「つればし」へようこそ。ここではアニメ作品等の舞台探訪(聖地巡礼)やイベントについて紹介しています。

『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』 聖地巡礼ガイド ~静岡市清水区~

舞台探訪記事としては久しぶりの更新になります。
今回は、冬アニメ『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』の舞台探訪ガイドになります。
舞台となるのは、静岡県の清水
観光地の三保の松原やそこから眺める富士山。また、海産物が有名です。
そんな清水にある高校の吹奏楽部を舞台にしたアニメがハルチカです。

【清水エリア】
まずは、清水駅周辺など、清水の中心部の舞台からご紹介します。

【新清水駅】
hrc008.png s-IMG_8575_20160129023952c9a.jpg
オープニングに登場している静岡鉄道新清水駅。
ホームの様子が描かれています。
時刻表の位置など、一部異なっています。
hrc009.png s-IMG_8573.jpg
静岡鉄道は地方鉄道の中では過密ダイヤで、朝ラッシュは数分間隔で列車が発着します。

【巴川鉄りょう付近】
hrc004.png s-IMG_8578.jpg
中学時代の回想シーンで登場した橋。
後ろの橋梁がJR東海道線です。
ここは新清水駅から徒歩で行けます。
s-IMG_8576.jpg
後ろにかかる静岡鉄道の橋梁を渡るちびまる子ちゃんラッピング列車。
JRの清水が舞台のアニメといえばちびまる子ちゃんが圧倒的に有名ですね。
清水の各所でまる子ちゃんのイラストを見かけました。

【チカのフルート教室】
hrc015.png s-IMG_8599.jpg

hrc016.png s-IMG_8604.jpg
3話でチカが出てきたフルート教室。
モデルとなった建物はアオイ信販さんです。
JR清水駅西口よりやや北側。

【静岡清水文化会館・マリナート】
hrc017.png s-IMG_8582.jpg
フルート教室からの帰り。
この建物はJR清水駅の西側にあります。
このあたりは一致しています。
hrc018.png s-IMG_8583a.jpg
後ろのビルが一致しているのが分かります。
敷地内からのカットは撮影していません。
なお、取材した日は高校生の吹奏楽コンクールが開催されていました。
CZX57WqUAAQ5MSZ.jpg
この付近にある「河岸の市」では、海鮮料理を食べれるお店がいっぱいあるので訪れてみてはいかがでしょうか。

【三保エリア】
ここからは、清水南高校や、モデルとなった三保園ホテル周辺の三保の松原の舞台を紹介します。

【三保園ホテル付近(高校位置モデル)】
hrc001.png s-IMG_8605.jpg

hrc002.png s-IMG_8606.jpg
通学シーン。
実際の清水南高校は半島の付け根付近にあり、校舎の形も異なっています。
ここは位置のモデルとなり、松林や石垣などの雰囲気が似ています。
高校の場所にはホテルが建っています。
hrc011.png s-DSC08244a.jpg
焼肉センター。
美味しいらしいので一度食べてみたいです。
hrc012.png s-IMG_8622_20160129032202fc9.jpg
エンディング。
ホテル前から海方向へ。
標識や防波堤が一致しています。
hrc019.png s-IMG_8610_20160129231432024.jpg
夕暮れのシーン。
CZYQudBUEAATaQt.jpg
ここは晴れた日に来たかったです。
富士山隠れちゃってます。
三保の松原から眺める富士山は美しいんでしょうね~。
hrc020.png s-IMG_8624_201601292318071cd.jpg
防波堤。
hrc021.png s-IMG_8609.jpg
ドローンが必要な高さ。。
hrc022.png s-IMG_8623_20160129231807dd4.jpg

hrc023.png s-IMG_8613_20160129231852a40.jpg
これを再現できたらいいんですが、残念ながら日が沈む方向は逆ですw

【旧東海大学第一高等学校】
hrc003.png s-IMG_8616.jpg
門のモデルとなったのが、上記の場所よりやや内陸側にある旧東海大学第一高校。
現在は市民体育館として利用されています。
s-DSC08243.jpg
ちなみにこれが実際の清水南高校の門。
アニメほどシンプルではなく、いっぱい書いてます。
hrc024.png s-IMG_8619.jpg

hrc010.png s-IMG_8618.jpg
校舎の形は異なりますが、レンガ造りの門は似ていますね。
hrc013.png s-IMG_8620_201601290312423c5.jpg
エンディングのシーン。

【旧国鉄清水港線跡の遊歩道】
hrc005.png s-DSC08247.jpg
下校シーンで登場した住宅街。
ここは旧国鉄清水港線跡の遊歩道として整備されている道です。
hrc007.png s-DSC08245.jpg
チカの家。
実際にここに民家はありませんが、隣の家などは一致しています。

3話までに登場した主な舞台は以上になります。
今後再取材できたら追加予定です。
今回は清水南高校出身の後輩に案内していただきました。ありがとうございました!

s-IMG_8591.jpg
JR清水駅西口付近にある大和屋さんには、ハルチカ巡礼ノートが設置されています。
s-IMG_8595.jpg
大和屋さんはオリジナルのキャラクターを作っており、アニメにも理解があるお店のようです♪



この記事では「ハルチカ~ハルタとチカは青春する~」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は© 2016 初野晴/KADOKAWA/ハルチカ製作委員会にあります。
スポンサーサイト

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2016-01-29 : アニメ舞台探訪・聖地巡礼 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【新刊】こみっくトレジャー委託頒布のお知らせ

12月末のコミックマーケットでは「つればし」のブースに足を運んでくださりありがとうございました!
好調な頒布ペースとなり、多くの人に私の本を手にとっていただけ嬉しいです。

さて、コミケ会場に足を運べなかった方のために、1月31日に大阪で開催される「こみっくトレジャー」にて、新刊の委託頒布が決定しました。
インテックス大阪 4号館カ-34a 「Quarta dimensione」

頒布内容・価格に関しては、コミケと同様です。
①ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-岩美町舞台巡りガイドブック 400円
②Free!の舞台 岩美町の歩き方(改訂第二版) 800円

2冊セット 1000円


こみっくトレジャーは男性向けジャンルがメインになるので、女性が多い「Free!」ファンの方にとってはあまり足を運ぶ機会がなかったかもしれませんが、今まで本を入手できなかった方は是非お越しください。
逆に男性層にとっては今まで「Free!」や岩美について詳しく知らなかった方々にも、舞台を知ってもらえるいい機会かなと思っています。
当日は私もスペースにいますので、よろしくお願いします!

samp01.png sam01.png


テーマ : 同人活動
ジャンル : サブカル

2016-01-27 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

コミックマーケット89新刊のお知らせ

夏コミに引き続き、冬コミでも舞台探訪同人誌を頒布できることになったのでご案内です。
今回は、映画「ハイ☆スピード」の舞台巡りガイドと、夏に出した「Free!の舞台 岩美町の歩き方」の改訂版を出します!
コミックマーケット89の1日目(12月29日)に、東プ-08a、サークル「つればし」にて頒布します。


①ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-
岩美町舞台巡りガイドブック
(新刊)
映画「ハイ☆スピード」と、コミカライズ版のそれぞれの舞台に特化した聖地巡礼ガイド本です。
舞台紹介のほか、映画ハイスピと各種コラボ・タイアップ情報も紹介。
岩美に行ったことがある方や、ハイスピを見てFree!の世界にハマった方には特におすすめです。
初めて岩美に行きたいという方は、次に紹介しているFree!の聖地巡礼ガイド本と合わせて入手されるとより岩美を深く知ることができると思います。
頒布価格は400円です。

sam01.png


prev2.jpg

②Free!の舞台 岩美町の歩き方(改訂第二版)
夏コミで出したTVシリーズ「Free!」の岩美町聖地巡礼ガイド本の改訂版になります。
岩美町を巡る際の情報をたっぷり紹介しています。
目次やイントロダクションのページを全面刷新。
また、特集ページ「ぬいを持って岩美に行こう♪」を追加しました。
さらに紙面上で見づらかった箇所や、配置、誤字を修正。
夏に買われた方でも、初めて買う方でも楽しめる内容になっていると思います。
頒布価格は800円です。

samp01.png

samp02.jpg

samp04.jpg



【セット割引情報】
2冊同時に購入いただける方は、合計1200円のところを1000円に割引させていただきます。
ぜひよろしくお願いします!

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2015-12-24 : 日常 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

『ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』 聖地巡礼ガイド ~鳥取県岩美町~

kv_201512072155554a4.jpg s-_MG_2928a.jpg
12月5日に公開された『ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』。
アニメ『Free!』より前の中学生時代の話を描いています。
TVシリーズとは一味違った中学生時代の彼らの魅力を存分に描いていた作品でしたね。
今回も舞台となる鳥取県の岩美町まで舞台探訪に行ってきたので舞台を紹介していきたいと思います。
ハイスピの聖地巡礼の参考になれば幸いです。
TVシリーズと重複している舞台もありますが、ダイジェストで紹介したいと思います。
映画でキャプチャが用意できないので、アングルは大体になりますがご了承ください。


本文中にネタバレを含むので、未鑑賞の方はご注意ください。


【田後地区】

s-_MG_2691.jpg
冒頭のシーンで登場したカット。
波止場の先の方から漁協施設を望む。
s-_MG_7769.jpg
田後神社付近。
遙と真琴の家がある辺りです。
s-_MG_7770.jpg

s-_MG_7771.jpg
遙の家の前の設定の場所。
実際には家はありません。
s-_MG_7773.jpg
この辺りはTVシリーズでおなじみですね。

【浦富地区】

【浦富海水浴場】
s-_MG_2782a.jpg
冒頭のカットで登場した赤い鳥居。
海岸からすぐ見えます。
ここをピックアップしたカットは劇場版で初登場だと思います。
s-_MG_7744.jpg
浦富海水浴場、ビーチインたけそうさん付近。
真琴と遙の通学路。
hsp04.png s-_MG_7748.jpg

s-_MG_7764.jpg

s-_MG_7760.jpg

s-_MG_7766.jpg

s-_MG_7749.jpg
この辺も説明不要だと思いますが、いくつか新カットがありました。
s-_MG_7755.jpg
波打ち際のシーンの再現。
いくつか漂流物があれば作中を再現できて雰囲気があったのですが、綺麗になっていました。

【町浦富交差点】
ここから新規舞台となります。
s-_MG_7724.jpg
通学シーンで登場したカット。
町浦富交差点。
178号線沿い、かまや旅館さん付近の交差点です。
s-_MG_7725.jpg

s-_MG_7727.jpg
旅館の建物と案内標識、街灯の形が特徴的です。
s-_MG_7726.jpg

【浦富交差点】
s-_MG_7728.jpg
ここも通学シーン。
一つ北側の押しボタン信号のある交差点です。
s-_MG_7730.jpg
分かれて帰っていくシーン。
s-_MG_7731.jpg

s-_MG_7733.jpg

s-_MG_7732.jpg
病院の帰りに4人が走っていくシーン。
ここで遙が倒れます。

【岩美中心部】
町役場や病院、駅がある町の中心部のエリアです。

【岩美駅入口交差点】
s-_MG_7722.jpg
ここも通学シーンで登場。
駅からの通りとの交差点です。
s-_MG_7721.jpg
タクシー営業所が目印です。
作中ではイワトビタクシー。
s-_MG_7723.jpg
道路拡張工事を行っているので、景色が変わることになりそうです。

【岩美病院】
s-_MG_7718.jpg
尚が入院していた病院。
岩鳶病院として登場。
s-_MG_7719.jpg
ここは協力としてエンディングにテロップが出ていました。
さすがに中には入っていませんが、内部もロケハンしているかもしれませんね。

【中学校】
hsp01.png s-DSC08238.jpg
モデルとなった中学校です。
岩美中学校。
全て敷地脇の道路より撮影しています。
現役の学校です。生徒・関係者・近隣住民の迷惑とならないよう不審と思われるような行動はしないでください。
s-DSC08235.jpg
クラス替え発表のシーンで出ていたアングル。
s-DSC08236.jpg
体育館や運動場も出ていましたね。
プールもここのものを使っているそうですが、敷地奥にあるため確認はできませんでした。
s-DSC08241.jpg
この考える人の像もあったと思います。
内部は未確認ですが、ここもロケハンしている可能性は高そうです。

【河崎橋】
hsp02.png s-_MG_7646.jpg
PVにも出てきた橋。
道の駅「きなんせ岩美」の交差点からやや南に進んだところにあります。
s-_MG_7647.jpg

s-_MG_7648.jpg

s-_MG_7650.jpg

s-_MG_7654.jpg

s-_MG_7809.jpg
郁弥が泣き出したシーンで登場した橋。
おそらく本作でも最も印象に残った場面の一つではないでしょうか。
s-_MG_7815.jpg
橋の向こう側にSCはありません。

【大岩地区】
遊覧船乗り場などがある地区です。

【遊覧船乗り場付近】
hsp05.png s-_MG_7676.jpg
宗介が佇んでいたシーン。
遊覧船乗り場脇の道です。
s-_MG_7678.jpg
目の前を遊覧船が発着します。
s-_MG_7675.jpg
後ろの壁に書かれていた絵もそのまま再現されています。

【佐野中学校のモデルの学校】
s-_MG_7705_20151207231817c4c.jpg
対戦相手の佐野中のモデルもちゃんと実在しました。
離れた場所にあるのかと思ったら岩美町内でした。
岩美西小学校です。
敷地の境界線が分かりにくいですが、あまり近づいての撮影はしないようにしましょう。
s-_MG_7707_20151207231817ed7.jpg

s-_MG_7708_201512072318166ac.jpg
ここも現役の学校です。生徒・関係者・近隣住民の迷惑とならないよう不審と思われるような行動はしないでください。

【鳥取市内】
県庁所在地の鳥取市も少し登場しました。
岩美町とは隣町になります。

【鳥取市立中央図書館】
s-_MG_7828.jpg
旭がメガネ怜と出会った図書館は、鳥取市の中央図書館。
鳥取駅南側すぐ。
市役所の庁舎と併設になっています。
s-_MG_7839.jpg

s-_MG_7841.jpg

s-_MG_7842.jpg

s-_MG_7845.jpg
エンディングで登場したようなカット。
隣のビルと渡り廊下で繋がっているのが特徴的です。
なお、図書館内部も確認してみましたが、ゲートの様子が異なり、本棚の高さが低めなので別の図書館をモデルにしているかもしれません。

以上、映画ハイスピの舞台紹介でした!
今までのTVシリーズの舞台も近いので、合わせて巡られてみてはいかがでしょうか♪



この記事では「ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は(C)2015 おおじこうじ・京都アニメーション/ハイスピード製作委員会にあります。

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2015-12-07 : Free! : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

「第5回ぼんぼり祭り」に行ってきた

s-IMG_5245_2015102600453804f.jpg
毎年10月の3連休に金沢市の湯涌温泉で開催されるぼんぼり祭り
アニメ「花咲くいろは」に出てきたお祭りを再現しようと始まったのがきっかけです。
最初は花いろのトークショーなどアニメ関連のイベントも合わせて行われることが多かったのですが、5回目を数え、いよいよ地域のお祭りとして定着し始めたのではないかと思い、今回初めて参加することにしました。
(決して日程が被っている某徳島のイベントを優先していたと言うわけではないですw)
行くからにはと、今回は個人協賛も行いました。
夜行で着いて、ぼんぼりの翌日には秩父の龍勢祭りを回すというかなりハードな日程でしたw
それでは、当日のお祭りの様子をレポしていきたいと思います。
s-CQ6AqYxWIAAOdZW.jpg
湯涌温泉に最初に到着したのは朝の6時半。
誰もいませんでしたw
スクリーンなどが設置され、ぼんぼり祭りのスタンバイは整っている感じでした。
s-CQ5alIsWoAQ4Z7F.jpg
友人の車で終夜ドライブし、サークルKサンクスのコラボ弁当を食べつつやってきました。
コラボは、コンビニで対象のコラボおにぎりと弁当を買うと、湯涌温泉でオリジナルアイテムと引き換えてくれると言うもの。
s-CQ5ytkQUkAAWHed.jpg

s-CQ54AjlUwAAWmga.jpg
こちらがコラボのお弁当。
コンビニ弁当とは思えないぐらいの内容で、おいしかったです。
s-CQ8PRYdUAAAslht.jpg
こちらが引き換えになった手ぬぐい。
オリジナルデザインがよかったです!
このためにサークルKサンクスを3店ぐらい回ったんですが、ぼんぼり祭り会場でセットで買えたようですw
やっぱ調べておかないとなぁ。

s-IMG_4957_2015102600453771d.jpg
その後、日中は富山でゆるゆりの探訪をしつつ、再び湯涌に戻ってきたのは夕方四時ごろ。
だいぶ人が増えてきました。
s-IMG_4977_20151026010006bf8.jpg
今年のポスター。
毎年一人ずつ増えており、5人になっています。
s-IMG_4959.jpg
郵便局がオリジナルのフレーム切手を発売していました。
s-IMG_4961.jpg
痛車も何台もやってきていました。
s-IMG_4965_2015102600545031a.jpg
こちらは痛チャリ。
野獣先輩がいるように見えますが…w
s-IMG_4979_20151026011314bb0.jpg
痛スキー板まで。
最近増えてきてるみたいです。
s-IMG_4960_20151026004534eab.jpg

s-IMG_4972_201510260045338b5.jpg
北鉄バスも全面協力。
湯乃鷺温泉の名前のバス停と、行き先表示も変わっていてお祭りを盛り上げてくれます。
s-IMG_4967_201510260054499d6.jpg
物販コーナー。
飲食ブースも設けられ、地域の名産品や料理を食べられます。
s-IMG_4970_20151026005447e8b.jpg
アプリを使った宝探しイベントが行われていました。
s-IMG_4968.jpg
こちらが入場引換券。
個人協賛をすると貰えます。
協賛者パスと引き換えになり、イベントを優先的に観覧できるようになります。
s-IMG_4980_2015102601131426a.jpg
昼過ぎからステージイベントが行われていました。
s-IMG_4983_20151026011312705.jpg
夕方ごろには多くの人が集まり、ステージ周辺は埋め尽くされていました。
s-IMG_4984.jpg
この日の夕空はすごくいい色をしていましたね~。
s-IMG_4990_20151026011311bbf.jpg
吹奏楽団の演奏がスタート。
コアなアニメファン向けの選曲が嬉しかったですw
s-IMG_4995_20151026011755c36.jpg
ハルヒダンスはちゃんと踊ってましたw
s-_MG_5004.jpg
日が暮れるとキンブレを指揮棒代わりに振り始める指揮者は最高でした!

s-IMG_5008_201510260147306bb.jpg
ぼんぼりの灯りが灯ったステージは幻想的でした。
s-IMG_5019_20151026011313021.jpg
7時になり、いよいよ夜のステージイベントがスタート。
こちらは花いろ曲のアカペラコンサート。
s-IMG_5031.jpg
続いては琴の演奏。
s-IMG_5034_20151026012109891.jpg

s-IMG_5043_20151026012109b8d.jpg
そして、金沢百万石太鼓のステージ。
花いろスタッフやキャストのトークショーは一切無く、地域の伝統芸能を前面に押し出した、まさに地域に根ざしたお祭りの形が出来上がっていると思いました。
「花咲くいろは」という作品に依存せずに成り立つことが、長く続くお祭りに繋がると思います。

s-IMG_5055_201510260121080f7.jpg
8時になり、神迎え行列が開始。
20分ぐらいかけてゆっくりと入口からステージまでやってきます。
協賛者はステージ下から動くと場所を失うことになるので(というか人いっぱいで動けない)スクリーン越しに見ることになります。
s-IMG_5058_20151026012107d68.jpg
この籠にのぞみ札を投げ入れていきます。
s-IMG_5063.jpg
この行列も、一度生で見て撮影してみたいです。
今回は協賛者権限でお焚き上げの儀を優先と言うことで。
s-IMG_5076.jpg
そして、主催者や来賓からの挨拶。
s-IMG_5082_201510260130041e0.jpg
金沢市長の挨拶。
s-IMG_5085.jpg
PAワークスの堀川社長の挨拶。
s-CQ8_MW1UsAA5aK8.jpg
そして、この場で来年の8月に富山県にてPAの15周年野外ライブが発表されました。
これは是非行ってみたいんですが、8月上旬は例年仕事が入りそうな日です^^;

で、例年ならこの辺りで花いろキャストの声優さんからの挨拶があったようなんですが、今年は無し!
花いろに依存しない祭りのスタイルが完成してきて、感激しました!
声優さんが見たいなら別にイベントに行けばいくらでも見れるんですよ。翌日にぼんぼりオーケストラもありますし。
あくまで地域のお祭りなので、堀川社長が挨拶すればそれで十分な気がします。

s-IMG_5103_201510260130027cf.jpg
続いて、湯涌稲荷神社にて神事。
ここは狭いので、関係者以外全員モニターでの観覧でした。
s-IMG_5119_201510260130020f5.jpg

s-IMG_5126_201510260151204c5.jpg

s-IMG_5127.jpg
神事が終わると、玉泉湖に移動して、お焚き上げの儀が始まります。
s-IMG_5132_201510260145397d1.jpg

s-IMG_5227_201510260145384dd.jpg
玉泉湖へ続く階段とぼんぼり。
お焚き上げの儀を観覧できるのは、協賛者パスを持っている人と、抽選に当たった人のみです。
どうやら協賛者の方がいい位置で見れるようで、優遇されているようです。ありがたいですね。
s-IMG_5138.jpg
玉泉湖に到着。
なかなかいい場所をキープできたと思ったら・・・
s-IMG_5158_2015102601511850f.jpg
神様役の女の子とぼんぼりが被ったorz
これでも神事は十分に見れたんですが、写真としては見栄えが悪くなってしまって申し訳ないです。
s-IMG_5168.jpg
湖面越しにはちょっとお顔が見えてますね。。
s-IMG_5164_20151026015117cf8.jpg
お焚き上げの儀開始。
s-IMG_5167_201510260157098f6.jpg
宮司さんが祝詞を読み上げます。
ちゃんと神事としての言葉ができており、5年前に始まったとは思えないお祭りです。
s-IMG_5172.jpg
そして、たいまつの火をのぞみ札が入った箱に入れます。
s-IMG_5176_20151026015707171.jpg
見事に燃え上がりました。
この湖面に映った様子と鏡映しになっているのがいっそう美しいですね。
s-IMG_5199_201510260202295e9.jpg
本当に幻想的な光景です。
これが見れて本当によかったです。
s-IMG_5192_20151026015707f65.jpg
実行委員長の挨拶で、今年のぼんぼり祭りも無事に幕を下ろせました。
s-IMG_5183_20151026015706d93.jpg

s-IMG_5198.jpg
お焚き上げはまだまだ続きます。
この後、一般に開放されるようになります。

s-IMG_5236_20151026020530a99.jpg
最後に、開放されたステージのぼんぼりを見に行きました。
s-IMG_5230_20151026020454c3e.jpg
こちらが私が協賛した分のぼんぼり。
ハンドルネームじゃなくてブログ名にしたのはあえてですw
s-IMG_5223.jpg
見晴らしがいい位置に飾ってくださったみたいでありがとうございます。
s-IMG_5249.jpg

s-IMG_5219_20151026020452349.jpg

s-IMG_5218_20151026020451a77.jpg
お知り合いの方々のぼんぼりもたくさん見かけました!
s-s-CQ9TmIIVEAAbJBk.jpg
いちばん面白かったのは成瀬順さんが協賛したぼんぼりの隣で成瀬順コスの人を撮れたことですかね。
s-CQ9Xx3yUYAABEm5.jpg
当日は花いろのコスプレをした方も多く見かけ、盛り上がっていましたよ(女とは言ってない)
s-IMG_5206_20151026021456158.jpg
本当は湯涌温泉で一泊したかったんですが、翌日に秩父まで行かなければならなかったので、今回は金沢駅前のビジネスホテル泊となりました。
今度は金沢でゆっくり過ごしてみたいです!

s-IMG_5268_20151026021210c07.jpg

s-IMG_5492.jpg
そして、北陸新幹線初乗車からの秩父龍勢祭りと、旅路は続くのでした。
s-IMG_5089_20151026021635f63.jpg
今回は初めてのぼんぼり祭り参加でした。
今までずっと来たいと思いつつ、全く来れていなかったのですが、ようやく念願が叶いました。
何より今年は、「花咲くいろはを再現してみたお祭り」から「湯涌温泉という地域のお祭り」へと大きく歩みだした転換点を迎えてきているのではないかなと思います。
やっぱりアニメと地域が結びついたお祭りっていいもんだなぁと実感しました。
花いろのファンと言うよりかは、湯涌という地域が好きな人々が集まり、交流できる場ができたと思います。
いろんな地域でいろんなイベントがありますが、どこも空気が違うので本当に面白いです。
ぼんぼり祭りの日は、いつもイベントが多いので、来年以降もどれだけ参加できるかはまだ分からないのですが、必ずまたこのお祭りに来たいと思います!

テーマ : 聖地巡礼
ジャンル : アニメ・コミック

2015-11-25 : イベント参加レポート : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者数カウンター

プロフィール

リジス

Author:リジス
四国在住。
各地の旅行やイベントの記事を中心に更新しています。
聖地巡礼・舞台探訪関連の記事が多くなると思います。

※舞台を訪問する際は、他の人の迷惑とならないように十分注意してください。
※一部作品の画像を比較研究目的のために引用しております。画像等の著作権は各々の権利元に帰属します。

TwitterID:@lidges
mixiID:5461770

カテゴリ

AIR (1)

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
9位
アクセスランキングを見る>>

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR