg
国道156号線から地区に入る道です。
橋のすぐ近く。
nrn520.jpg s-IMG_3281.jpg
この辺のカットも完全一致します。
nrn521.jpg s-IMG_3279.jpg
土曜でも開いていたので日直を置いているのかなと思います。
JAは店舗によっては金融共済以外にも農業関係の事業を扱っているので、農村部では重要な役割を果たしているんですね。
nrn515.jpg s-IMG_3285.jpg
橋と対岸の国道方面を望む。
nrn516.jpg s-IMG_3289_2014082522061851a.jpg
橋から見たカットにしてはあまり合いませんが、欄干や川の様子は一致しています。

【相生小学校脇の通学路】
nrn519.jpg s-IMG_3294.jpg
回想シーンで登場したのは相生小学校の横の道。
古くは郡上街道と呼ばれている旧道です。
nrn517.jpg s-IMG_3297.jpg
スクールゾーンの看板もそのままです。
nrn518.jpg s-IMG_3296.jpg
体育館は描かれていませんでした。

【耕作の実家前の道】
nrn511.jpg s-IMG_3298.jpg
耕作の家があった場所のモデルもありました。
実際には一般民家がありますので訪れる際には配慮をお願いします。
カット紹介できるのは、家の前の道とミラー。
左側の木も雰囲気が似ています。
先ほどの小学校の前の道をそのまま北へ数分歩いていったところにあります。

【長良川と相生地区を眺める】
nrn530.png s-IMG_3325_20140825221952027.jpg
橋を渡った国道をやや南に向かうと、川が合流するポイントが見えます。(トンネルまでは行きません)
長良川鉄道の橋梁が確認できますね。

【農の実家モデル】
nrn531.png s-IMG_3205.jpg
ヒロインの農の実家のモデルも存在しています。
ただし、相生ではなく美濃加茂市の「みのかも文化の森」にある「まゆの家」です。
明治期の民家を再現したもので、内部もよく一致しています。
ここに関しては、また美濃加茂市編の記事でまとめたいと思います。

おそらくこれ以外の場所は創作だと思われます。
途中の長良川鉄道の走るカットはいくつか実在しますが、時間切れでしたw
相生の舞台紹介は以上になります!

s-IMG_3254_2014082522325567f.jpg
相生駅には、美濃太田駅と同様に顔出しパネルが設置されていました。
s-IMG_3273.jpg
また、交流ノートも設置されており、作者さんの書き込みも!
定期的に書き込みがあり、今でもファンの足跡を感じ取ることができました。
夏の相生地区はとても癒されましたので、美濃加茂の舞台巡りはもとより、長良川など周辺観光と合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。
『のうりん』 舞台探訪(聖地巡礼) ~岐阜県美濃加茂市~

今回ご案内いただいたまっつんさんとゴン太さん、ありがとうございました!

この記事では「のうりん」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2014 白鳥士郎・SBクリエイティブ/のうりんプロジェクトにあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-08-25 : のうりん : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『結城友奈は勇者である』 PV舞台探訪

10月より放送開始予定のアニメ「結城友奈は勇者である」のPVが公開されました。
オリジナルアニメ作品で、女子中学生の日常と勇者部という非日常?の日々が描かれるようです。
なんと、その舞台が香川県の観音寺市という情報を入手したのでさっそく舞台探訪に向かってみました。

【三架橋】
yyyp02.png s-IMG_3330.jpg
市街地に架かっており、三連のアーチを描く欄干が特徴的な橋です。
一致度は微妙ですが、橋の雰囲気や奥の商店の様子などは合っているようです。
yyyp03.png s-IMG_3335_20140824151800b9f.jpg
こちらは横を向いて。
石の欄干の形状や、奥側に架かっている橋の様子などが一致しており、ここだということが分かりますね。
s-IMG_3329.jpg
特徴的な橋ですので、作中ではよく登場することになるかもしれません。

【学校】
yyyp01.png s-IMG_3339a.jpg
主人公たちが通う学校のモデルもちゃんとありました。
作中では「讃州中学」という名前です。
校舎の形のみならず、木や自転車置き場、朝礼台の位置まで一致しています。
なお、とりあえず放送までは学校の詳細は伏せさせていただきます。

【うどん屋】
yyyp05.png s-IMG_3344.jpg
香川が舞台というのが確信的になったのがうどんを食べるシーンが登場したところ。
観音寺のうどん屋を調べたところ、「つるや」さんがモデルのようです。
作中のように肉うどんを頼んでみました。
yyyp06.png
店内の内装はかなり一致していました。
メニューやテレビの位置、天井の装飾なども合っています。
お昼時で混雑していて撮影はできなかったのですが、今度は空いている時間帯に行ってみたいと思います。

PVから特定できたのはこれぐらいでした。
各所の再現度を見るからに、ロケハンが入っていると思われます。
今後続報があれば随時探訪していきたいと思います。
今回特定いただいたあんこうさんとsgoさん、ありがとうございました!

さて、なぜ香川県が舞台に選ばれたのかが不思議ですが、監督の岸誠二さんをはじめ、このアニメの製作スタッフがかつて「瀬戸の花嫁」を製作したメンバーが含まれているのです。
それで以前にも舞台にしたことがある観音寺が選ばれることになったのかもしれないと思っています。
アニメの舞台が少なかった香川県が選ばれたようなので嬉しいですねw
現時点ではまだまだ詳細が謎ですので、とりあえず放送開始を楽しみに待ちたいと思います!

この記事では「結城友奈は勇者である」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C) 2014 Project 2Hにあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-08-24 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『残響のテロル』 舞台探訪(聖地巡礼) ~尾道編~

7月よりノイタミナ枠で放送中のアニメ『残響のテロル』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
主に東京都区内を舞台に、次々とテロ事件が起こっていくというアニメです。
警察側、犯人側などの様々な思惑が描写されており、毎回続きが気になる作品です。

登場するのはほぼ東京の都心なのですが、4話の刑事の回想シーンで数カットだけ広島の尾道が登場しましたので、そちらを紹介したいと思います。
trr01.png s-IMG_3124.jpg
千光寺新道。
尾道の定番中の定番ロケ地になります。
ただ、この場所は「かみちゅ!」「たまゆら」といった他のアニメ作品では意外にも登場していません。
s-IMG_3120_20140818232046ea1.jpg
観光ポスターで紹介された場所とあるだけに、町並みと海を一望できるロケーションは素晴らしいです。
trr02.png s-IMG_3130.jpg
この階段は、空猫カフェへの階段。
空猫カフェはかなり見晴らしのいい場所にあるのでいいですよ。
ただ、この日は9月までの長期休暇中でした。
trr03.png s-IMG_3119.jpg
持光寺の石段。
駅方向から歩いて商店街に入って、二つ目の道を山側に見たアングルです。
ここは家の形などがあまり合いませんでした。
trr04.png s-IMG_3155.jpg
石段の途中より。
この高さは無理ですねw
なお、テロルは東京都内各所が出ているのですが、個人的にはあちらはあまり探訪モチベーションが上がらなさそうなのでこのブログでは紹介しないかなと思っています。

s-IMG_1084.jpg
全体的に合わない場面もあるので、回想シーンなので何十年か前の尾道をイメージしているのでしょうか。
それでも、尾道は昔からほとんど町並みが変わらないいい町です。
回想シーンではなく、本格的な尾道アニメがまた見たいです!

この記事では「残響のテロル」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C) 残響のテロル製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2014-08-18 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国はうどん王国の住人。
旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。

TwitterID:lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR