fc2ブログ
「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

『ぽんのみち』 舞台探訪(聖地巡礼) ~広島県尾道市~

pnnomitiKV.jpg s-IMG_2031.jpg
2024年冬アニメ『ぽち』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
舞台となるのは広島県尾道市
尾道といえば尾道水道沿いの坂道に古い町並みが広がる美しい町です。
そして「ぽんのみち」は麻雀をテーマとした作品。
尾道と麻雀がどのように絡んでいくのか、これから楽しみですね。
舞台となっているのは尾道駅~商店街~浄土寺、そして千光寺山の範囲内です。
ちょっと距離はあるのですが、坂道もあるので徒歩で巡るのがベストだと思います。
久々の中国地方がメイン舞台のアニメということで早速訪れてみました。

目次
尾道駅
海岸通り、「渚の女神」像付近
福本渡船付近
土堂突堤付近
正一位鎌倉稲荷大明神
本通り商店街
三上洋酒店
天然温泉 尾道みなと館
浄土寺下バス停付近
浄土寺
浄土寺山登山道
浄土寺山展望台
西國寺
千光寺山ロープウェイ 山麓駅付近
猫の細道
天寧寺三重塔
千光寺周辺
エブリイ尾道新浜店
日比崎地区
正徳地区の港
養老温泉本館
尾道×ぽんのみちコラボ
交通手段について
マップ


尾道駅


pnm136.jpg s-F9fdGR2a8AAL0eD.jpg
尾道の玄関口となるJR尾道駅。
2019年に建て替えられた新駅舎です。
駅前のバス乗り場から撮影。
pnm108.png s-IMG_4272_202401071700519cb.jpg
駅舎正面。
人通りは常にあります。
pnm135.jpg s-F9fdGSAbUAAICwk.jpg
駅舎の再現度は高いです。
pnm109.png s-IMG_4277.jpg
駅前を映したカット。
右から左にパンしています。
タクシー乗り場後方に見えるグリーンヒルホテルは外壁工事中。
pnm110.png s-IMG_4282_20240107170057636.jpg
南口から東方向を見たアングルです。
pnmP08.png s-IMG_5269_202401242113362c0.jpg
この作品は一致しているように見えて主要な建物以外は結構改変されています。
pnm302.png s-IMG_5278_20240124000543c0a.jpg
駅を道の向こう側から見ています。
尾道グリーンヒルホテル付近から。
ここを西へ進めば「渚の女神」像やベンチが見えます。

海岸通り、「渚の女神」像付近


pnm112.png s-IMG_4242.jpg
尾道駅前の交差点の横断歩道を渡ってすぐ、海沿いの緑地帯です。
海岸通りという道に沿って公園となっています。
pnm111.png s-IMG_4248.jpg
主人公・なしこが座っていたベンチ、通称「なしこベンチ」です(勝手に命名(
pnm116.png s-IMG_4259_20240107170117088.jpg
友人のぱいと一緒に座って話しているシーンです。
pnm115.png s-IMG_4257.jpg

pnm114.png s-IMG_4250.jpg
ベンチのシーンは微妙に配置が違いますが、パーツは合っています。
pnm117.png s-IMG_4268.jpg
手前の彫刻は、圓鍔勝三作「渚の女神」です。
pnm119.png s-IMG_4231.jpg
OPで雨の中、跳が佇んでいるシーンもここです。
s-pnm120.jpg s-IMG_4233.jpg

pnm134.jpg s-F9ffdYWbgAAQxjk.jpg
ED冒頭、5人揃っているカットです。
pnm301.png s-IMG_5285_2024012400054482f.jpg
3話冒頭の「渚の女神」像。

福本渡船付近


s-pnm133.jpg s-IMG_4227.jpg
EDでたくさん出てきた写真カットの一つ。
この写真カットが結構多いのです。
本編カットを優先したので全部は紹介できていませんが、分かるところは掲載しています。
こちらは駅から東に向かって少し歩いたところにある福本渡船の乗り場から東方向を見たアングル。
尾道市街地で雁木の港があるところは少ないのでここかと思われます。

土堂突堤付近


pnm201.jpg s-IMG_5297_202401240005467f5.jpg
土堂突堤、通称からさわベンチがある辺りです。
ここにあるおのみち海辺の美術館は建物の中にある美術館ではなく、尾道水道沿いの遊歩道の壁面約150mに渡り、尾道の絵画コンクール「絵のまち尾道四季展」のグランプリ作品などを飾っています。
pnmP04.png s-IMG_5309_20240124000808ff7.jpg
PVのカット。
からさわアイスクリーム店の近くです。
広島県信漁連尾道支店の看板が見えます。

s-pnm125.jpg s-IMG_4224.jpg
尾道駅の方向を向いたカット。
EDの写真の1枚です。
s-pnm127.jpg s-IMG_4219_20240107170100fac.jpg
EDで5人が顔をのぞかせたシーン。
同じ場所です。

正一位鎌倉稲荷大明神


s-pnm124.jpg s-IMG_4289_20240107170928a7f.jpg
EDでたくさん出てきた写真カットの一つ。
海岸通りから少し路地に入ったところです。

本通り商店街


s-pnm121.jpg s-IMG_4300_2024010717092968a.jpg
OPでぱいと泉が立っていた商店街。
「めん処みやち」さんの前です。
「中華そば・うどん」の表示が「ラーメン」として描かれています。
周辺の店舗も様子は異なりますが雰囲気はここですね。

三上洋酒店


pnm309.png s-IMG_5353_20240124000558954.jpg
3話で買い出しに出かけた商店街の酒屋さん。
商店街を西にずっと進んだ先、尾道通り商店街沿いです。
ローソン尾道十四日元町店の近くです。
pnm308.png s-IMG_5336.jpg
ジョニー・ウォーカーらしき人物が描かれています(笑)
pnm311.png s-IMG_5350.jpg
訪問時はシャッターが降りていました。
pnm312.png s-IMG_5340_2024012400055513e.jpg

pnm313.png s-IMG_5328_2024012400055050f.jpg

pnm314.png s-IMG_5322.jpg
奥に見えるのは尾道絵のまち通りのアーケード。
pnm315.png s-IMG_5326_2024012400054917a.jpg
はっさくの幟も実在しています。

天然温泉 尾道みなと館


s-pnm617.jpg s-IMG_6576_20240222062508ff2.jpg
6話で一行が入った温泉施設。
尾道市街地唯一の天然温泉で、日帰り入浴はもちろん、宿泊もできます。
s-pnm618.jpg s-IMG_6578_20240222062510143.jpg
内部は登場しませんでしたが、外観の再現度は高いです。

浄土寺下バス停付近


pnm118.png s-IMG_4363_202401071709076f5.jpg
OPでリーチェが歩いていた浄土寺下バス停前。
奥に尾道大橋が見えます。
このエリアは尾道中心部の最も東側に位置しており、尾道駅から徒歩30分ほどかかります。
pnm103.png s-IMG_4377_20240107170906d4c.jpg
浄土寺下交差点から浄土寺と石段を見上げています。
子のカットでは奥に桜が描かれていますが、春になると実際に境内は桜が美しいです。
s-pnm620.jpg s-IMG_6582_202402220625115d9.jpg

s-pnm619.jpg s-IMG_6583_202402220625145b4.jpg

pnm104.png s-IMG_4403.jpg
浄土寺の石段を登った先、山門から浄土寺下交差点を見たアングルです。
手前は山陽本線の線路。

pnm653.jpg s-IMG_6594_20240222062445091.jpg
浄土寺下交差点より東に3分ほど歩いた尾崎バス停付近から尾道大橋を見ています。
左下に柵が入るところまで再現。
このカットの場所のみ少し離れています。

浄土寺


s-pnm621.jpg s-IMG_6604_20240222062447fe5.jpg
浄土寺の境内。
6話で登山前に参拝しているシーンです。
s-pnm622.jpg s-IMG_6606_20240222062449e68.jpg

s-pnm623.jpg s-IMG_6609_202402220624506f0.jpg
三重塔も登場しています。
指さす方向が浄土寺山です。
s-pnm624.jpg s-IMG_6614_202402220624532bd.jpg
浄土寺の境内を出て出発していきます。
振り返って海側を見たアングル。
s-pnm625.jpg s-IMG_6619_20240222062455c07.jpg
この橋を越え、墓地の脇を進んでいくと浄土寺山への登山道です。

浄土寺山登山道


s-pnm626.jpg s-IMG_6622_20240222062456856.jpg
登山道は20分ぐらいで登れました。
階段状の道が続いて大きく足場が悪い場所はありませんでしたが、動きやすい靴で行きましょう。
s-pnm627.jpg s-IMG_8925_20240222202139244.jpg

s-pnm628.jpg s-IMG_6628_20240222062458796.jpg

s-pnm629.jpg s-IMG_6631_2024022206245906e.jpg
しばらく進むと見えてくる鳥居。
この鳥居と市街地を眺めた景色はフォトスポットです。
s-pnm630.jpg s-IMG_6649_202402220625016b3.jpg
鳥居からさらに上った場所にある大きな岩。
s-pnm631.jpg s-IMG_6651_20240222200021bad.jpg
この岩の下をくぐりながら進みます。
s-pnm632.jpg s-IMG_6658_20240222200022aa2.jpg
浄土寺奥之院満福寺。
ここまで来たらすぐそこが展望台です。
s-pnm636.jpg s-IMG_6666_2024022206312627e.jpg

s-pnm635.jpg s-IMG_6655.jpg

浄土寺山展望台


s-pnm637.jpg s-IMG_6670_20240222063127ecd.jpg

s-pnm640.jpg s-IMG_6704_20240222072136c81.jpg
尾道水道と市街地を一望できる絶景。
はるばる登山した甲斐があります。
s-pnm639.jpg s-IMG_6672_202402220631293ab.jpg

s-pnm641.jpg s-IMG_6675_202402220631302ed.jpg

s-pnm642.jpg s-IMG_6682_20240222063117cec.jpg

s-pnm643.jpg s-IMG_8877_202402222021371b3.jpg
ここで麻雀をするのはおすすめできません(笑)
s-pnm650.jpg s-IMG_6690_20240222200854661.jpg

s-pnm649.jpg s-IMG_6688_20240222200857487.jpg

s-pnm646.jpg s-IMG_6686_20240222063120a7e.jpg

s-pnm645.jpg s-IMG_6684_2024022206311826e.jpg
ここから養老温泉まで歩く方が疲れるので、車やタクシーなどを使うことをおすすめします。
なお、浄土寺山展望台は車で上れる道もありますが、普通車以上だと道幅が狭くて脱輪の危険性があるので注意してください。

西國寺


s-pnm126.jpg

s-IMG_4443_20240107170911d37.jpg s-IMG_4449_20240107170913ff1.jpg
尾道でも大きな寺院の一つ。
EDの写真で登場しました。
夜のイベント「尾道灯りまつり」のものです。
例年10月に開催され、石段がたくさんのぼんぼりの灯りに照られます。

千光寺山ロープウェイ 山麓駅付近


s-pnm613.jpg s-IMG_6568_20240222062502284.jpg
6話で千光寺山の上に向かうシーンです。
s-pnm614.jpg s-IMG_6571_20240222062505399.jpg

s-pnm615.jpg s-IMG_6572_20240222062507e6f.jpg

s-pnm616.jpg s-IMG_6573_20240222064714258.jpg

s-pnm123.jpg s-IMG_4316_20240107170904de1.jpg
このカットはOPで登場。
千光寺山ロープウェイ山麓駅から艮神社の境内に入らず西を見たところです。
正面の建物などが一致しています。
この奥を右に曲がると猫の細道へ続く坂道です。
制服姿なので通学シーンでしょうか。

猫の細道


pnm107.png s-IMG_4500_2024010717091402e.jpg
ここから坂道エリアです。
艮神社横の坂道を少し登った「招き猫美術館」の前です。
1話冒頭のシーンで猫が起きて歩き出します。
s-IMG_2061.jpg
周辺には猫を模したタイルや置物がたくさんあり、観光スポットとなっており猫の姿もよく見かけます。

天寧寺三重塔


pnm101.png s-IMG_2055_2024010717094182d.jpg
猫の細道をさらに上ると大きな三重塔が見えてきます。
1話冒頭で映し出された町並みと三重塔を一緒に見たカットです。
「尾道」といえばこの景色を思い浮かべる方は多いでしょう。
尾道を代表するアングルです。
pnmP07.png s-IMG_5362_20240124211145576.jpg
ここからはPVで登場しているカット。
こちらは夏ごろのようです。
全員で尾道の町並みを歩く回があるようです。
pnmP03.png s-IMG_5370.jpg
初日の出を見ているシーン。
3話放送時点では夏前なので、たぶん最終回近いのではないかと予想。
手前の木を入れたら合いませんが、だいたい一致します。
pnmP02.png s-IMG_5376_20240124211143b5d.jpg

pnmP01.png s-IMG_5377_20240124211144836.jpg
元日には実際にこの方角に初日の出が見えるようです。

千光寺周辺


pnmP06.png s-GEWjskzagAAyFT4.jpg
千光寺本堂。
ここは再現度が高いです。
pnm105.png s-IMG_9623_20240107170926e48.jpg
1話のロープウェイを見た場面は、千光寺の展望台からです。
ほぼ真横に上ってくるロープウェイが見られます。
pnmP05.png
上から千光寺を見ているカットは、ロープウェイから撮れます。
s-pnm128.jpg s-IMG_4535_20240107170922df1.jpg
EDで5人が走ってくるシーン。
千光寺からさらに山頂展望台に向かって、観音坂を進んだ途中です。
坂道と町並みを見渡せます。
展望台までは行きません。
s-pnm129.jpg s-IMG_4524_20240107170920478.jpg
山の稜線も雰囲気が合います。
s-pnm130.jpg s-IMG_4517_20240107170919fa6.jpg
描かれてる建物のバランスは合いませんが、パーツは合います。
s-pnm609.jpg s-pnm610.jpg
6話で千光寺山に登った一行がお寺の後に寄っていたのは鼓岩。
観音坂をさらに上ったところです。

エブリイ尾道新浜店


pnm303.png s-IMG_5247.jpg
3話で買い出しに訪れたスーパー。
改変されていますが外観の雰囲気からここがモデルと言えます。
pnm304.png s-IMG_5265.jpg
尾道駅から西へ徒歩10分ぐらいです。
坂道の町並みとは反対方向、住宅地や郊外型商業施設が広がるエリアです。
pnm305.png s-IMG_5261_20240124000538f5a.jpg

pnm306.png s-IMG_5259_20240124000537a44.jpg

pnm307.png s-IMG_5254_2024012400060131a.jpg
「SUNFLOWER」はドラッグストア「ひまわり」です。
大まかなパーツなど一致しています。

日比崎地区


pnm202.jpg s-IMG_5742.jpg
2話冒頭のシーン。
エブリイ新浜店と線路を挟んだ北側の住宅街です。
用水路など一致しているのが分かります。

正徳町の港


s-pnm203.jpg s-GE5tJFUaYAAFaMd.jpg
ワンカットだけ登場したこの看板もちゃんと実在します。
同様の看板は市内複数個所にありますが、港とレンガのような道路まで一致するのはここだけです。
正徳町の漁港の先にあります。
尾道駅から徒歩1時間近くかかるうえ、周辺に舞台はないのでここの撮影のためだけに無理に行かなくてもいいかもしれません。

養老温泉本館


s-pnm651.jpg s-IMG_8827_202402222021336ae.jpg

s-pnm652.jpg s-IMG_8830.jpg
尾道市街地から北に向かったところの山間にある温泉宿・養老温泉本館。
日帰り入浴もできます。

尾道×ぽんのみちコラボ


s-IMG_4302_202401071709018bb.jpg
商店街の各所にキャラクターパネルが設置されています。
かなりの数あるので歩いていて楽しいでしょう。
s-IMG_4334_202401071709047d4.jpg
尾道市役所1階ロビーにも設置されています。
s-GDPkvJfaoAAHQ-u.jpg
うちわなどグッズ配布もありました。
上映会などのイベントも行っているので、今後の展開が楽しみですね!

交通手段について


《尾道へのアクセス》
◎JR尾道駅を利用します。
◎新幹線の場合は新尾道駅から路線バスで市街地に行くことができますが、福山駅で在来線に乗り換えて尾道駅に向かう方が便利だと思います。
◎飛行機の場合は広島空港から尾道への直行バスはありません。
1.福山行リムジンバスに乗り、途中の高坂バスストップで尾道行高速バスのフラワーライナーに乗り換えます。時間帯によっては何もない高坂バスストップで長時間待つことになるので福山駅まで行って在来線に乗った方がいいかもしれません。
2.三原行リムジンバスに乗り、三原駅から在来線で尾道駅に向かうルートもあります。
◎車の場合は山陽道福山西インターから尾道バイパスに進みます。
尾道のどのエリアに車を停めたいかでバイパスの降り口が変わります。
駐車場は尾道駅に近いほど料金が高くなります。
1日上限2000円オーバーの所もあるので事前に確認しておきましょう。

《尾道市街地の巡り方》
◎徒歩をおすすめします。
階段や坂道は歩くしかありません。
◎尾道駅前 ⇒ 浄土寺下の間を片道だけでも路線バスを使うと便利でしょう。
日中は1時間に2~4本ほど便があります。
◎千光寺ロープウェイを登りだけでも使うと体力的にだいぶ楽です。
◎レンタサイクルは商店街など平地しか巡れません。
なお尾道のレンタサイクルはしまなみ海道を走るのを前提で料金設定されているので、1日3000円と割高になっています。


以上「ぽんのみち」舞台探訪でした!
なお、雀荘の場所については完全に一致する場所はありませんでした。
話数が放送されるにつれて随時追加していきますのでよろしくお願いします。

マップ




この記事では『ぽんのみち』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©IIS-P/ぽんのみち製作委員会にあります。
スポンサーサイト



テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2024-01-07 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

『ラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ』 舞台探訪(聖地巡礼) ~金沢市外エリア~

hsnsr047_202312172129513f0.jpg s-IMG_7265_20231217195004ce4.jpg

2023年以降、展開中のラブライブシリーズの最新作 『ラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ』 の舞台探訪(聖地巡礼)です。
今回は前回の金沢市内エリアに続いて、金沢市外の舞台を紹介していきたいと思います。
金沢市以外の石川県内の舞台は、野々市市、白山市、小松市、加賀温泉など広範囲に渡っています。
公共交通機関では不便な場所もあるので、可能だったら車の利用を推奨します。

目次
徳光海岸
アピナ野々市バッティングスタジアム
小松空港
山代温泉・ゆのくに天祥
山中温泉 こおろぎ橋
マップ


徳光海岸


hsnsr1003.png s-IMG_4975a.jpg
8月Fes×LIVEの会場となった徳光海水浴場です。
10話で合宿に訪れた海もこちらです。
まっすぐな砂浜で、沖合に消波ブロックがあるのが一致しています。
hsnsr1002.png s-IMG_4984a.jpg
波打ち際より。
10話公開翌日に早速撮りに行きましたが青い空と海が広がっていてよかったです。
hsnsr1001.png s-IMG_5040_202308152320215a1.jpg
別荘の位置モデルは徳光パーキングエリアの建物の辺りかなと思いましたが確証はありません。
hsnsr1005.jpg s-IMG_5020.jpg
水着に各キャラの個性が表れているのが面白いですね。
hsnsr1004.png s-IMG_5006_20230815232016237.jpg
砂浜を走る3人。
さやかの背中にばかり目が行ってしまう・・・。

s-IMG_9791_20231217212956216.jpg s-IMG_5048x.jpg
こちらは「Fes×LIVE」の様子。
徳光海水浴場の「LOVE」のモニュメント前でした。
6人揃って「夏めきペイン」を初披露した会場でしたね。
s-IMG_9860_202312172129546bf.jpg s-IMG_5036_202312172136510f8.jpg
入場画面のカットも「LOVE」でした。
s-IMG_9910_2023121721295442d.jpg s-IMG_7291.jpg
カード「夏めきペイン(梢)」の特訓前イラストも徳光海岸でした。
本当は晴れた日に取り直したかったのですが、秋以降は高波でモニュメントが波をかぶる日が多く接近できませんでした…。
冬場の訪問の際はほぼ近づけないと思ってください。
本当に夏限定ですね。

徳光海岸は車で訪れる場合は北陸自動車道徳光パーキングエリアに隣接しているので、高速を降りずに訪れることができます。
一方で鉄道で訪れると最寄り駅から数キロ離れているうえ、バスの本数も少ないので大変です。

アピナ野々市バッティングスタジアム


s-hsnsr051.jpg s-IMG_9727_2023121721441952c.jpg
活動記録9話で1年生3人が訪れたバッティングセンター。
モデルは野々市市にある「アピナ野々市バッティングスタジアム」です。
s-hsnsr052.jpg s-IMG_4026_202312172144177e7.jpg
ここで瑠璃乃がバッティングを楽しみながら、「充電切れ」のことを告白します。
22球200円で打てます。
バッティング初心者でも安心の急速も選べますが、ほぼ未経験だと難しかったです(笑)

小松空港


hsnsr046.jpg s-IMG_7236_2023121719500042a.jpg
石川県の空の玄関口・小松空港。
活動記録9話で瑠璃乃がアメリカから帰国したシーンで登場しています。
カード【にゅーかまー!(瑠璃乃)】の特訓前イラストでは、ターミナルの国際線到着口付近の横断歩道をスーツケースを持った瑠璃乃が渡っていました。
hsnsr046a.png s-IMG_7245_202312171950033d3.jpg
活動記録本編のカットは国内線到着口の近くです。

山代温泉・ゆのくに天祥


s-hsnsr054a.jpg s-IMG_2721.jpg
山代温泉は加賀市にあり、加賀温泉郷の一つです。
活動記録11話で訪れた、山代温泉のゆのくに天祥さんです。
旅館のお手伝いをすれば国産牛やライブということで仲居姿で頑張った回です。
外観は完全一致しています。
hsnsr061_20231217220806cf3.png s-IMG_2704_2023121722092821a.jpg
アップにしたカット。
hsnsr060.png s-IMG_1318a.jpg
内部も撮影するために、実際にゆのくに天祥さんに宿泊して取材しております。
フロントの様子です。
hsnsr068.png s-IMG_1324a.jpg
慈が「勝負は引き分け!」と言ったシーン。
1階ロビーのバーカウンター前です。
※営業時は撮影許可を得てください
s-hsnsr063.jpg s-IMG_1343_202312172202167d2.jpg
カード「宇宙演舞☆うさぴょん(花帆)」のカット。
1階ロビー付近にある売店です。
※営業時は撮影許可を得てください
hsnsr058a.png s-IMG_1176_202312172213294d9.jpg
和室の様子です。
どの部屋も少しずつレイアウトが違っているので完全一致する部屋を狙って泊まるのは難しいと思います。
hsnsr062.png s-IMG_1184_20231217220212251.jpg
カード「宇宙演舞☆うさぴょん(慈)」のカットも和室でした。
hsnsr059.png hsnsr057.png
これらのカットも館内をロケハンしていますが、撮影できない場所です。
旅館でライブを行った会場は「コンベンションホール天祥」だと思われますが、改装中の為見学できませんでした。
また、大浴場や脱衣所ももちろん撮影できません。

山中温泉 こおろぎ橋


hsnsr028.png s-IMG_2746_20231217220304ea1.jpg
このカットは金沢市から離れています。
山中温泉は石川県では有名な温泉地。
中心部に架かる木製の橋です。
秋は紅葉が美しいスポットです。

以上、金沢市以外の石川県内の舞台紹介でした!
今後も石川県内各地が出ると思うので、随時追記していきたいと思います。

マップ




この記事では『ラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ/Link!Like!ラブライブ!』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©プロジェクトラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブにあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2023-12-17 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『君は放課後インソムニア』 舞台探訪(聖地巡礼) ~石川県七尾市郊外エリア~

2023年春アニメ『君は放課後インソムニア』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
舞台となるのは能登半島に位置する石川県七尾市
今回は七尾市郊外の七尾城址や和倉温泉などの舞台をご紹介します。
七尾市街地の舞台はこちらで紹介しています。

【和倉温泉駅】
s-khi0306.jpg s-IMG_9062.jpg
3話で白丸結を訪ねてゲームセンターに行く途中で降り立った和倉温泉駅。
七尾駅の隣の駅です。
和倉温泉の最寄り駅で、観光客が多く訪れます。
s-khi0302.jpg s-IMG_9064.jpg

s-khi0312_20230602201825e09.jpg s-IMG_9071.jpg

s-khi0304.jpg s-IMG_9070_202306012103205c7.jpg
こちらの駅も再現度が高いです。
鉄道を使ってないので撮影できていませんが、和倉温泉駅構内や、のと鉄道の様子も再現されています。

【ゲームセンター ベティ】
s-khi0308.jpg s-IMG_9085.jpg
白丸先輩が働いているゲームセンターのモデル。
飲食店のようにも見える外観ですが、建物は実際にゲームセンターとして使われています。
能登半島では数少ないゲームセンター。
作中では和倉温泉駅から歩いていましたが、実際に歩くと30分近くかかります。
田鶴浜駅からの方が若干近いです。
s-khi0107_2023060220442524a.jpg s-khi0343.jpg

s-IMG_9091.jpg
白丸先輩のパネルが設置されており、営業時間内なら見ることができます。
khi0343.png s-IMG_9078.jpg
一部改変されていますが基本的なレイアウトは一致します。
s-khi0310.jpg s-IMG_9080.jpg
白丸先輩が暮らしているコンテナは実在せず別の建物があります。
s-khi0108.jpg s-IMG_9089_20230601210315085.jpg
ゲームセンター周辺の田園地帯と線路の様子もそのまま。
s-khi0307.jpg s-IMG_9087_20230601210313e3f.jpg
2人が歩いてきた農道。
そのうち一つはゲームセンターから踏切を渡ってすぐ北に位置する道です。
1本の木が目印です。
あとは直接確認していませんが、他の農道カットの場所もあるようです。

【のと鉄道 西岸駅】
khi0632.jpg s-DSC08425_202306022058371ef.jpg

khi0631.jpg s-DSC08433_20230602205840503.jpg
6話でポスターを貼った時に登場した無人駅。
2011年アニメ「花咲くいろは」で湯乃鷺駅のモデルとして描かれていたので、アニメファンの間ではそちらで知名度があります。

【七尾城址】
khi0335.png s-IMG_9399.jpg
3話の後半で白丸先輩がバイクで星空を撮影に来た七尾城址。
山城の跡で、山の上にあるので車が必須です。
徒歩で向かうと山登りになります。
また、夜は本当に灯りが無いので懐中電灯は必須です。
最初のカットは完全一致する場所はありませんが、看板と階段があるのでここが近いと思いました。
実際の駐車場はもっと先で、駐車場から七尾城址本丸跡までは徒歩約5分程度です。
khi0336.png s-IMG_9397_20230601213416c80.jpg
石段を登っていきます。
khi0337.png s-IMG_9394_20230601213415f3d.jpg
七尾城址の石垣が見えてきます。
khi0332.jpg s-IMG_9334.jpg
鳥居の前の広場が本丸跡です。
khi0333.jpg s-IMG_9386.jpg

khi0334.jpg s-IMG_9370_20230601213406fbd.jpg
城山神社。
khi0339.png s-IMG_9372.jpg

khi0340.png s-IMG_9378.jpg
作中のように鳥居と満天の星空を撮れたら理想的ですね。
khi0341.png s-IMG_9376.jpg

khi0342.png s-IMG_9375_20230601213409c50.jpg
こちらのアングルは完全一致しています。
s-IMG_9391a.jpg
七尾城址から眺めた七尾の町並み。
夜景は美しいでしょう。
ただし夜間は真っ暗になる上に野生動物にも注意する必要があります。
できるだけ日中の訪問をおすすめします。

【休暇村 能登千里浜】
khi0501_20230602211619d79.jpg khi0502_20230602211623788.jpg
5話の合宿回で登場した「休暇村 能登千里浜」。
訪問できていませんが、ここもそのまま再現されていると思います。
金沢市街地から七尾方面に向かう途中、のと里山海道沿いにあるので訪れやすいと思います。

以上、『君は放課後インソムニア』 の舞台紹介でした!
原作では能登半島の先の方も出てるようなので、続きが楽しみですね。
アニメ最終回後にまた再訪できたらと思っています。



この記事では『君は放課後インソムニア』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©オジロマコト・小学館/アニメ「君ソム」製作委員会にあります。
2023-06-02 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『君は放課後インソムニア』 舞台探訪(聖地巡礼) ~石川県七尾市/七尾市街地エリア~

s-lhiKV.jpg s-IMG_9312_202305270959322aa.jpg
2023年春アニメ『君は放課後インソムニア』の舞台探訪(聖地巡礼)です。
舞台となるのは能登半島に位置する石川県七尾市
市街地の中心部のエリアをご紹介します。
ほとんどのスポットが駅から徒歩圏内に固まっているので巡りやすいと思います。
上記のキービジュアルは仙対橋近くにある七尾郵便局から北に向かって撮影しています。
なお、撮影時間が4時間ぐらいしかなかったので全部は回れておりません。
※6話放送時点での舞台情報です。

【七尾駅前】
s-khi0112.jpg s-IMG_9167.jpg
七尾駅前の交差点。
夜のカットは1話の夜のお楽しみ会で丸太と伊咲が夜中の町を歩くシーンです。
khi0701.jpg s-IMG_9160_20230528235632960.jpg
駅舎。こちらは7話で登場したものから。
s-khi0114.jpg s-IMG_9166_20230527100435695.jpg
駅前の商業施設「パトリア」です。
ドン・キホーテなどが入居。
s-khi0122.jpg s-IMG_9153_20230529225753d67.jpg
1話後半で飲み物を飲んでいたのは、同じくパトリアの西側にある公衆電話ボックスの前です。
s-khi0115.jpg s-IMG_9155.jpg
パトリアから道を挟んで東側に位置するビル「ミナ.クル (mina.cle)」の前です。
七尾駅前バスターミナルから商業施設に向かって撮影。
s-khi0116.jpg s-IMG_9158_20230527100433819.jpg
銅像があるのが見えます。
s-khi0113.jpg s-IMG_9156_2023052710043242b.jpg
ミナ.クル前の広場です。

【ファミリーマート 七尾駅前店】
s-khi0105.jpg s-IMG_9174_20230527100439541.jpg
パトリアから海に向かって少し北に進んだところにあるファミマの交差点。
舞台は七尾駅から北に向かう御祓川沿いのシンボルロード付近に集中しています。

【七尾郵便局付近】
s-khi0104.jpg s-IMG_9179.jpg
郵便局から川を挟んで薬局などを見たアングル。

【仙対橋(まつりの橋)付近】
khi01034.png s-IMG_9180.jpg
郵便局から少し北に進んだ橋。
3話の冒頭で登場しました。
キービジュアルのカットはこの付近。
s-khi0119.jpg s-IMG_9239.jpg

s-khi0118.jpg s-IMG_9238.jpg
1話では中山薬局さんも登場。
原作から描かれており、作品の応援コーナーができていました。

【しあわせの時公園】
s-khi001.jpg s-IMG_9182_20230527100000722.jpg
伊咲たち4人が放課後にジュースを飲んでいた川沿い。
khi0102.png s-IMG_9190.jpg

s-khi0106.jpg s-IMG_9183_20230527100003990.jpg

【中央茶廊前】
s-khi0117.jpg s-IMG_9237_20230527095936eac.jpg
1話のシーンの商店街。
泰平橋を東西に通る通りを、東に少し進んだところにある中央茶廊さん付近です。
このお店はポスターを張らしてもらうシーンなど何度か登場しています。

【能登食祭市場前の交差点】
s-khi0601.jpg s-IMG_9196_2023052710000911b.jpg
シンボルロードを海まで進んだところにある道の駅「能登食祭市場」です。
市場前の交差点のシーンですが、作中では横断歩道の場所が実際より左寄りになっています。
演出の都合上、人物位置を道の駅の正面にしたかったのだと思われます。
実際の横断歩道は写真の右側にあります。
s-khi0610.jpg s-IMG_9199_20230527100011c3c.jpg
他のカットは一致します。
s-khi0617.jpg s-IMG_9201.jpg

s-khi0616.jpg s-IMG_9203_20230527100017fa4.jpg

s-khi0615.jpg s-IMG_9200_2023052710001218d.jpg
完全には一致しませんが概ね合います。

【道の駅 能登食祭市場】
s-khi0603.jpg s-IMG_9219.jpg
6話のシーン、道の駅の建物を海側から。
一帯は七尾マリンパークという公園になっています。
s-khi0604.jpg s-IMG_9222.jpg

s-khi0605.jpg s-IMG_9226_20230527100028f25.jpg

s-khi0612.jpg s-IMG_9209.jpg

s-khi0614.jpg s-IMG_9207.jpg
細かいカットまで完全には合いませんが雰囲気はそのままです。
海沿いの市民の憩いの公園となっています。
s-khi0606.jpg s-IMG_9215.jpg
この階段状の椅子もあります。
イベント広場になっており、催事を開催できます。
s-khi0136.jpg s-IMG_9234.jpg
こちらは1話のシーン。
西側にある遊覧船乗り場付近です。
s-khi0135.jpg s-IMG_9231.jpg
沖に見える港の様子もパーツが一致しています。
khi0138.jpg s-IMG_9232_2023052709593325b.jpg

s-khi0602.jpg
撮影しはしていませんが建物内も一致します。

【尾湾橋】
khi0137.jpg s-IMG_9288_20230527095926e8e.jpg
道の駅のすぐ西側に架かる尾湾橋です。
1話で登場。
「びわんばし」と作中でも表記されていました。
s-khi0131.jpg s-IMG_9304.jpg

s-khi0133.jpg s-IMG_9292.jpg

s-khi0132.jpg s-IMG_9296.jpg

【一本杉通り】
s-khi0120.jpg s-IMG_9244.jpg
中山薬局さんを西に向かって商店街を進んだ先にある飛び出し注意の看板です。
「新古物店 和蔵」さんの前です。

【小島橋バス停】
s-khi0126.jpg s-IMG_9254.jpg

s-khi0127.jpg s-IMG_9258_20230527095916c49.jpg
1話で夜に歩いていた2人が警察から隠れたシーンのバス停です。
s-khi0128.jpg s-IMG_9251_20230527095912fe5.jpg

s-khi0129.jpg s-IMG_9253.jpg

s-khi0130.jpg s-IMG_9263_20230527095918244.jpg
ほぼそのまま再現されています。

【小丸山城址公園】
s-khi0124.jpg s-IMG_9284_2023052709592281d.jpg
こちらも1話。
駅からシンボルロードを進まずに国道沿いを西に進んだところにある城跡です。
s-khi0125.jpg s-IMG_9279_20230527095921eeb.jpg
公園内の三更橋を下から見上げたカット。
khi0109.png s-IMG_9271.jpg
1話冒頭の七尾市街地の俯瞰は小丸山城址公園内の「丑寅の展望台」から見たアングルかなと思いましたが、やや一致度が低いです。
他に一致する場所があるかもしれません。

【藤橋踏切】
khi0620.jpg s-IMG_9151_20230527100453e2c.jpg
6話で登場した踏切。
学校と七尾駅の間にある藤橋踏切です。

【石川県立七尾高等学校】
khi0305.jpg s-IMG_9133.jpg
九曜高校のモデルとなった高校です。
ロケハンが行われており、校舎は一致しています。
実際に天文台があります。
休日に敷地外より撮影。
現役の学校の校舎がモデルなので、敷地内からの撮影は絶対にしないでください。
撮影の際は学校関係者が映る撮影および生徒に不審に思われる行動をしないよう十分に配慮してください。

s-khi0111.jpg s-IMG_9127_202305292112558e3.jpg
こちらは校門の前。
橋を渡った先にあるのも同じです。

【お好み焼 平野屋】
s-khi0621.jpg s-IMG_9118_20230527100449894.jpg
平野屋さんは6話で登場した、モトコの実家のお好み焼き店のモデルです。
名前はそのまま出ており、外観も内装も一致します。
市街地の舞台は駅から歩いて周れますが、このお店だけは他の舞台と反対方向で少し離れています。
七尾駅から徒歩約20分程度です。
s-khi0622.jpg
撮影はしていませんが、中も実際のお店が再現されていました。
原作から登場していたようです。
s-khi0623.jpg s-IMG_9104_20230527100442fa3.jpg
「白雪姫」と呼ばれるメニューも実在。
山芋がちょうどいい味わいで美味しかったです。
s-khi0624.jpg s-IMG_9109.jpg

s-khi0625.jpg s-IMG_9111_20230527100448d92.jpg
外観です。
s-IMG_9107.jpg
パネルが設置されています!

かなりのボリュームになりましたが、七尾市街地エリアの舞台でした!
巡るには徒歩で十分だと思います。
レンタサイクルもありますが、駐輪できる場所が限られているのとスポット間の距離が短い所が多いので、やはり徒歩が効率いいと思いました。
話数が増えるにつれて舞台が増えてきてるので、全部訪れるなら2日あった方がいいかもしれません。
次回は七尾市の郊外にある七尾城址や、和倉温泉駅周辺の舞台をご紹介します。



この記事では『君は放課後インソムニア』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©オジロマコト・小学館/アニメ「君ソム」製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2023-05-27 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

『ラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ』 舞台探訪(聖地巡礼) ~金沢市~

s-IMG_9172.jpg
2023年以降、展開中のラブライブシリーズの最新作 『ラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ』 の舞台探訪(聖地巡礼)です。
この作品はアプリゲーム 「Link!Like!ラブライブ!」を中心に展開中です。
舞台となるのは石川県金沢市
ラブライブシリーズとしては久しぶりの地方都市を舞台にした作品ということで注目していました。
アプリの正式リリースとなった5月20日に合わせて金沢を訪れてみましたので、舞台を紹介していきたいと思います。
主要観光地が多く登場しているので、巡りやすいと思います。

目次
金沢駅
近江町市場
かなざわはこまち
金沢城
兼六園
犀川沿い
主計町茶屋街
浅野川大橋付近
ひがし茶屋街
小坂神社
卯辰山公園・見晴らし台
奥卯辰山健民公園
石川県立図書館
健民スポレクプラザ
オフィシャルタイアップショップ by ゲーマーズ
交通手段について
マップ


金沢駅


hsnsr011.png s-IMG_9424_20230522234002cfb.jpg
金沢の玄関口、金沢駅です。
hsnsr010.jpg s-IMG_9422x.jpg
東口(兼六園口)にあるもてなしドーム、鼓門。
金沢のシンボルの一つです。
アプリのストーリー1話冒頭で登場しました。
北陸新幹線が開業して関東から来やすくなりました。
常に観光客が撮影しているので、早朝の無人のタイミングで撮影しました。

s-hsnsrL001.jpg s-IMG_4954_20230815220004047.jpg
夜の金沢駅。
7月期のFes×LIVEの会場が金沢駅前の鼓門でした。
s-hsnsrL007.jpg s-IMG_4904_20230815215951d5c.jpg
ライトアップされた鼓門は夜も多くの観光客が写真撮影をしています。
混雑が落ち着いた11時ごろに撮影しましたがそれでも人の姿が見られました。
s-hsnsrL010.jpg s-IMG_4912_202308152159548db.jpg
奥に見えるのはフォーラス金沢です。
蓮ノ空タイアップショップが入居。
s-hsnsrL006.jpg s-IMG_4944.jpg

s-hsnsrL005.jpg s-IMG_4915_20230815215957773.jpg
毎時00分から2分間、赤以外のライトアップに変わります。
土日は5色が交互に照らされるので、タイミングによってはライブと同じような鼓門を見ることができます。
s-hsnsrL004.jpg s-IMG_4925.jpg
後ろに見えるのはANAホテル。
このライブ背景、鼓門以外の金沢駅周辺の建物の様子まで再現されていて驚きました。
s-hsnsrL009.jpg s-IMG_4932_20230815220001dee.jpg
ステージ側から見たアングルでは金沢駅前の様子が。
右に見えるのはガーデンホテル金沢。
左の都ホテル金沢は2018年ごろに解体されて現存しません。
s-DSC04247_20230815223253501.jpg
2011年頃撮影の金沢駅前。
都ホテルがある時代なので一致しているのが分かります。

近江町市場


hsnsr012.png s-IMG_8882a.jpg
金沢市中心部にある市場。
「金沢市民の台所」と呼ばれてきましたが、最近では観光客が多く訪れるようになりました。
ストーリー5話で綴理がバイトをしているシーンで登場しました。
このカットは西側に面しているエムザ口から入ってしばらく進んで、エムザ口の方向を見ています。
「十間町口」と書かれた緑の看板が目印です。
水産業者の赤い看板が分かりやすいと思います。
hsnsr014.png s-IMG_8875.jpg
もう1カット出ています。
「新通り」に曲がってすぐのところ。
先ほどのカットよりもエムザ口寄りの交差点を北に進んだところです。
奥に歩道橋が見えるほか、左側のお店の様子が一致しています。
人がいない状態を撮影するために朝6時台に訪問。
hsnsr016.png s-IMG_9507_20230524014656851.jpg
綴理とさやかがおでんを食べていたお店のモデル、いっぷくやさんです。
金沢おでんの有名店の一つ。
一般客が写る撮影はできないので、開店直前に。
hsnsr017.png s-IMG_9513_20230524014658510.jpg
金沢おでんです。
ここでしか食べられない具材もあってよかったです!

hsnsr018_202308172300443a3.png hsnsr034.png
こちらはさやかが手伝いをしていたお店のモデル「近江町海鮮丼家ひら井 いちば館店」さんです。
店内が混雑していて中は撮影できていませんが、内観は一致しています。
s-IMG_4661.jpg
おすすめされた近江町海鮮丼です。
2700円しましたが、これだけの新鮮な具材と美味しさは素晴らしかったです。
s-IMG_7148.jpg
店舗の入口に蓮ノ空のポスターが貼られていました。

かなざわはこまち


s-hsnsr067.jpg s-IMG_7593.jpg
近江町市場の向かい側にある「かなざわはこまち」の武蔵交差点側入口。
「LoveLive!Days」2023年7月号のイラストで買い物に訪れた梢とさやかがこのお店の前にいました。
2人が見つめていた銘菓「金澤福うさぎ」はこのお店や、金沢駅で買えます。

金沢城


hsnsr026.png s-IMG_7827_20230522233935654.jpg
アプリ正式リリースPVのカット。
右側が金沢城です。
菱櫓をお堀の向こう側から撮影しています。
左側のひがし茶屋街は後述。
hsnsrL011.jpg s-IMG_3304.jpg
「11月度Fes×LIVE」の会場となった金沢城前の広場。
石川門から入った場所です。
通常夜間入園はできませんが、11月まで夜間入園のイベントを実施していたのでその時に撮影しました。
hsnsr030.jpg s-IMG_7938.jpg
こちらは金沢城西側にある、玉泉院丸庭園。
玉泉庵の近くから池を見ています。
雪の降った庭園が描かれていました。
s-hsnsr065.jpg s-IMG_3495_202312172233505be.jpg
カード【喫茶ハスノソラ(瑠璃乃)】の背景。
石川門と石川橋の下、ツツジの植え込みの近くの松と石垣です。
秋の金沢城公園の周辺を瑠璃乃たちがランニングしていました。
hsnsr049.jpg s-IMG_7985_2023121722335484e.jpg
「LoveLive!Days」2023年4月号のイラストで花帆と梢がトレーニングをしていた場所。
金沢城公園の大手門口から入り、河北門へ向かう途中の芝生広場です。

兼六園


hsnsr027.png s-IMG_7810_20231217194803def.jpg
金沢を代表する名園・兼六園も出ています。
左側の徽軫灯籠(ことじとうろう)のアングルは有名なので見つけやすいと思います。
hsnsr040.jpg s-IMG_7817_20231217194805e15.jpg
ティザーPVのカット、徽軫灯籠から橋を渡って、霞ヶ池を見たアングル。
上の方にある木々がそのまま一致します。

犀川沿い


hsnsr001.jpg s-IMG_9484.jpg

hsnsr002.jpg s-IMG_9478.jpg
ティザーPVのカット。
金沢市街地を流れる犀川(さいかわ)沿いです。
犀川大橋と桜橋の間の河川敷です。
桜の時期はこのように桜並木が美しいです。

主計町茶屋街


hsnsr019.png s-IMG_8912.jpg
5話、綴理とさやかのシーン。
夕暮れの川沿いの町並みは主計町茶屋街。
ひがし茶屋街から浅野川大橋を挟んだ対岸です。
hsnsr020.png s-IMG_8919_20230522233945745.jpg
近江町市場から徒歩約10分。
こちらも春は桜が綺麗です。

浅野川大橋付近


hsnsr024.png s-IMG_8924_20230522233947a16.jpg
ひがし茶屋街付近、浅野川大橋の上から南側、梅ノ橋の方向を見ています。
hsnsr021a.png s-IMG_9801_20231217195714e43.jpg
浅野川沿いから浅野川大橋を見た夜のアングル。
対岸の町並みの夜景が美しいです。
加賀友禅灯籠流しというイベントの時のものです。

ひがし茶屋街


hsnsr021.png s-IMG_8994_2023052223395463f.jpg
金沢を代表する観光地の一つ。
ここは絶対に早朝でないと無人で撮れません。
タイムスリップしたかのような美しい景観の町並みです。
hsnsr026.png s-IMG_8987.jpg
左側のカットのアングルです。
上記よりやや進んだ場所から。
hsnsr050a.jpg s-IMG_5581_202312172010276bd.jpg
Trick & Cute(花帆)の特訓前イラストの背景です。
この3枚はいずれも金沢市眺望点「ひがし茶屋街広見側」から撮影。
左側に柳の木があります。
hsnsr003.jpg s-IMG_1988.jpg
右側に街灯が入ります。
hsnsr005.jpg s-IMG_8941_20230522233948e94.jpg
ティザーPVの町並みのカットもこのエリアがいくつか出ています。
全て同じ通り沿いで見つけられます。
hsnsr004.jpg s-IMG_7613a.jpg
こちらは柳がある広見側から反対側を見たカフェの2階部分のアップ。

s-hsnsr064.jpg s-IMG_0307_20231217205139660.jpg
カード「素顔のピクセル(花帆)」のカットは、メインの通りの一本北側です。
宇多須神社や東山菅原神社の近くの通りです。
醤油販売店が見えます。

小坂神社


hsnsr025.png s-IMG_9462.jpg
ひがし茶屋街より北に進んで、卯辰山公園に登る道沿いにある神社です。
PVでしか出てない場所はいずれストーリーにも出るのでしょうか。

卯辰山公園・見晴らし台


hsnsr023.png s-IMG_9010_202305222339562f0.jpg
金沢の町並みを一望できる公園。
最初のキービジュアルで公開され、アプリのタイトル画面の背景でもある、この作品を象徴する場所です。
hsnsr006.jpg s-IMG_9017.jpg
ベンチを見たカットもあります。
hsnsr027.png s-IMG_9040_20230522233959b71.jpg

hsnsr023a.jpg s-IMG_9025x.jpg
PVの金沢市内の展望も全てこの卯辰山公園からです。
バスは1日3便なので車の利用がおすすめです。
徒歩でも行けますが、標高差があるため山登りになるので注意。
s-IMG_9056_20230522234000e81.jpg
こちらは卯辰山公園のふれあい広場。
アプリ内のFES LIVEの会場でここが使われたことになっていました。
満開の桜の中でパフォーマンスが行われました。

奥卯辰山健民公園


s-hsnsr066.jpg s-IMG_7322.jpg
奥卯辰山健民公園は、卯辰山公園の東に位置する大きな公園です。
見晴らし台から車で約5分、駐車場は無料です。
「Dream Believers」のジャケット背景となった桜並木があります。
ぜひ春に訪れてみたいところです。

石川県立図書館


hsnsr029.png s-IMG_7437_20231217210321dbc.jpg
OP映像で登場した、2022年に開業したばかりの新しい石川県立図書館。
百万石ビブリオバウムと呼ばれます。
慈はここのカフェに訪れているようです。

健民スポレクプラザ


hsnsr007.png s-IMG_8787a.jpg

hsnsr008.jpg s-IMG_8791.jpg
さやかがスケートの練習をしていたアイスリンクのモデル。
金沢市郊外にあります。
西金沢駅から徒歩10分程度。
一般利用者が写る撮影は控えましょう。
hsnsr009.jpg s-IMG_7381_20231217205822f9c.jpg
アイスリンク内部の様子。
夏季休業期間中に受付で許可を得て撮影させていただきました。
10月のオープンを前に製氷作業中でした。
hsnsr032.jpg s-IMG_7375_202312172058285c5.jpg
館内も全体的な一致度が高いです。
hsnsr035.png s-IMG_7391_20231217205827f0a.jpg
この場所はシーズン中は休憩している人が多いと思われるので、一般利用者が写らないようにするためにはオフシーズンの方が見学しやすいと思います。
hsnsr045.jpg s-IMG_7387_202312172058253c1.jpg
靴箱もほぼ完全に一致していました。
s-IMG_7249.jpg
健民スポレクプラザの方はファンが訪れるのを歓迎しているようで、1日に何組も見学者がいらっしゃるとのことでした。
入口にも「蓮ノ空に登場しています」との張り紙があったので受付で声をかけやすかったです。
それでも内部の撮影は迷惑にならないようにシーズン中の混雑時間帯は避けましょう。
シーズン中は料金を払って中で滑ってみるのもいいかもしれません。

オフィシャルタイアップショップ by ゲーマーズ


s-IMG_8844_2023052402421819b.jpg
「ラブライブ ! 蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ オフィシャルタイアップショップ by ゲーマーズ」です。
舞台ではないのですが金沢を訪れたらぜひ寄りたいスポット。
金沢駅前のフォーラス金沢4階にあります。
キャラクターパネルの他、グッズを販売しています。
ここでしか手に入らないグッズもあるようです。

2023年11月現在で登場している舞台は以上です!
PVのみ登場してストーリーでは出ていないスポットが多いので、今後追加カットが増えていくと思われます。
頻繁に追加取材できる距離ではないのですが、年内に何度か再訪出来たらと思っています。
今後の展開が楽しみですね!

金沢市外の石川県内の舞台はこちらでご紹介しています。

交通手段について


①徒歩
金沢駅~ひがし茶屋街~犀川の間の中心部は徒歩で巡ることも可能です。
しかし各スポットの距離が離れているので体力と時間を浪費します。
とくに卯辰山公園見晴らし台は標高が高く山登りになるので、路線バスやタクシーを併用しましょう。
②路線バス
金沢駅から香林坊、ひがし茶屋街や卯辰山公園に向かう時に便利です。
金沢駅~中心部は意外に距離があるのでバスを併用するといいでしょう。
卯辰山公園までの本数は1日3本と少ないので注意。
③金沢市公共シェアサイクル「まちのり」
一番おすすめの交通手段です。
金沢市が行っているシェアサイクルで、アプリに会員登録すれば1回30分以内165円で借りられます。
金沢市内各所にポートがあり、台数の在庫も確認できるので便利です。
私は「まちのり」で巡ってみました。
この作品の舞台は各所に点在しており、徒歩だと距離があるので自転車がちょうどよかったです。
電動アシスト自転車ですが卯辰山公園はちょっと大変かもしれません。
④車
金沢市街地は有料駐車場がほとんどなので、金沢駅と香林坊付近の駐車場に車を停めて巡ることになるでしょう。
唯一、卯辰山公園は無料駐車場があるので車がベストです。
健民スポレクプラザなど郊外の舞台を訪れるのにも便利です。

マップ




この記事では『ラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ/Link!Like!ラブライブ!』の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は©プロジェクトラブライブ!蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブにあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2023-05-24 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。
※当ブログ内の画像を他のサイト・ブログ・SNS等に転載することはご遠慮ください。

TwitterID:@tsurebashi_info
中の人:@lidges

カテゴリ

AIR (1)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
3位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR